スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6年ぶりのシルバーウィーク。次回は11年先とか

1日目:午前中は仕事。午後から連休開始となったが、4日半も続けて休めるなんてウソみたいだ。

2日目:夕方、沖縄から里帰りした姉親子とじじばばを招いて我が家でお寿司パーティ。奮発して上寿司8人前をとる。昼間はCDが聴けなくなったコンポを買い替えようと家電量販店巡り。最近のコンポの安さと音の良さに驚いた。ハイレゾまではいらないが、それでもそれぞれに音色が微妙に違うので主に聴く妻が実際に聴かないとダメだと判断し購入を見送る。

3日目:午前中、墓参りをした後で日帰り温泉へ。じじばばはどこか近郊の温泉へ泊りがけで出かけたかったようだが、人気グループ「嵐」の復興支援の大型連続コンサートのせいで1か月前ではどこも宿はとれず(わずかに空いていたのは1泊3万円以上の部屋ぐらい!)仕方なしに日帰り温泉に行くことになったが、風呂嫌いなじいちゃんが行くなら源泉かけ流しじゃなきゃイヤだとぬかしたので、大郷町の『夢実の国』まで約1時間のドライブすることになった。施設はだいぶ寂れた印象を受けたが、お湯はぬるめで私にはちょうど良かった。足腰の覚束ないばあちゃんは姉と孫に両脇を支えられて外の階段式の露天風呂にも入ったらしい。ばあちゃんが「あがる」と言ったのでてっきり風呂からあがるのかと思ったら、階段式露天風呂の上の段の風呂に行きたいと言ったと分かり、姉は苦笑い。そりゃあそうだろう。一人ではソファからも立ち上がれないほど足腰が弱っているのに意欲だけは衰えていないのだから。まあ元気でなによりだ。帰り道にパン屋と雑貨屋による。

4日目:妻が激しいめまいで動けなくなる。耳鳴りがこれまでになくひどいと云い、かなりダメージを受けている模様。しかし、連休で耳鼻科に行けず。耳を塞いでいると耳鳴りが小さくなるというので耳栓を買いに街まで連れて行くが効果は小さかったようだ。夕飯は私が作る(何か月ぶり?)。刺身に具だくさんトン汁。トン汁は美味くできたが、妻は少ししか食べず、次男は外で食べてきたからと言ってすぐ二階へ。・・・・・・。主婦の気持ちが少しだけ分かった。昼間は庭の草取りをしていた。

5日目:姪と姉貴を仙台駅と仙台空港まで見送る。じじばばも一緒に付いてきた。那覇行きの出発が11時55分と中途半端で、この送迎で連休の行事もお終いになった。

 つぎのシルバーウィークは11年後らしいが、さすがにもうその時は勤めていないと思うので、あまり関係もないだろう。孫を連れてアンパンマンミュージアムとか水族館とかに行くことは、まずないように思う。残念だけど・・・

スポンサーサイト

試乗

 一日中、秋晴れの良い天気だった。妻をカーディーラーに連れて行って、車両本体価格だけで350万円もするオデッセイや240万円のステップワゴンや290万円のトヨタ・ノア・ハイブリッドを見せて試乗もしてきた。
 が、やはり、コレといった決定打が見つからない。ココロに響かないのだ。スズキ・ハスラーを見たときのような、乗った時のようなワクワク感とか、コレ欲しい!といったような感動がわかず、他人のクルマに乗せられているようなのだった。ああー、弱った弱った。どうすればいいんだ。いっそ、外車か?
 ちなみに、妻はオデッセイは尊大で、ステップワゴンは庶民的で、ノアは威張っているというのだが、じゃあ、だから、どうすればいいの?

 午前中、泉中央のじじばばのことろへ顔を出した。二人とも元気で何よりだったが、彼岸の墓参りの日取りの話をしていたら、とうとうばあちゃんが白旗を掲げた。もう彼岸の“ぼたもち”づくりをやめるというのだ。確かに筋力がだいぶ落ちて足元も手先も覚束ないばあちゃんなので、もうやめたらと思っていたが、実は評判の秋保の「さいち」のぼたもちよりも美味しいと思っているので、それがもう食べられなくなるのは、やはり惜しい。これまでは年3回の墓参りの度にせっせと作ってもらっていたが、これからは調子のイイ時だけでいいから年に1回ぐらい作ってくれないかな。
 ちなみに、この話を聞いて、妻が突然、ぼたもちづくりにチャレンジした。その敢闘精神は誠にリッパで見上げたモノだが、味は「ご苦労様でした」というレベルだった。今後の精進に期待いたします。
 
PS
 今日もやってくれました、イーグルス!遅ればせながら今季初の5連勝で3位とのゲーム差は6.5。残りはたったの14試合だけど、ココからが頑張りどころだ。さあ、行け、イーグルス!あと12連勝で五割復帰だ!(それはムリ?)

ばあちゃんのその後

 2週間ぶりにジジババのアパートに顔を出した。2週間前のばあちゃんはかなり生きが悪く、このまま衰えていくのかなと一抹の不安を覚えたが、今日のばあちゃんは以前のように元気だった。午前中、じいちゃんと泉中央のイトーヨーカドーまで二人で買い物に行ってきたという。まあ、自分で歩けるのならまだまだ大丈夫かな。良く食べて、良く寝て(いるらしいから、そっちの心配はしないけど)身体を動かして、お迎えが来るその日まで、じいちゃんと元気に暮らしてもらいたい。
 じいちゃん曰く、この前、ばあちゃんが倒れて頭を打って血を流してからは買い物ひとつするのもだいぶ怪しいので、じいちゃんが毎回買い物でも、病院でも一緒に付いていくんだとか。まあ、出不精のじいちゃんにはいい運動だと思うので、どうぞお付き合いしてやってください。よろしくお願いします。
 そういうばあちゃんも9月10日で83歳となります。親族のみなさん、おめでとうコールをお忘れなく。
 ちなみに茶飲み話で体重の話になり、何気なくばあちゃんの体重を尋ねると39kgだと教えられて驚いた。エッ、たったの39kgしかないの?じゃあ一番体重があったときは?と尋ねると55kgの時があったと言い、それはいつ?と重ねて尋ねると、女子高校生の時だという答えが返ってきた。ふ~ん、ヒトの体形ってそんなに変わるモノなんだな。一方、じいちゃんの体重は69kgだと言い、これでもだいぶ痩せたんだぞと言うはそのとおりだと思うが、でもどうして腹回りはまだ1m近くあるんだろう?非常に不思議だ。

PS
 8月末に仙台に里帰りする予定だった弟一家のために、ばあちゃんはいろいろ用意をしていたようだが、今回は来れなくなったという事で、缶ビールは取って置いても減らないからもらってちょうだいと言われて、6本入りセットを二つも渡された。一日二日でどれほど飲むと思っていたのだろうか?

夏休み4日目

 朝から雨だったので大人しくしていようと思ったが、泉中央のじじばばのところへ顔を出すことを思い出し、ついでに妻と義母をスポーツクラブに送って行った。
 11時前にジジババのアパートに到着すると、ばあちゃんはベッドで寝ていた。起こすことはないとじいちゃんに言ったが、じいちゃん曰く、この頃ばあちゃんはメシを食べているか、寝ているかのどっちかなんだ、イイんだ起こす理由ができたと言って、ばあちゃんを起こしてしまった。そういうじいちゃんは固くなったフランスパンをどうにかならないかと、薄くスライスしてトースターで軽く焼いてハムを乗せて、おやつ代わりに食べようとしていたところだった。おまえも半分食べろと勧められた。

 出かける前、お盆のあいさつで実家に顔を出すのに手ぶらはないでしょうと、妻は近くのスーパーで梨とブドウを買ってきて持たせてくれた。起きてきたばあちゃんはブドウを仏壇にお供えし、梨を3人で食べた。瑞々しくて美味しい梨だった。総入れ歯のせいで固い食べ物が苦手なばあちゃんも何度も手を出して食べていたので持って行った甲斐があったが、ばあちゃん曰く、最近は何もやる気が起きないの、だそうだ。う~ん、だんだん動けない身体になっていくのかな?でも週に3回、デーサービスに通っているうちは大丈夫か。ガンバレばあちゃん、仙台地下鉄東西線の乗車と、二度目の東京オリンピック観戦が待っているぜい。

長逗留

 今日は会社から休みをもらって姉を仙台空港まで送ってきた。姉は9日間も里帰りをしていた。9日間は長いようにも思うが、1年365日のウチの9日と思えば、それほど長くもないか。
 でも、去年も来て、今年も来て、来年もまた来るからね、と言って姉は沖縄に帰って行ったが、やっぱり、急速にモウロクしてきたジジババが心配なのか?
 ばあちゃんは覚束ない足取りで仙台空港まで見送りに来たが、じいちゃんは姉にベッドを譲って畳で寝たら首や肩、右腕が痛くなった、回らなくなった、上がらなくなったと言って今日は見送りもせず一人で病院に行ってしまった。病院ギライのじいちゃんが自ら行くとは非常に珍しい。かなり痛いのかもしれない。
 こんな調子なので、二人ともあまり先は長くなさそうです。親孝行はできるときにやっておきましょう。以上。

PS
 空港には仙台東部道路を通って行ったが、スズキ・ハスラーに取り付けたETCを初めて使うのでそちらに気が行ってしまい、また高速に乗ってからは周辺の景色を見ながら姉に震災当時の話をしていたら、すっかり後部座席のばあちゃんの存在を忘れていた。そうしたら降り口でシートベルトを締めていないばあちゃんを警察に見つけられ、減点1をもらってしまった。嗚呼、でもまあ、コレは仕方がないか。自分のせいだと分かり、ばあちゃんは大変恐縮していたが、でも、と口調を改め、事故防止が目的なら高速道路への上がり口で注意を喚起すべきで、降り口で捕まえるなんて卑怯よ!と吠えていた。ハイハイ、そのとおりだね。

・沖縄から首都圏に出てきて、いまは千葉県で暮らしている姉の娘も久しぶりに仙台にやってきていた。バイト勤めなので給料は安いらしいが、元気そうで何よりだ。三日間いた娘は高速バスで仙台駅東口から帰って行った。

上寿司

 沖縄から里帰りしている姉とジジババを我が家に迎えて昼食会を行った。奮発して上寿司を大桶で頼んで美味しく食べようとしたが、真夏に寿司はいま一つだったか。ウニは美味しかったが赤身はちょっといま一つだったような。
 昨日今日と二日続けての炎天下での肉体労働で汗をかきすぎて、味覚の調子がいま一つだったか。午前中の夏祭りの片づけ方も、まあ疲れた、疲れた。今日は何リットル、水分を補給しただろうか。

PS
 夕方、エアコンを効かした居間で昼寝をしていたら義母がやってきて起こされてしまい、仕方なしにテレビでも見ながらYシャツにアイロンかけでもしようとチャンネルを選んでいたらCSで映画『ゴッドファーザー』(72)をやっているのを見つけて見始めたらやめられなくなり、夕飯を食べながらも見て、非常に感銘を受けた。この歳になって初めて出だしから終わりまで通しで見たが、さすがアカデミー賞受賞作品だと思った。が、今の若者が見たら、ふ~ん、とハナであしらわれるだけかもしれない。70年代を中学・高校・大学と映画雑誌を読みふけってすごした私だが、70年代も前半はまだ戦後の雰囲気がかすかだが残っていたので、こういう話もあるのだろうなと子供心にも想像できたが、いまの日本の子どもにはムリだろうなあ。まあマフィアの世界なんて知らなくてイイのだけれど。

姉が里帰り

 沖縄に住む姉が去年に引き続き仙台に里帰りしてジジババのアパートに泊っているが、なかなか顔を出せずにいた。明日の土曜日も町内会の夏祭りで朝からその準備だし、夕方から夜にかけては警備の仕事を仰せつかっているので顔を出せないなと思い、今日は家に帰るとすぐにメシにしてもらい、急いで食べて、泉中央のジジババのところへ顔を出した。
 部屋が汚れているのを我慢できない姉はジジババのところへ来ると、いつも片づけ方をしていると聞いていたので、顔を合わせるなり尋ねてみると、「さすがに4日目だから、飽きた」という返事が返ってきた。相変わらず、せっせと部屋を片づけ、台所や風呂・トイレも磨いたようで、まあ、ご苦労様でした。

 五十代の姉と弟(=私)が1年ぶりに会って近況をいろいろ話し合っているというのに、その時、ジジババたちは何をしていたかというと、BSで昔のテレビ時代劇『子連れ狼』を熱心に見ているのだった。
 突然、ばあちゃんから「アッ」という声が上がったので、何か気になることでも思い出したのかと思い、ばあちゃんの顔を見ると、我々の方を見ておらず、テレビ画面を見つめたまま、「あっちじゃなの?」などとテレビドラマの人物の動きについて「つぶやいて」いるのだった。あらら。
 ちなみに、83歳のばあちゃんの楽しみは、送迎付きの「デーサービス」で朝から夕方まで、お友達とおしゃべりしたり、ゲームをしたり、食事をしたり、お風呂に入ったりすることで、最初は週1回だったのが、その後2回となり、最近は週に3回も通うくらい大好きらしいのだが、せっかく娘が遠くから里帰りしているので今週は全部キャンセルしたと言っていたが、でも一日中、家で寝ているけどね、とは姉の証言。まあ、4日も顔を合わせていれば、そうなるか。親子だからな。

1週間後のばあちゃん

 昨日は疲れていたのでサッサと寝てしまった。おかげで今朝は6時前に目覚めてしまい、起きたついでに家に持ち帰った仕事(=来週説明する会議資料の読み込み)に取り掛かった。気温もまだ高くなく、過ごしやすかったせいか、思いの外はかどって良かった、良かった。

 午前中、妻と義母をスポーツクラブに送ったついでに泉中央のじじばばのところへ顔を出した。ばあちゃんはいつものように寝ていた。じいちゃん曰く、ばあちゃんは最近、一日の大半を寝て過ごしている、起きているのは三度の食事か、トイレに行く時ぐらいじゃないのか、と冗談交じりに言うが、ココのところの暑さもあるし、ぶつけたところ(=頭)もまだ痛いせいもあるのだろうから、ムリせずに寝ていればイイさ。
 と言っているのに無理矢理、起こすものだから、フラフラしながらばあちゃんは起きてきたが、歩く姿は覚束なく、壁や家具につかまりながらの伝え歩きなので見ていても大変に危なっかしい。お迎えは近いかもしれないが、まずはこれからの暑い夏を乗り切ってもらいたい。
 と息子が案じているのに、じいちゃんったら、ばあちゃんの母親、みさおばあさんは92歳まで長生きしたのだから、その娘もそれくらいは生きるさ、と楽観している。というか、そう思うようにしているだけだと思うが。まあ心配してもキリがないか。

PS
 夕方、今週水槽Aで孵化したメダカを数えながら玄関前の水火鉢に移した。今回もたくさん生まれていて367匹もいた。これで今シーズンの総計は873匹となった。成魚のメダカを飼っている庭のカメから水草を引き上げると、またたくさん卵がついていた。水槽Bに入れたが、これで1000オーバーは間違いないな。我が家の飼育記録更新中でナンカうれしいが、でも、そんなに増やしてどうする?明日の夏祭りの打ち合わせの時、PTAや子供会のお母さんたちに提案してみよう。お子さんの夏休みの自由研究でメダカを育ててみませんか?
 ちなみに、体長3mm程度のメダカを367匹も数えると1時間以上かかる。西日を浴びながら汗だくになってやっていたら妻からは呆れられたが、途中でやめられないんだよ、コレが。

ばあちゃん、再び

 孫が出場する昨日の試合を応援することを愉しみにしていたばあちゃんだったが、試合の前日(一昨日)の夜、再び今度は室内で転んで後頭部と腰を打ち、応援には行けなくなったと当日の朝に連絡があった。連絡をくれたじいちゃんによると、冷蔵庫を開けて上の棚のモノを取ろうと10cm程度の踏み台の上に上がり、モノを掴んで後に一歩下がった際に、そのまま転んでしまったらしい。台所の柱に頭を、床に腰を強くぶつけたようだ。
 試合の応援に行く前に泉中央のアパートに寄ったが、ばあちゃんは氷嚢で頭を冷やしてベッドで寝ていた。最近転ぶときはいつも後方なので、どうやら後ずさりする時に使う筋肉がだいぶ衰えているのではないか?というのがじいちゃんの見立てだが、今日(火曜日)は月に一度のNTT病院への通院日なので、ついでに相談してくると言っていた。もうばあちゃんを一人にはしておけない状態になりつつあるようだ。

PS
 夜にじいちゃんに電話して今日の診察の結果を尋ねると、リュウマチの治療で診てもらっているいつもの医者からは脳外科の医者が大丈夫だと言っているなら大丈夫でしょうという適当なことを言われて帰されたらしい。あらら。まあ専門外のことを軽はずみには口に出せなかったのだろうが、まあ、途中から電話を代わったばあちゃんの声は元気そうに聞こえたので当分は大丈夫か、な?

夏休み:親族間連絡事項

弟へ
 19日から20日にかけての日程(時間)を教えてください。仙台市民球場は駐車場が少ないので、富谷での試合にジジババを連れて行きたいと思います。近いしね。20日も富谷なの?誰々が来るの?宿泊先は作並温泉のどこ?

姉へ
 こちらへやってくる日は仕事を休めないので空港へは迎えに行けません。ただ、帰る日は休めるので空港まで送りたいと思います。とりあえず、以上。

ばあちゃん脳外科に行く

【つづき】
 火曜の夜は今日の東京出張の用意があったのでブログを書かなかったが、夜にばあちゃんから電話があった。
 転んで頭から血を流したけど、もう大丈夫、病院にはいかないと言っていたクセに、じいちゃんに連れて行かれたのか、それとも息子(=私)の説得が利いたのか、火曜日にアパートの近くあった脳外科の医院に行ってCTだかMRIだか、とにかく頭を撮って診てもらったという。その結果は「異常なし」。まあそれは良かった。
 ただ、全然問題がないのではなく、アタマの中に血の塊、脳血栓の痕がアチコチに見られる。これまでにも突然倒れたことがあるというのは足腰の衰えではなく、軽い脳梗塞の症状が出たせいかもしれない。今後は定期的に診せに来なさいと言われたらしい。特にクスリは出なかったとのこと。
 まあ、これで少しはホッとしただろう。声が弾んでいた。やっぱり、妻のいうとおりだな。反省します。心配するくらいならサッサと診てもらうべきでした。

PS
 東京には滞在時間5時間でとんぼ返り。蒸し暑かった。待ち合わせ場所の目の前に「サイゼリア」があったので時間調整を兼ねて涼もうと思い中に入ったら、高校生たちが店内を占拠せんばかりの勢いで大勢いて非常にうるさかった。ハンバーグとピザとか、スパゲティとグラタンとか高校生たちの多くは2種類を食べていたが、みんな付きあわせのコーンやグリンピースなどの野菜を残していた。図体はでかいが、まだまだお子ちゃまだな。

転倒事故2

【つづき】
 じいちゃんにはばあちゃんの様態が急変したらすぐに連絡をよこすように言い残して家に帰った。妻に事の顛末を話すと、なんで病院に行かないの!信じられない!つきあって何十年にもなるけど、K家(=私)のみんなのノー天気ぶりには毎度呆れるわ!とかなり本気で憤慨していた。
 「まあ何とかなるだろう」という曖昧な対応が妻は大キライなのだ。白黒をハッキリ付けたがる性格なのでコレまでにも何度も妻には詰め寄られたが、残念ながら私をはじめ長男も次男も大概のことはどうでもよく、面倒臭いことはキライなので、妻のフラストレーションは普段から高いのだが、よりによって頭部という一番大切なところを殴打し血まで流れたというのに病院にも行かないという処置には我慢ならない様子だった。私(=妻)の家系では絶対にあり得ない!診てもらって何でもないと診断されればそれで安心できるじゃない。なんでそんなわずかな手間を惜しむのか。全然理解できないわ!とわめいていた。
 妻の言い分はもっともだが、でも本人が大丈夫だと言うのだし、それで悪化して万が一亡くなっても自業自得なのだからあきらめもつくと言うものだろう。なお、ばあちゃんは月曜日はデーサービスに行かなくっちゃならないし、今度の火曜日は21日の休日の振り替えだし、水曜日はいつもの週2回目のデーサービスの日だから、病院に行くとしても木曜日だわねと語ったという話にも妻は納得がいかず、自分のケガとデーサービスでのお友達とのお遊びとどっちが大事なのよ!絶対間違っている!とさらに吠えるのだった。
 ばあちゃんに言わせると、病院に行くと飲まなくてもイイようなクスリまで渡されて、さらにその副作用を抑えるクスリも追加されて山のようにクスリを飲まなくっちゃならなくなるから、ホントに具合が悪い時じゃないと病院には行きたくないの、だそうで、ばあちゃんなりに理屈はあるのだが、妻には理解不能の考え方のようだった。ああー疲れる。

 その夜(日曜日)、ばあちゃん本人から電話があり、もう大丈夫だから、木曜日にリョウヘイに病院へ連れて行ってもらうこともないと思うわという内容だった。まあ最近では歩く姿もヨロヨロ、ヨタヨタしてかなり頼りなく、そんなに先も長くないだろうなと思わせる状態なので、本人がやりたいように好きにさせればイイさ、と私などは思っている。そんな状態なのでもう旅行はできそうにないが、新車を買ったら体調の良い時に一度好きなところへ連れて行ってやりたい。最近そんなことを考えている。

PS
・午後は手伝いに戻るのがイヤだったのでズルをした。代わりにメダカの世話をしていた。玄関前にディスプレイとして置いてある火鉢に水を張り、そこへメダカを移した。一匹ずつ小さなお玉ですくって移動させながら根気強く数えたら、A水槽には136匹、B水槽には196匹の計332匹もいた。まだまだ親メダカはタマゴを生んでいるので、さて、どこまで増えるのやら?

転倒事故

 泉中央に住む83才のばあちゃんが昨日の夕方、アパートのエレベータから降りるときに転んで後頭部を床に打って血を流し、今朝になっても気分がすぐれず食欲もないという電話が朝の8時半にじいちゃんからあった。妻がその電話を受け、私に携帯で知らせてくれたが、そのとき私は泉区学区民体育振興会主催のソフトボール大会とバドミントン大会のお世話係をするために泉体育館の前で早朝から駐車場係をやっていた。
 家庭の事情を説明してお役を免除してもらい、泉中央のアパートに駆けつけると、ばあちゃんはベッドで目をつぶって寝ていたが、枕元には消毒薬と脱脂綿夜などがあり、枕カバーにはけっこう血がついていた。じいちゃんが無理矢理ばあちゃんを起こすと目は覚ましたが、昨日の夜から何も食べていないせいか、力が入らないようでベッドからは起き上がれなかった。転んだ拍子に補聴器の調子が悪くなったと言い、うまく会話ができず、途中からは筆談となったが、病院に行った方が良くないか?と尋ねると、もう大丈夫、落ち着いたからというのだが、信じて良いものやら、判断に迷った。

眠いので今日はここまで。【つづく】

じじばば連れて定義山

 日曜日、ハスラーの慣らし運転を兼ねてジジババを乗せて定義山(じょうぎさん)まで片道約1時間のドライブをしてきた。泉中央からスタートだったので泉ヶ岳を目指して進み、途中から山裾を巻くようにして大倉ダム方面へ向かった。初めて走った道だったが、泉ヶ岳の新緑と田植えが終わったばかりの田園風景がステキで気持ちのイイ眺めだった。広告看板が全然ないのが良かった。木漏れ日の中を走るのも気持ちがよかったし、バイクツーリングの連中ともあちこちですれ違った。

 定義山では定番の「三角あぶら揚げ」を食べ、揚げまんじゅうと山菜の漬物を土産に買った。帰りがけにやっぱり家族にも必要かなと思い直して土産用の「三角あぶら揚げ」も買って帰ったら、妻からは開口一番「三角あぶら揚げは買ってきた?」と聞かれたので我が危機察知能力の高さをホメてあげたい。買い忘れていたらまた何度もイヤミを言われただろうから、ああー危なかった。

 ところで、ジジババはそれぞれに体調が「いまひとつ」だったようだ。じいちゃんは腰痛で、ばあちゃんは三日前に泡を吹いて倒れたという。じいちゃんは一瞬救急車を呼ぶべきか迷ったらしいが、症状が落ち着きアパート向かいの内科医に診てもらったら「異常なし」とのこと。だからドライブの誘いにも応じたらしいが、その足取りは二人とも覚束なくて、いつお迎えが来ても不思議ではないのかもしれない。駐車場まで100m戻るのがしんどいからクルマを持ってきてくれと言うくらいだから。

 写真の二人は元気そうだが、そんな感じなので、たまには電話してあげてください。【姉と弟へ連絡事項】

参道 山門 ツーショット

藤棚前 記念碑前 三角あぶらげ 
                   ばあちゃんは半分も食べられなかった。

PS
 ハスラーの平均燃費は今のところ「街乗り+2時間ドライブ」で16km/㍑だった。口コミ情報では20km/㍑オーバーを記録している人もいるようなので、そのうち挑戦してみよう。オデッセイが通常8km/㍑未満だったので16kmでも非常にうれしいのだが、しかし、軽自動車は車体が軽いせいか、わずかだが左右にフラれる。そのたびに脚、腰、背中など全身で踏ん張るようで、短距離ドライブながら身体が疲れた。エッ、クルマのせいじゃなくてトシのせい?

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。