スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妻との食事 600円編

正午に妻から電話があった。
いま会社の前まで来ているが、昼でも一緒に食べないかという。
仙台の本社勤務になって10年になるが、未だかつてそんなお誘いはなかったので、どういう風の吹き回しか確かめようとOKの返事をして1階に降りていった。
 何食べる?と聞くと、普段はどこで何を食べているのかと聞くので、社員食堂でそばを食べていると言ったら、私もそこで食べてみたいという。同僚に会ったら恥ずかしかなと少し思ったが、まあそのときはそのときだと思って社食に連れて行った。
 外に出るには寒かったせいか、カフェテリア形式の社食は混んでいた。その中を妻は定食コーナーや単品コーナー、丼ものコーナーや麺類コーナーと丹念に見て回ってから麺類コーナーに並び300円の「田舎そば」にするという。なんだ、そんなもんでいいの?と聞くと、安さに惹かれたとのこと。お付き合いで同じく300円の「カレーうどん」を注文し、たくさんの人たちが座る大きなテーブルで二人向かい合わせで食べた。
 妻は東北大学病院でめまい止めの薬をもらいに行ってきた帰りだったといい、ちょうど昼になったからちょっと電話をしてみただけで、ほとんど普段着だったから社食でちょうど良かったとのこと。ふ~ん、社食に釣り合う服装ねえ。
 食べ終わって1階で妻と別れて職場に戻ったら、やっぱり同僚に見られていて、奥さんだったの?と尋ねられた。妻はとても恋人だとか愛人だとか見栄を張れるような格好では確かになかったので、大人しく「ハイ」と答えた。答えながら、次に来るときは派手派手にしてもらおうかなとも考えたが、やっぱりやめた方が無難かと思い直した。
スポンサーサイト

小雪

 よく分からない女優である。荒川静香のような「クール・ドール」「クール・ビューティ」といった雰囲気を醸し出す女性は、私は苦手だが、この映画にはピッタリの配役だったと思う。
 お付き合いすると肩が凝りなので私はご遠慮したいが、十人十色で人それぞれに最適なポジションがあるのだろうと一人で勝手に納得する。 
 が、茶川とは本当にお似合いなのだろうか???
 賢い淳之介クンがいれば大丈夫だろうが、何か不安だ。
「3」があるとすれば、ヒロミと茶川の関係に亀裂が生じ、それを淳之介やお向かいの鈴木オートの家族がドタバタを繰り広げながらも救う、という展開が予想されるが、まあ、ないだろうな。

 ところで、この小雪の代表作とは何だ?
 やっぱり「ラスト・サムライ」か。 ビエラのCMか?

堤真一

 堤真一は、映画「ALWAYS」の中で一番のハマリ役だったのではないか。バッチリ昭和30年代の雰囲気を体現させていて、その演技は主演男優賞モノだった。ああいう男が日本に少なくなったのは非常に残念なことだ。
 1作目では売れない作家の茶川竜之介(吉岡秀隆)をバカにしていた向かいに住む自動車修理工場の社長鈴木則文(堤)だが、身寄りのない吉行淳之介(須賀健太)を本気で引き取ったことから茶川に男気を感じ、2作目では頼りない茶川を世話したり、見かねて檄を飛ばしたりするお節介なお父さんとして描かれているところがイイ。実にイイ。オレもそういうオトコになりたい!と思う。
 でも、この人の代表作って何だ? 
 これからは、この「ALWAYS」ということになるのかなあ?

»続きを読む

薬師丸ひろ子

 何と言っても薬師丸ひろ子は、原田知世らとともに80年代前半のアイドルだった、と思う。お金なんかなかったので映画館で出演映画を観ることはなかったが、何年か後にテレビで放映された映画はたくさん観たような気がする。 そんなアイドルが、だ。
 まあ、人間誰しも老けることは避けられないことだが、でもやっぱりふっくらして、笑うと目尻にシワができる姿は、ちょっと切ない思いがした。実世界とは隔絶された虚構の世界でいつまでも昔のままであってほしいと願ったりする。虫のいい話である。
 でも、久しぶりに観た薬師丸ひろ子は、当時の面影がたくさん残っていて、思いやりのあるお母さん役もピッタリで観ていてた嬉しかった。ムリに若作りせずそのまま女優のキャリアを伸ばしていってほしいと思う。
 ところで、原田知世はどこにいるんだ?CMの中にしかいないの?

»続きを読む

三浦友和

 昨日観た映画について、ちょっと感じたことを書いてみる。

 私にとって三浦友和は、つねにアイドルの恋人役でいつも白い歯を輝かせ溌剌として、観ているこちらが恥ずかしくなるような好青年、といった印象が強く、映画「ALWAYS」で演じた寂しい初老の役には強い違和感を覚えた。
 本当のスターは歳を取ってからも主役であり続けるが、一時(いっとき)のスターは時代が変わると忘れ去られ、その後は悪役にもなりきれず、たまに「ちょっと良い役」を割り振られる程度の扱いになってしまう。残酷だなと思う。
 しかし、少なくともあの初老の医者の役は三浦友和でなくてもよかったはずで、監督は何を期待して三浦友和を選んだのか私には分からない。主な出演者の中で唯一のミスキャストだと思う。
 山口百恵は自分の選択を後悔していないだろうか。50になったらあんなショボイ役しか回ってこない役者だと分かっていたら結婚しただろうか?などと失礼なことを考えてしまう。

 ところで、三浦友和の代表作って何だ?いくら考えても思い出せない。と言うか、あるのか?

追伸
①昨日も今日も福島県沖を震源とする地震があった。仙台は震度2。

»続きを読む

ALWAYS 続・三丁目の夕日

 妻は相変わらず具合が悪そうだったが、そんなに観たければ行ってくればと許しが出たので、サッサと掃除洗濯炊事を済ませ、天気が良かったので妻の布団まで干して、またこの週末に妻がしてほしかったという庭のアジサイとミヤコワスレの移植も済ませてから家を出た。それが11時20分。途中、泉中央に住むじいちゃんとばあちゃんを誘って新しくオープンした「コロナワールド泉」に向かったが、駐車場がイッパイでなかなか車を止められず上映時間の11時50分が過ぎてしまった。5分過ぎたところであきらめて、仕方なくいつもの「109シネマズ富谷」に向かった。
 109では午後1時50分まで時間があったので、富谷ジャスコの中でゆっくり飯を食べてじいちゃんばあちゃんとおしゃべりをして時間をつぶした。
 ようやく上映時間となりほぼ中央にで~んと座って2時間26分、昭和34年の世界にどっぷり漬かってきたが、いやあ、久しぶりに映画館で笑い声やすすり泣きを聞いた。客の入りは4割程度で、客層は当然年配の方々が多かったが、みんな結構素直に喜怒哀楽を出していて、久しぶりに映画館で観る楽しさを味わった。映画代をおごられたので何年かぶりで700円もするプログラムを買ってしまった。おおっ贅沢!

追伸
①プログラムに載っていた出演者の情報のうち、薬師丸ひろ子と手塚理美だけは歳が書いていなかったのでネットで調べてみた。「セーラー服と機関銃」の薬師丸ひろ子は1964年生れの43才。「ふぞろいの林檎たち」の手塚理美は1961年生れの46才だった。

②ベガルタ仙台が京都パープルサンガに負けて次週の最終戦を待たずに来季の昇格がなくなった。今年昇格できなかった代償は大きく、予算は大きく削減され、あとは5年後の昇格を目指して頑張ることになると言う。ああっ、それじゃあな。

»続きを読む

今週借りた本・買った本

●借りた本
ナンバーNo.690クライマックスシリーズ全詳報」文藝春秋(07.10)
博士の本棚」小川洋子(07.07)
  色々なところに書いた書評をまとめたもの。
砂糖をまぶしたパス」市之瀬敦(06.11)
  ポルトガル語圏とサッカーの話し。面白い。
空想科学読本5」柳田理科雄(06.07)
  4年半ぶりの刊行だがどんどんパワーはなくなっている。たぶん6はないだろう。
E=mc2」ディビィッド・ボダニス(05.06)
  先週までに読み切れなかったのでまた借りた本。

●BOOKOFF泉古内店で買った中古本(全部105円なのが嬉しい!)
ダ・ビィンチ・コード上巻」ダン・ブランウン(04.05)
  隣のコーナーではまだ850円で売っていたが、どういう訳か105円のシールが貼ってあったので上巻だけだったが、買ってしまった。
ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本」向山淳子・向山貴彦(01.12) ナミヘイの英語の勉強に負けないように。
ヒレハレ草」爆笑問題(99.08)
イギリス人はおかしい」高尾慶子(98.01)
  昭和17年生れで、イギリスで料理人兼ハウスキーパーをしている変わった人。映画監督リドリー・スコットの家でハウスキーパーをしていた。
シューレス・ジョー」W・P・キンセラ(85.01)
  映画「フィールド・オブ・ドリームス」の原作本。一度読んでみたかった。

追伸
①妻を循環器系の医院に連れて行く。心臓の動きを測定する装置を丸一日腰にぶら下げることになった。8,800円も取られた。おおっ。

②ようやくリョウヘイがインフルエンザの予防注射を一人で打ちに行った。しかし、金を払わないで帰ってきてしまい、しばらくして医院から電話があった。本当にアホな息子だ。その金を払いにまた行くのが面倒だと言うのでケンカになった。試験勉強中だから注射なんかしたくなかったのに行かせたのはそっちだろう、と言うので本気で頭にきた。言い合いの中で「なんのために勉強しているんだ!」と言ったら息子が「そんなのわかんないよ!」と言い返してきたので驚いた。冗談かと思ったが、親が勉強しろと言うから勉強しているのか、と聞いたらそうだという。心の底からこんな息子を哀れに思った。こいつは何のために生きているのだろうか? ナミヘイよ、兄の二の舞を踏むなよ。

»続きを読む

めまいで始まる三連休

 1年前は11月3日の文化の日からの三連休に妻がめまいを起こして寝込み「主夫」をしたが、今年は11月23日の勤労感謝の日からの三連休で「主夫」をするハメになりそうだ。
 また、妻がめまいを起こして布団から起きあがれなくなった。今回の雪をもたらした低気圧の通過が原因ではないかと疑われる。最近妻は心臓もトカトカすると言っており、すぐ「のぼせ状態」になるらしい。更年期障害というヤツか?明日、病院に連れて行くべきか。

 朝はトーストにベーコンに目玉焼き。昼は鶏肉+かまぼこ+もやし+メンマ入りの特製太麺みそラーメンを作った。夜はカレーライスを作る予定。
 洗濯をしてから、すご~くたまってしまった古新聞紙や古雑誌を束ねて車に積んで生協に出してきた。その後、一昨日からの雪で道路にたくさん散ってしまった我が家のサクラの木の落ち葉をせっせと掃き集めた。庭のメダカは池(カメ)の底でじっとしていた。今日は寒い日だ。一日中ストーブを焚いていた。

追記
夕飯に作ったカレーライスは非常に美味しくできあがった。写真に撮っておくのを忘れて非常に残念! バーモントカレー中辛とジャワカレー甘口を適度に混ぜたのが良かったのか?でも混ぜた割合を失念し、さらに残念。でも明日の朝はもっと美味しくなっていることだろう。

雪、雪、雪

 昨日も今日も雪が降って、街はなんだかクリスマス間近の雰囲気になっていたが、まだ11月なのにこんなに降り続くのも珍しい。職場のみんなは車のタイヤ交換をしなくっちゃとぼやいていた。でもそこは11月のせいか道路に雪は積もらないのだが。

 さて、昨夜は仕事のお付き合いで一番町の「鮨処 大仙」という寿司屋でスシをつまみながら酒を飲むという、ちょっと大人の酒飲みをやってきた。毎度安かろう悪かろうの飲み放題には正直うんざりしていたので丁度良かった。また、野球好きの人が多くてイーグルスの話題で盛り上がり楽しい酒席だったが、調子に乗って話し込んでいたら最終バスはすでになく地下鉄で帰るハメになった。八乙女駅から深夜、ぶらぶら歩いて帰ったが、路面がツルツルに凍っていて、酔っぱらいにはとても歩きにくかった。 *やっぱりタイヤ交換は必要でした。
 午前0時に無事帰宅したが、妻は起きていて、またまた怒られる。なんどタクシーで帰ってきなさいといったら分かるの!夜は危険なんだからタクシー代をケチらないで。タクシー代が惜しいなら早く帰ってきなさい!と子どものように怒られる。 *だって惜しいんだモン。

追伸
①野球のオリンピックアジア予選の壮行試合、対オーストラリア戦のテレビを見ていたら、7回に今度楽天野球団が交渉権を獲得した長谷部康平投手が登板してきた。初めてその投球を見たが、なんかおかしな投げ方だ。なんであんな投球を星野仙一監督は絶賛するのか?とても大成するようには見えなかったが、解説者の古田敦也元ヤクルト監督もなかなかイイと評価していたが、本当か?期待と不安が交差する。

»続きを読む

疲れた日

 今日は疲れた。昼も食べられないほど忙しかった。が、昼を食べられないほど忙しかったのは私だけで、まわりの連中は普段着モードで危機感ナシ。まあ、他人に頼めない極秘任務に従事していたのだから仕方ないのだが、でも、気配を察知して少しは気を使えよな、少しは。1mと離れていないんだからサ。

»続きを読む

ドラフト。よし!

 連日暖かな日が続いていたので、朝目覚めると庭が一面の銀世界だったのにはホントに驚いた。2~3cmは積もっていたが、ほどなく太陽が顔を出すとどんどん雪は溶けてゆき、通勤バスで市役所前まで出るころには路面にはもう残っていなかった(やっぱり暖冬か?)。
 去年は全然雪が降らなかったので、たまにはこんな朝もイイかなと思ったが、職場に出ると朝一番で県北に出張予定の担当者が慌ててタイヤの交換をしていた。ご苦労様である。
 さて、ドラフト会議だが、またまた「黄金の腕」を発揮して、楽天野球団の島田亨社長が、5球団が競合した大物新人の愛知工大の長谷部康平投手を抽選で引き当ててしまった。今年の高校生ドラフトでは人気実力ともに高かった地元・仙台育英高校の佐藤久由規投手を獲得できなかったので、とうとうウンも尽きたかとバカにしていたのだが、このクジ運の強さには恐れ入る。楽天野球団はキライだが、これで来季のペナントレースは俄然面白くなったのは間違いない。念願の左投手を手に入れたのだから、是非とも今年以上の成績(=プレーオフ進出)を残してほしい。野村のじいちゃん、しっかり頑張れよ。
 ただ、個人的には2年前のドラフト1位の片山博○投手に頑張ってもらいたいのだが。

追伸
①おっと、今日は弟の誕生日。おめでとう。
 ところで、プレゼントはもらえたかな?
 

»続きを読む

何かといそがしい休日

 11月も中旬なのに、今日も一日暖かかった。
 お昼に義母の78才の誕生会を我が家で行った。妻が張り切ってたくさんの料理を作った。義弟家族もやってきて総勢11人のパーティとなったが、食事を済ませると我が家のリョウヘイとナミヘイはさっさと二階の自分の部屋に引っ込んでしまった。従兄弟が三人も来ているのに、まったくホスト意識に欠けるヤツらだ。まあ、甥っ子たちも二階に行ったらと勧めても行かないし。まあ、どっちもどっちだ。それに、そういう私も、趣味も考え方も暮らし方も職業も全く異なる義弟とは普段からあまり親しく口を聞くこともなく、今日ももっぱら義妹とばかり話をして義弟とは結局一言も口を聞かなかった。私もダメなヤツである。
 食事が済んで、お茶を飲みながら義妹や妻はやたら色々なことを話していたが、その間、義弟と私は野口みずきが勝った東京国際女子マラソンやJ1昇格がかかった大一番のベガルタ戦のテレビ中継を黙って見ていただけである。これだから男ってダメなのよね、を地でいく感じである。
 3時になっても帰らないので私も飽きて、車のタイヤ交換を理由に席を中座してしまった。全然ダメなヤツである。
 タイヤ交換を済ませ、ガソリンスタンドまで行って給油しながらタイヤの空気圧調整をお願いしたら時間がかかってしまい4時少し前に家に戻ったが、まだ義弟家族がいたので驚いた。甥や姪たちは間違いなく帰りたがっていたのに何でまだいるの?と思ったが、ようやくナミヘイと従兄弟たちが遊び始めて調子が良くなったところのようだった。ふ~ん、疲れるヤツらだな。
誕生会   マッフェンのケーキ7号
 またまたあさひ鮨      マッフェンの7号ケーキ!でかい!
追伸
①午前中、市名坂のヤマダ電機に注文していた和室の照明(シーリングライトと言うらしい。2万円也)を受け取りに行ったついでに、隣りにできた「コロナワールド泉店」に入ってみた。シネマ館に上がってみたがガラガラだった。富谷の109や利府のMOVIXでも土日ともなればロビーは混雑しているものだが、あまりにスカスカで可哀想なくらいだ。やっぱり、スロットやネットカフェなどと併設しているからイカガワシイと健全な家庭からは敬遠されているのかもしれない。

»続きを読む

秋保に遊ぶ

 朝から天気がとっても良かったので、泉中央のじいさんばあさんと妻の義母を誘って、妻と5人で秋保までドライブしてきた。紅葉もまだまだ見頃で日差しも暖かく絶好の行楽日和だった。
 秋保大滝の大イチョウが真っ青な青空に映えてとても美しかった。昼は秋保の湯元に戻って「天守閣自然公園」の食事処で食べたが、店舗が山陰にあるためにせっかく暖かな日和なのに店内は少し肌寒く、夏向きのロケーションだった。
 (麺は美味しくなかったが)キノコたっぷりのソバを食べたら身体が暖まったので、園内を散策し、その後、そこの日帰り温泉「市太郎の湯」に入った。700円だった。じいちゃんは血圧が高い(出発前に計ったら176もあった)からやめておくと言うので、園内にあった足湯に入ってもらった。足湯でも15分も入っていたら汗をかいたと言っていた。久しぶりに温泉にもゆっくり入って、のんびり長閑な一日だった。
秋保大滝

»続きを読む

久しぶりの歌番組

 酔っぱらって帰ってテレビを付けると、NHKの「プライム10」で聞いたことがある歌がいろいろ歌われていた。しかし、曲は聞いたことがあっても歌っている歌手の名前を知らなかったり、歌手の名前は聞いた事があったがこの歌を歌っているとは知らなかったりと、まあ最近の歌事情には疎いことが良くわかったが、それはたぶんいい歌番組がなくなったせいだと思う。それに追っかけたくなるような歌手もいないし。
 しかしそれにしても、松任谷由美のライブはヘタクソで聴いていられないな。この気怠いレミオロメンって気持ち悪いし。なんで人気があるんだ?中島美嘉の声は個性的だがあの猫背は何とかしてほしいし。徳永英明はなんかイケスカナイし。ああっオレも歳を取ったな。

»続きを読む

情けない息子たち

 高2の長男も、中1の次男も試験中なので静かな夜を過ごしている。と言いたいところだが、ああっ、この連立方程式の解き方が解らないから教えてェ!と騒ぎながら次男のナミヘイが二階から駆け降りてくる。
 だからその場合はこう考えて、と言おうとすると、いいから答えを教えてくれ!と先を急かす。何をそんなに焦っているのだ?と聞くと、たくさん問題をこなしたいんだというが、オイオイ違うだろう。よく理解もしないで問題の数だけこなしたって全然身に付かないぞ、とアドバイスしても馬耳東風。全然人の話に耳を貸そうとしない。これじゃ、結果は見えているな。
 ナミヘイは、小学生のころは家で勉強しなくてもほとんど「5」の評価を得ていたせいか、中学生になっても普段は全く勉強しようとしない。そのため、当然成績はどんどん下がり、テストのたびに妻をガッカリさせているが、さらに授業中も先生の話を全然聞いていないことが判明した。
 3日前、妻が英語の問題を教えていて、主語の後ろには必ず動詞が来ると言うと、動詞って何?と驚くべき事を言うので、オイ、ナミヘイ、授業中先生の話を聞いていなだろう、と質すと否定しないのだから始末が悪い。授業ぐらいちゃんと聞けよ。それが中学生としての義務ではないか。全く情けない。
 リョウヘイはまだ100番台にも上がれないでいる。ああっ。

»続きを読む

アジア・チャンピョンズ・リーグ初優勝!

 浦和レッズがイランのセパハンと戦って2-0で勝ち、対戦成績を1勝1分けとしてアジア・チャンピョンズ・リーグ(ACL)で初優勝を飾った。よっしゃぁ!12月のクラブW杯じゃ、ACミランと戦うぜ。今日のように6万人の後押しがあればあわよくば時差ボケのミランに勝てるかも。それにしてもあの大観衆には驚く。さすが首都圏だ、ヒマな人たちが多いんだな。

追伸
①食事の写真を載せたことを妻に知られ叱られた。体裁が悪いでしょ!載せるなら事前に言ってよ。見られても恥ずかしくないように、もっとマシな食器に盛るし、あんなにゴタゴタと盛りつけないわよ。アサリのみそ汁なのに鍋の残りを全部入れたから汁が多くてアサリが見えないじゃないの。ああっ、イヤな感じ!!っとプンプンと怒っている。気持ちは分からないでもないが、あんたが直接評価されるわけでもないんだし別にどうでも....と言いかけると、「あんた」なんて言わないで!私はそんな女じゃありません!とますます怒った。おお、コワ。

»続きを読む

今日の食事

昨日あんなことを書いたので、今日食べたモノを付けてみた。
朝食:ゴハン1杯、ダイコンのみそ汁、おかずはイカの煮付けと明太子
昼食:ミートソーススパゲッティ、野菜ジュース
昼のおやつ:カステラ一切れ、チョコ1ヶ、ティーパックの紅茶2杯(午前午後に一杯)
夕食:ゴハン1杯、アサリのみそ汁、おかずは牛肉とキャベツとタマネギの炒め物、イカの煮付け、切り干しダイコン、ミートソース掛けのニョッキ、たくわん(10切れくらい食べた)
夜のおやつ:バームクーヘン1片、煎餅2枚  以上
夕飯1113←ボリューム満点の夕食
 これは多いだろう。
 健康的な食事なのか?不健康的なのか?
 一日だけじゃ分からないよね。
 書くことがないときは、コレにしよう。

意志の強さは何にもまして

 ダイエットしたい人は、まず食べたものを毎日欠かさず記録すると良いらしい。しばらく付けていると、こんなに無駄にモノを食べていたのか!と自分でも驚き自制行動につながるのだそうだ。これは、遣ったお金を毎日ノートに付けていると無駄遣いを減らすことができる、といったことと同じ発想なのだろう。
 しかし、出納帳は何とか付けられそうだが、食事は何を・どのくらい食べたかが問題で、その両方を覚えて記帳するなんていう面倒臭いことをする人がどのくらいいるだろうか?そんな面倒臭いことをやり遂げる能力がある人だったら、どんな手段でも、ダイエットをしようと思ったらその強い意志で達成してしまうのではないか?それは方法が良かったのではなくて、その人の強い意志がモノを言っただけ、ということに成りはしないか?週刊誌の無責任な記事を読んでそう思った。

筋肉痛の休日

 朝起きると足だけではなく、首も肩も背中も痛かった。首や肩や背中は「凝っている」と言った方が当っていると思うが、とにかくガチガチに固まっていて大変だった。丸一日おいて痛みが出るなんて年だよなあ。それにサッカーって全身運動だったんだなあ、と認識を新たにしつつ、気休めに湿布を身体のアチコチに貼り付けた。やっぱり、運動は定期的に適度な量をこなすことが身体にはよろしいようで。

追伸
①仙台市内の街路樹や公園の樹木もようやく紅葉してきた。でも、今日は雨が降っていても暖かな一日だった。今年も暖冬か?
②壊れて捨ててしまった和室の照明の後釜を買おうと市内の電気店やホームセンターを5軒ハシゴしたが、なかなか気に入ったものが見つからない。良さそうだなと思った照明は5万円もするし、手頃な価格では見つからなかった。でも買わないわけにはいかないので、カタログで探して注文することにした。
 なお、展示品が一番充実していたのは今年の春、泉インターそばにできた「ホームセンタームサシ仙台泉店」だった。
③昨日、近くの医院でインフルエンザの予防注射を打ってきた。2500円也。ナミヘイも打ったが、リョウヘイは風邪を引いていて打てなかった。
④リョウヘイがクラブ帰りに部活仲間4人を連れて来た。妻は張り切って特製ラーメンを作ってご馳走すると、そのお礼を強要してバイオリンが弾ける子に無理矢理自分のバイオリンを弾かせていた。おおっ、強引!(ちなみにみんな卓球部員です)

草サッカー

 金曜日の夜、仕事が終ってから職場の連中とサッカーをした。本物の芝生のピッチでサッカーをしたのだが、そんな経験のあるヤツはホンの二三人で、多くは本物のサッカーボールさえ蹴ったことのない連中だったからお遊びのようなサッカーだったが、十分面白かった。
 夜間照明に照らされた芝生の上でサッカーをしていると一端(いっぱし)の選手になったような気分で、みんなも大いに楽しんでいた。
 上は57才から下は13才(同僚が息子を連れてきた)という構成で、ポジションも適当で、とにかくみんなでできる範囲で走り回った。当然すぐへばるので、15分のクォーター制とし、かつ交替は随時勝手にやりながらの試合という本当にお遊びのサッカーだったが、みんな笑顔で楽しそうだった。
 でも、このプランが初めて職場で提案されたときは賛同するヤツがほとんどおらず、一度計画は流れかかったが、熱心な勧誘に一人二人とお付き合い参加に応じるヤツらが増えはじめ、とりあえず頭数がそろったから、まあ話のタネにやってみようというノリで始まったのだが、やってみたら、みんなが大満足の大成功イベントになったのだから、何事やってみなくちゃ分からないものだ。仲間とからだを動かして遊ぶって楽しいもんだ。

追伸
①CT検査の結果が書類で届いた。『胸部CT検査の結果、明らかな異常所見は認められませんでした』とサ。でもね、三次検査の結果なんだから、ちゃんと医者から説明してもらいたかったね。ここまで待たせたんだしサ。

ナミヘイの誕生日

 ナミヘイもようやく13才になった。が、行動が幼すぎる。来週から試験が始まるので部活がなく早く帰ってきたのにもかかわらず、カバンを玄関に放り出して遊びに行ってしまうとは。呆れてものが言えない。おまえは本当に中学生か!友達とつるんでいるのが一番楽しい、なんて思っているヤツは、ガキだよ、ガキ。

 しかし、まあ、今日のところはナミヘイの誕生日に免じて小言は勘弁してやろう。
 美味しいご馳走もたくさん食べられたし。

ナミヘイ13才 今朝、突然、メロンのケーキが食べたい!という
 ナミヘイのリクエストに応えて
 妻が作った「内外メロンづくし」のお手製ケーキ。
 それを感心してみているナミヘイ(右)とリョウヘイ。
 その奥が生牛肉をのせたサラダ。
 さらにその奥が、あさひ寿司の「特上寿司」!!!
 小鉢には志津川湾産の「生かき」。これも美味かった!

粗大ゴミを自己搬入

 土日の代休で久しぶりに平日家にいたので、故障して交換し玄関脇に置きっぱなしにしていた古い食器洗浄機(18キロ)をようやく粗大ゴミとして葛岡のゴミ処理場まで持って行くことができた。ついでに色々とたまっていた、もう二度と使わないモノも一緒に捨ててきた。
 スキーの板と靴、カビだらけの登山靴、子供用の自転車やスケートボード、錆び付いた台所用ワゴン、一昨日壊れた和室の大きな照明器具などなど、オデッセイに詰めるだけ詰め込んで、捨ててきた。100キロまで千円だった。一つ一つ手に取ればみな思い出深い品々だが、手を止めると決心が鈍るので、一気呵成に車へ詰め込んで、捨ててきた。
 帰りに電気屋に寄り和室用の照明を探したがいいのが全然なくて、チョット後悔した。

追伸
①ゴミ捨て終了後、泉中央の床屋で散髪してもらっていたら、中学生がジャージ姿で店内をウロウロしている。なんだこいつら?と思ったが、よくよく見ていると何か手伝っているようにも見える。店の人に聞いたら中学生の職場体験で来ているとのこと。へえ~、足手まといじゃん。
そういえばウチのナミヘイも保育所に行くといっていたな。夕方、帰ってきたナミヘイに聞いたら、幼児と一緒に遊んで面白かった、だって。ちょっと違うだろう、オイ!

今週借りた本

 勾当台公園の木々もきれいに色づきはじめ、秋の深まりを感じる。朝の通勤ではマフラーをする女性の姿が目立ち始めた。そろそろコートを着る時期かな。
 
 今週借りた本
「日本人が知らない松坂メジャー革命」アンドリュー・ゴードン(07.10)
「さりぎわの歩き方」中山智幸(07.06)
「E=mc2(二乗)」ディヴィッド・ボダニス(05.06)
「ネコはどうしてわがままか」日高敏隆(01.10)

残念な飲み会

 昨日の「ドリームサッカー」の打ち上げを仙台駅前の「居酒屋 赤べ○」というところでやったが、かなり残念な飲み会となってしまった。まず、出てきた料理が、これまで色々なところで飲んだ中でも最貧弱の部類で、これで4千円(2時間飲み放題コース)はないだろうという内容だった。
 枝豆が少し出て、大盛りサラダが出て、フライドポテトが少し出たと思ったら、次が大皿チャーハンで、しばらく間があって、唐揚げが出てきて、最後がグラタンでお終い。なんだこりゃ?の品揃えだった。感覚的には2千5百円がいいところで、これなら隣の平禄寿司で思いっきり食べてビールでも飲んていた方が数段マシで、いやあ、久々に味わった最悪な飲み会だった。つくづく「酒飲み」なんてバカな人種だなあと、心の底から思った。

ドリームサッカー

 秋晴れの下、1万人を超える観客を集めてサッカー元日本代表と宮城県選抜チームとの親善試合が宮城スタジアムで行われた。結果は3対2というなかなかいいスコアで元日本代表が勝利を収め面目を保った。一番人気は福田正博で、二番人気を小倉隆史と前園真聖が分け合っていた。松木安太郎は自らのパフォーマンスで目立っていた。
 一方、宮城選抜のDF3人も大きな身体で永島昭浩や松浦敏夫らの元代表のFW陣に良い仕事をさせなかったのが光っていた。
 スタジアムの周辺ではフリーマーケットも行われていて、内も外も久しぶりににぎやかなスタジアムだった。

サッカー元日本代表

 明日4日(日)、宮城スタジアムでサッカー元日本代表選手らで構成するドリームチームと宮城県選抜チームが親善試合を行われるのだが、そのお世話で、サッカー元日本代表の皆さんと身近に接する機会があった。
 フジテレビでサッカー解説者をしている永島昭浩は背も高くて格好良かった。一世代前の金田喜稔は始終ブスッとしていて取っつきにくく、雰囲気がヤクザだった。澤登正朗はテレビで見たまんまだった。大野俊三も昔見た感じそのままでラガーマンのような体つきをしていた。会場に一番先に入ってきた金子久というゴッツイ人と少し立ち話をしたが、感じのいい人だった。
 福田正博や小倉隆史、前園真聖、 中西永輔、相馬直樹、松木安太郎らは明日の朝やってくるとかで会えなかったのがちょっと残念だった。元日本代表監督の森孝慈は近寄りがたい雰囲気を持っていたが、挨拶したら丁寧に応対していただき恐縮した。

追伸
①今日は前日のプレ行事として、県内で少年サッカーを指導している方々60名にお集まりいただき日本サッカー協会主催の「サッカークリニック」が行われたが、ちゃんと大人しく講師の実技指導や講習を聞くことができない指導者たちがたくさんいたのでちょっと呆れた。この人たちに指導される子どもたちは可哀想だな。教育者ではなくても人にものを教える立場に立つのだから礼儀や態度はちゃんとするべきだろう、とまわりで見ていて残念に思った。少年野球は大丈夫か?

ALWAYS 三丁目の夕日

 この映画を観るのは2度目だが、またまた泣いてしまった。酒に酔って帰ったせいか、テレビを見るなりオイオイ泣いてしまった。隣で妻が呆れていたが、でも涙が止まらなかった。
 そうだなあ、昭和30年代はそういうことが色々あったかなあ。学校給食の焼きそばがうまかったし、粉っぽい脱脂粉乳のミルクでも文句はなかった。たまに出てくるココアミルクはとってもおいしかったし、明日を信じられる、日本人にとって本当に幸せな時代だったんだなあと、映画を観ていてしみじみと思った。

CT検査台の上で

 洞くつのようなCT検査台の上で寝そべって待っている間、機械を覆うカバーのつなぎ目のつなぎ方が幼稚だったのが気になった。何千万円もすると聞いている検査機器なのに何だこの作り方は!「ものづくりニッポン」のレベルはここまで下がってしまったか、などとヒマなことを考えた。
 検査は10分程度で済んで、ハイ帰っていいですよ。結果は後日連絡されますと言われてしまい、ちょっと拍子抜け。サッサと白黒を付けてもらいたいもんだ。
 でも、すぐに職場に戻って仕事をし始めたらそんなことも忘れてしまった。精神衛生上はその方が良いのだろう。「鈍感力」の素質十二分!

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。