スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年・平成19年を振り返って

我が家の十大ニュース(思いつくままに)
・ナミヘイ中学校に入学する 
 しかし、全然期待どおりに行動しないので喜びは半分といったところ。夏に買ってやったGパンのヒザがもうすり切れているので、何ですり切れるのか?と尋ねたら、体育館や廊下で滑り込みをして遊ぶから、という答えが返ってくる。こんなヤツです。

・築20年の自宅の屋根と壁を塗り直す 
 何色にするかで妻と揉めた苦い思い出である。これで新車が遠のいた。

・リョウヘイ、バイクとぶつかり自転車を大破! 
 身体のケガは全然なくすぐに弁償もしてもらったので、なんて事はなかったのだが、交通事故はどこにでも起こり得るという教訓として。

・子どもに部屋を明け渡す
 同じ部屋に押し込めていた長男(高二)と次男(中一)のケンカが絶えないので、妻の差配で私が使っていた和室を長男に明け渡した。私の荷物は長男の部屋と次男の部屋に分散され、両方から邪魔者扱いされている。まあ、これも巣立つまでの一時(いっとき)のことなんだろうからな、と諦める。

・ナミヘイ、3週間のアメリカ旅行に行く 
 3週間の英語研修旅行に行っておきながら、5教科で英語の成績が一番悪いとは一体全体どういう了見だ!旅費返せ! 楽しそうな写真が羨ましいぞ!

・リョウヘイ、沖縄でオバとイトコに再会す
 最近の高校生は修学旅行で沖縄に行くのかと驚くばかりだが、リョウヘイには色々な刺激をたくさん受けて何かを感じてもらう必要があるから、どこにでも行ってこいと言いたい。ナミヘイにはウロチョロするなと逆のことを言いたいが。

・たびたびテレビに(チラッと)映る
 仕事の関係で今年はたびたびテレビの取材を受け、上司の隣りとかでテレビにチラッと何回か映った。TBCの横山記者(朝のテレビ番組「ウォッチンみやぎ」の前キャスター)からはインタビューも受けるが、平日の午後の放映だったせいか、家族も親族も誰も見ていなかった。恥をかかずに済んだかも?

・ついに冷蔵庫を買い換える
 結婚以来使い続けてきた冷蔵庫が19年目にして今年とうとう壊れた。今流行の冷蔵庫を買ったが、冷凍室が一番下にある「つくり」に全然馴染めず、トシを感じる。

・ついでに食洗機も買い換える
 中古の家を買って古い台所のキッチンを直したとき、妻に懇願されてTOTOの食洗機を買ったが、6年で壊れてしまった。一度修理したが、とうとう動かなくなったので、買い換えた。

・今年図書館から借りた本は121冊!
 一方、買った本は24冊(全て中古本)に止まったが、24冊でもその置き場がなく、捨てる算段をしなければならないのが哀しい。

 世の中では悲惨な出来事ややりきれない事件が次から次へと起っているが、個人レベルでは起きると行っても上記程度の出来事ぐらいで、我が家にとってはまあまあ平穏な一年だった。去年は実家の処分に伴うジジババの引越しやディズニーランドや福島への(最後の?)家族旅行、それに義父の葬儀など色々な出来事が次から次へとあったから、今年は穏やかなことが一番だった。 さて、来年は何が起って我が家族もどう変わっていくのでしょうか。
スポンサーサイト

「椿三十郎」経由「めん商人」

 正月準備もあらたか片づいたので(注:私の分)、じんちゃんとばあちゃんを誘って富谷の109に映画「椿三十郎」を観に行った。が、ちょっと楽しめなかったのは、たぶん粗筋が分かっていたせいかな?
 どうしても45年前の三船敏郎の旧作と比べるような見方をしてしまい、どうも楽しめなかった。それに織田裕二は袴をはいていても「踊る大捜査線」の青島刑事のノリで演じているように思えて仕方なかったし、いずれにせよ、ばあちゃんが隣で寝てしまうような映画で、高齢者の女性向きではなかったね。ゴメンね。
 映画を見終わってから、じいちゃんが珍しくラーメンが食べたいと言うので、泉総合運動公園の東向かいにある「めん商人仙台泉店」でみそラーメンを食べさせたら、二人とも美味しい、合格点!と言ってくれた。が、ここまで歩いて食べに来るのはちょっとムリだなあ、と言うので、帰りに道のりを計ったら1.4kmだった。リュウマチの足ではちょっと辛いか?まあ、季節が良くなったら、散歩ついでに来てみたら。

追伸
①ばあちゃんから、例によって青豆や黒豆や小豆などの煮豆類をたくさんもらった。足りなくなったら言ってね、まだあるから、というが20cm四方のタッパーにたっぷりもらって足りなくなるってことは絶対にないと思うんだけど。アンコ腐らせるかも。

年末休暇、開始!

 例によって、年末の掃除を行った。が、今年は29日から大雨や大雪など天気が荒れると予報されていたので、昨日までに妻と子どもたちが大物掃除は済ませていた。私には風呂の天井とブラインドの掃除が残されていた。一見楽そうだったが、これがきつかった。
 イスを使っても天井までギリギリで、つま先立ちしながらの天井拭きは辛かった。また、ふにゃふにゃするブラインドも一枚一枚手に持って拭かないとなかなかきれいにならず、遅々として進まない作業にイライラ感が募った。主婦の日ごろの家事仕事の苦労を思い、一人涙した(嘘)。
 午後は、泉中央のじいちゃんばあちゃんのところへ顔を出し、頼まれていた2月の沖縄行きの航空チケットを渡した(と言っても自宅のパソコンでプリントアウトしたタダの紙。パソコンで予約していたのだった)。ANAの「超割」だと仙台から沖縄まで2万8千円で往復できる。こんなに安いのに買ったのは一人分だけだ。じいちゃんは狭い座席に長時間座っているのが腰と血圧に悪いからと今回は沖縄行きをキャンセルしたのだった。あったかい沖縄でのんびりしてくれば良いのにと思うのだが、そこまで行くのが辛いというのだから仕方がない。腰痛と高血圧とうまく付き合っていただきたい。

追伸
①泉中央のアパートで三人でお茶飲みをしていたら、テレビに映った馬の映像を見てじいちゃんが、この前ばあちゃんが馬に乗ってみたいと言い出したんで驚いた、と言い、いい年をして何を考えているんだかと言ったら、ばあちゃんが「昔から一度乗ってみたいと言っていたのに何をバカな!と言って全然相手にしてくれないうちに、リュウマチで足の痛い、こんなばあちゃんになっちゃったじゃないのよ(笑)」と、やり返していたので、まあ当分は大丈夫だなと思った。
②今日は朝方には雨も上がり一日中暖かな冬休みだった。外に出ても上着がいらないくらいなま暖かく、遠くに見える泉が岳には全然雪がなかった。これではどこのスキー場も大変だろうなと思った。

今年最後に借りた本

「図解新説全国未完成鉄道路線」川島令三(07.10)
「動物の値段」白輪剛史(07.10)
  シャチが1匹1億円、ゾウ1頭3千万円、トラ1頭5百万円、ライオン1頭45万円。
  何故こんな値段になるのか、を説明してくれる本。
「長谷川滋利のメジャーリーグがますます楽しくなる観戦術」長谷川滋利(07.07)
「王ジャパン、野球世界一への道」石川保昌(07.03)
「金魚島にロックは流れる1」(05.04)
「犯人に告ぐ」雫井脩介(04.07)
  映画がヒットしたので読もうと思ったが、同じ事を考える人は多く、予約が40くらいあった。
「日々平安」山本周五郎(65.06)
  映画「椿三十郎」の原作本だというので借りて読んでいるが、藤沢周平に通じるものがある。
  いい話が多い。

沖縄から

 沖縄の姉から、クリスマスプレゼントが本日届きました!
 ヨーグルトと飲むヨーグルトを贈られました。
 美味しかったです。ありがとうございました。
 長生きしそうです。
 そのくせ、仙台からはほとんどお返しをしたことがなく申し訳ありません。
 そのうち、イイものがあったら贈ります。
 それまで気長に待っててね。


今年最後の

 今年最後の忘年会でした。
 若い連中に誘われて、最初から最後まで
カラオケでノリノリで歌いまくって、騒ぎまくりました。
 とっても、疲れました。のでもう寝ます。
 おやすみなさい。
 あと二日。
 頑張ります。

「クリスマスの約束」改め「イブの残り物」

 無理矢理仕事を片付けて早く家に帰ると、昨日のご馳走の残り物が待っていた(笑)。
 まず、ローストビーフを食べて、半分残っていた鶏肉の照り焼きは身をほぐされてレタスやミニトマトなんかと混ぜられサラダとなって食卓に再登場し、それを気の抜けたスパークリングワインを飲みながら美味しくいただいた。御飯はほぐされた貝柱が入ったサフランライスで見た目もきれいで、かつこれも美味しく、たくさん食べた。その後、残っていたフルーツポンチを食べて、最後はやっぱり残り物のケーキを食べてお開きとなったが、昨日と同じように美味しく楽しい食卓だった。いつもこうだと良いのだが、ぐうたら息子たちとは、顔を合わせる時間が短ければ短いほど、穏やかでいられるのが、ちょっと哀しい。

追伸
①年賀ハガキ100枚は昨日のうちに投函した。久しぶりに「郵便局からのお願い」を守ることができて、ちょっと嬉しい。今晩は妻の年賀ハガキづくりを手伝っている。
②クリスマスの恒例となった感がある小田和正のコンサート「クリスマスの約束」をテレビで見ている。還暦の人の声とは思えない良い歌声だが、この人の歌を聞いているとカレン・カーペンターも生きていればもっともっと良い味の歌を歌っていたのではないかと想像してしまう。

クリスマス・イブ

 今日は、私のじじばばと泉パークタウンの桂一丁目にある「GRANSOLE(グランソーレ)」というイタリア料理店で昼食会を開いた。風が強かったが天気が良く、店の裏手からは泉ヶ岳がきれいに見えた。ココは以前「GRATO(グラトー)」と言っていたと記憶するが、料理の内容はほぼ同じ。パスタかピザに肉か魚料理が付いて、サラダや飲み物がバイキングで自由に取れるので、のんびり仲間とランチを食べるのにはちょうどいいお店だ。
 正午ちょうどに入ったら店内は空いていて6人がゆったり座れる中央の大きいテーブルに案内された。きょうはリョウヘイもナミヘイも普段どおりで笑ったりふざけたり、たまに冗談を言ったりして、楽しい会食だった。昨夜も今日のように普通にできればいいのに、どういう理由で突然スイッチが切り替わったように態度が豹変してしまうのか???それが反抗期だと言ってしまえばそれまでだが、しかし、その相手は疲れるぜ。
 じいちゃんばちゃんには、脳トレの漢字ドリル中級編・上級編の本と、安いDVDで「大脱走」をプレゼントした。

追伸
①今年のイブの食卓
食卓1  食卓2  スープ


②そしてカードとプレゼント
カードとプレゼント
  沖縄の姉から毎年届くカードと、妻が友達からもらった毛糸の靴下(?)

  今年、妻からのプレゼントは皮の手袋だった。
  去年ももらったが、1ヶ月も経たずに落としてしまっていた。
 (19年着ているハーフコートのポケットに大きな穴が空いていたため。)
  妻には、小田和正のCD「自己ベスト2」をプレゼントした。





お金は不幸を招く、と思う日々

 ナミヘイの部屋の窓につけた断熱シートの効果が確かめられたので、泉中央のじいちゃんばあちゃんのアパートにも付けてあげようかと思い、久しぶりに顔を出した。
 ちょうど、テレビで高校駅伝をやっていて仙台育英高が最後のデッドヒートを繰り広げていたところだったので、テレビに向かって思わず頑張れ!と叫びながら応援し、僅差で優勝したときは三人で声を上げて喜んだ。
 さて、窓はどうかな、と確認したが、通路のある西側の窓は全面凸凹のある磨りガラスで、東側の窓は上半分が透明で下半分が凸凹の磨りガラスだったので、断熱シートが貼れないことが判って、ちょっと残念。仕方なしに汚れていた換気扇のシートを交換してあげて、ついでに老人には辛いであろう頭上の換気扇本体も雑巾に洗剤を染みこませて拭いてきれいにしてあげたら感謝された。家に帰って、妻に話したら、自分の家ではやらないのに、外でばかりいい顔をする、と批判じみたことを言われたので、明日は我が家の換気扇を掃除をする!と宣言してしまったが、明日はクリスマス・イブだったのね。

 夜、義母のおごりで親族10人が集まって、いつものお食事会が仙台バイパスの「カニ政宗」で行われた。いつものように単価の高い贅沢なお食事会だったが、またいつものように全然有り難がらない(むしろ誘われて迷惑そうな顔をしている)我が家のバカ息子どもや甥っ子姪っ子たちを見て、またまたいつものようにガッカリしてしまった。なんでこんな価値の判らない連中に高価な食事を与える必要があるのか?義母の自己満足のためか?アワビはないの?と悪びれもなく平気で口にする我が子ナミヘイのそういうところはとってもキライだし、ボクはこの生ガニのにぎり(5巻で1600円)とゆでガニ(1500円)でイイや、と言って全然会話に加わらず食事が出てくるまで一人で携帯ゲームをしていた中学1年の甥っ子はぶん殴って店の外に放り出してやりたかった。
 おまえら自分で稼いだ金で注文してみろよ。そんなこと言えないぞ、と言っても全然ピンと来ないようで、ますますイヤになるが、まあその責任は我々大人にあるのだろう。じいちゃんばあちゃんの甘い誘惑に負けた私らの責任だが、こんな連中がまともな大人に育つんだろうか?そんな連中ばかりの世の中になったら一体日本はどうなるんだろうか?と身近なところで大きな不安を感じてしまった。本当にこんなことでいいんだろうか?

追伸
 小雨は降っていたが、妻が義母に見せたいというので食後、遠回りをして定禅寺通の「光のページェント」を見に行った。すごい人手で車の渋滞もひどく、早く帰りたがったナミヘイはすねてしまい、露骨に不機嫌そうな顔をして家に帰るまで一言も口を聞かなくなった(モロ、反抗期)。
 それに対しては、私も食事中からの態度に腹を据えかねていたので、義母を降ろしてから、そのわがままな態度を強く叱りつけると同時に手がでて、車の中で思いっきりぶん殴ってやった(愛のムチだぞ)。にらみ返してきたが、反論・反抗はなかった。

光ペイ・ヒマラヤ杉  光ペイ・青い光  光ペイ・定禅寺通
   こんなにきれいな夜なのに。 きれいに見えない心が残念。

天皇杯準々決勝

 クリスマス連休の初日、ユアテックスタジアム仙台で天皇杯の準々決勝が行われた。招待券を二枚もらい、家族を誘ったが誰も行かないというので、近所に住むサッカー好きの知り合いを誘って、久しぶりに生観戦をしてきた。2年ぶりだと思う。
 リーグチャンピョンの鹿島アントラーズに、JFLのホンダFC(静岡)が挑んだ試合だったが、ホンダが後半終了間際に退場者を出すまでは互角の試合展開で、スタジアムを何度も沸かせて面白い試合だった。ホンダFCのよく走る攻撃が印象に残った。90分では決着がつかず、延長戦の後半にようやくアントラーズが1点を入れて振り切ったが、その得点は3本のパスが無駄なくつながったきれいな得点だった。

 午後3時からのキックオフだったので、やはり冷えたが、風もなく、面白い試合展開も手伝って、あまり寒さを感じずに済んだ。それに絶え間なく続くアントラーズのすごい応援が雰囲気を盛り上げてくれて観ていて楽しかった。

追伸
 宮城球場が、2008年1月1日から「日本製紙クリネックススタジアム宮城」と呼ばれるようになりました。略称は「Kスタ宮城」ということで、早く馴染めばイイと思います。
 みなさん、「Kスタ宮城」をよろしく! 
 ところで、三振を奪うたびにビジョンに映し出されていた「サークルKサンクス」の「K」の文字広告はどうなるんでしょうか?

忘年会の夜に

 定禅寺通や国分町界隈はすごい人手で、通りには年末の慌ただしさと、この一年間ご苦労様でしたという慰労感が一面に漂っていた。今夜は、この冬3回目の忘年会だった。
 と言うか、大きなプロジェクトの発表が終り、その打ち上げも兼ねた酒飲みだったので、季節柄、忘年会と名付けられた宴会だったが、今回のプロジェクトの責任者として重責を果たした安堵感からか、私はしこたま飲んで、かなり酔っぱらってっしまった。
 が、理性は失わず、みんなと別れてから、まだバスが走っている時間だったので、冷静に近くのバス停まで歩きバスを待とうとしたのだが、バス停まで来ると酩酊したオヤジが一人、歩道に仰向けに倒れてた。
 そのオヤジは、意識はあるらしく、何度も立ち上がろうとするのだが酩酊しているせいか、半身を起こしては反対側に転げ、また半身を起こしては反対側に倒れるという状態で、誰もが助けてあげないとこの人危ないかも?と思うような状態だった。
 バス停には20人ほど並んでいたが、誰もそのオヤジを介抱してあげよう、助け起こしてあげようとする者がいなかったので、嗚呼、情けない、「義を見てせざるは勇泣きなり」。よし、それでは私が助けてあげましょうと思い、そばに寄ろうとしたそのとき、携帯に妻から電話が入った。そこで私は、いま目の前で起っている状況をつぶさに妻に報告したのだが、すると、妻からは「まだ早い時間帯(9時台)なんだから誰か助けてくれる人がいるわよ。お父さんもだいぶ飲んでいるようだから、他人の心配なんかしてないで、サッサと帰ってきなさい」、という強い指導が入ってしまった。
 確かに私は酔っている。しかし、これを見て見ぬふりをして明日の朝刊に「泥酔者、仙台市内の真ん中で凍死。誰も助けず」などと言う記事が掲載されては夢見が悪い。同類相哀れむ。やっぱり、助けねば、と妻と電話で押し問答を繰り返していたら、やさしそうな叔母さんがそばを通りかかり、かがんで泥酔オヤジに話しかけ、手を貸してなんとか起きあがらせて近くのベンチに腰をかけさせ、世話を焼き始めた。それを見て、クッソー、先を越された、という悔しい気持ちが半分と、でもこれでバスに間に合うなという安堵の気持ちが半分の、人間力が試されたような出来事に久しぶりに遭遇してしまった。

訂正:
正確には、悔しさは2割、安堵が8割だったことを正直に白状します。

寛容と努力

 普段あまり物事を深く考えない質なので、つまりあまり悩むこともなく一日を過ごしていると自分でも思うが、でも、それを他人から指摘されると、頭に来る。一生懸命にやっているのに、呑気な父さん的に見られることには反発したくなる。この努力を見てくれ、その成果も見てくれ!と言いたくなるが、ひょっとして、それは叱られたときの長男リョウヘイも同じ気持ちなのだろうか?
 いや違うな。努力の跡が見られないし、ましては成果と胸を張れるモノなど何一つないのだから。ウソばっかり言っているあんなヤツと一緒にしないでくれ!と寛容ではないが努力の人である私は思うのであった。

 勉強が出来ないリョウヘイは、妻から○○をノートに書きなさい、書いたら見せなさい、見せたら今月分の小遣いを上げるからと小学生のように言われ、ハイといいながら、いつまで経ってもノートを見せに来ないので、しびれを切らした妻が再び見せろと言えば、ハイといいながら二階に上がって、上がったまま部屋から出てこないし、次の日にやっぱりやっていないんだろうと問いつめれば、やったと平気でウソを言い、いつまで経っても、半年経ってもノートを見せに来ない。だから、高校2年生にもなるのに小遣いももらえないでいる。

追伸
①可哀想に思った妻は、先月2千円をあげたんだそうだが、やっぱり何にもしない息子に失望し、深く後悔しているそうだ。近くに住む私の母や義母はそんなリョウヘイを可哀想に思ってか、こっそり小遣いを渡しているようなので、全く本人のためになっていないから止めてほしいと何度も頼んでいるだが、どうも止める気はないらしい。非行に走ったらどうするのよ、というが、走れるモンなら走ってみろ、と言いたいくらいだ。とにかく、ナマケモノのように何もしないヤツなんです。これが。
②妻の指先の肉(厚い皮)は未だつながってはいないようですが、痛みは薄らいだようです。ご心配をかけました。

寝不足とCTの検査結果

 金曜日の夜は午前2時ごろに寝て、土曜日の夜は午前1時で、日曜日の夜は午前1時半に寝るという乱れた生活を続けたせいで、体調不良を招き、月曜日は一日中調子が上がらず、昨日は帰宅して夕飯を食べて、すぐ風呂に入って、午後10時には布団に入って寝てしまった。その甲斐あって、今日は体調が戻った。
 もう若くはないのだから、ムリはしないようにしましょう、といいながら、今日は仕事で忙しく昼を食べ損なった。こういう生活も良くないのだろう。

追伸
 三次検査でCTまで撮ったのに、その結果が「明らかな異常は認められませんでした」という一行の通知で終らせていいのか(イイと思ったが)、と妻がずっと確認しろ、確認しろと騒ぐので、とうとう根負けして、検査機関に電話して医師の所見を直接お聞きしたいと尋ねてみた。そしたら担当医がいなかったようで、次の日になって担当医から直接電話があり、「肺のX線写真に映っていた陰は、CTの画像を確認すると心臓に近いところにある太い静脈であることが判ったので心配しなくてもイイでしょう」との所見をいただき、一件落着。まあ、こんなモンでしょう。

忙しい休日

 朝一番、指先を包丁でザックリ切ってしまった妻を近くの救急病院へ連れて行くことから始まって、妻に代わって朝昼晩の食事の用意をする一方、コケや汚れが気になっていた金魚と熱帯魚の水槽を気合いを入れて二つ掃除して、また、寒い寒いと言うナミヘイの部屋の防寒対策として、ホームセンターから窓用の断熱シートを買ってきて大きな窓にべったり貼り付けてやり、ついでに昨日買ってきたミニコンポの設置にあたってナミヘイの部屋の模様替えを手伝ってやったり、とまあ平日よりも忙しい一日だった。ああっ、疲れた。
 とくに、一日に3回もゲオに行ってしまったのでそれが余計だった。

 昼間、中一のナミヘイは、新しく買ったミニコンポで聞きたいCDをゲオで借りてくる!と言って寒空の中、元気よく自転車で飛び出していった。(ナミヘイにとっては初ゲオで、カードを作るところからする予定だった。)
 が、1時間半後にナミヘイは、「聞きたい歌手の名前と曲名がよく分からなかった」と言いながら、何も借りずに帰ってきてしまった。これには家族一同腹を抱えて笑ってしまった。つまり、行けば自分の聞きたいCDが当然あるはずだと思ったのはイイが、それが何という曲か、誰が歌っているのかさえ知らずに出かけたのだからオメデタイ。うっかりミスではなく、普段から考えて行動していない証拠で、何でもかんでも他人任せにしてきたことが良くわかる出来事だった。
 そのトンチンカンな行動をひとしきり家族で笑ってから、ネットで試聴できるサイトを教えて、いろいろ聞き比べさせながら、ナミヘイがようやく聞きたい曲を見つけたころにはもう夕方になっていた。寒くもなってきたので、仕方なしに車でゲオまで送り迎えをしてやったが、ナミヘイが小遣いをケチって一日レンタルにしたために、ダビング終了後、夕飯準備の途中だったが、慌ただしくCDを返しにもう一度車で行かなければならなかった。
 そして、晩飯を食べ終って、どれくつろごうかとしたときに、「あっ!」というナミヘイの声がして、呆然とした表情で、サッキ返したはずのCDを手に私の前に現れた。サッキ返したのは空のケースだったのね。
 この、今日3回目のゲオ行きは、疲れを倍増させただよ。ああっ、本当に慌ただしい一日だった。

いろいろめんどくさい誕生日のプレゼント

 試験の時期と重なり、延び延びとなっていたナミヘイの誕生日プレゼントを買いに家電量販店に出かけた。また、今朝電話で、20年使っていた電気炊飯器がとうとう壊れたから新しいモノを買いたいので手伝ってちょうだいとお願いされた、泉中央のばあちゃんも誘って出かけたのだが、まあ、いろいろあった。
 まず、ばあちゃんの電気炊飯器だが、売り場で主流の5.5合炊きでは夏や冬に栃木のナオヤ一家が里帰りしたときに足りないからダメで、でも次に多い10合(1升)炊きでは大きすぎるからやっぱりダメで、だから今まで使っていた8合炊きが絶対イイの!というので探したら一種類しかなく、結局機能や性能を比較することもなく、それに決まってしまった。(事前にネットで調べた売れ筋情報は何の役にも立たなかった...)
 次に、ナミヘイがほしがっていたラジカセだが、ネットで探して250曲ほど本体に記録できるメモリー機能付きのモノを買おうとしたのだが、ネットの最安値だと2万1千円なのに店頭では3万9千円もしたので、家に帰ってネットで買うことにして炊飯器だけを買って帰ったのだが、待ちに待ったプレゼントを手に出来なかったせいか、途中からナミヘイの機嫌はどんどん悪くなっていった。こっちもこっちで虫の居所が悪く(*理由は後述)、車の中で親子バトルか!という時に、待ち合わせをしていた妻が車に乗り込んできて、その危険な状態を察知し、そうそう、帰り道に別の家電量販店があったから入ってみれば、そっちは安いかもよ、と助け船を出してくれた。親子でふて腐れながら店に入ったら、想定していた機種よりも一つ上位の機種が2万9千円で売っていたので、じゃあこれにしよう、これなら480曲も記録できるぜ、ということで買うことにした途端、ナミヘイはニコニコ・にやにや顔になって、あらら、あっと言う間に一件落着。現金なものである。

*私が1軒目で機嫌が悪くなったのは、17,800円の炊飯器を買うのに1万8千円をお札で出したのだが、ボーナスサンデーでひどくレジ前が混んでいて、店員も客も何か殺気立っていて、ようやくたどり着いたレジの店員が保証書の手続きに手間取ったら、早くしろ!と後ろの客から怒鳴られて、店員も私も慌ててしまい、レシートと保証書だけを受け取ってサッサと店を出てしまったのであった。車に乗って走り出してから、レシートをばあちゃんに渡すときにお釣り200円をもらっていないことに気づき自分の迂闊さに腹立たしく、とても面白くなかったし、ナミヘイはどんどんふくれっ面になるし。まったく、もう!という感じだった。

今年2回目の忘年会は

 今年2回目の忘年会だった。
 今夜は職場の全員が参加する盛大な忘年会で、忘年会らしい忘年会だった。ビンゴ大会があったり、告白や決意表明があったり、職員の思わぬ一面が垣間見られてなかなか面白い宴席だった。
 57歳の課長は、実は年季の入った鉄道オタクで、突然!「みんな御殿場線に乗ったことがあるかァ!」と叫びながら、「青春18切符」を使って明朝6時40分に仙台駅を発って、富士山を見て、その日のうちに帰ってくるというバカみたいな計画を喜々として語っていた。(おおっ。)
 また、48歳シングルのベテラン女性職員は、アフリカに見せられて、これまでに3回も出かけたことを告白し、今年は忙しくて全然どこにも行けなかったけど、来年は4回目のアフリカを目指すぞお!課長、休みチョウダイ!と叫び、ヤンヤヤンヤの喝采を浴びていた。(凄いぞ!)
 私は、この前のナイターサッカーが楽しかったので、今度はナイター野球をやろうと提案し、絶大なる支持をいただいたので、何としても宮城球場で職場対抗の野球大会を開催することを宣言した。(でっ、いくらかかるの?)
 まあ、その他にもいろいろ面白い話があったが、酔っぱらって仔細を忘れたので、今日はこれまで。 お後がよろしいようで。

光のページェントに包まれる長い名前

『仙台光のページェント』が今年も昨夜から始まった。
職場のある16階の窓から見下ろす光の並木はとてもきれいだが、
歩きながら見上げる光のケヤキ並木はもっときれいだ。
勾当台公園や市民広場には色々な出店が今年も並んでいる。
定禅寺通の中ほどにある県民会館は来年から
「東京エレクトロンホール宮城」とヘンに長い名前に変わるが、
私はたぶん死ぬまでその名前は口にしないだろうな。
私にとって「県民会館」は思い出の中にあるから
いつまで経っても県民会館は「県民会館」なんだな、たぶん。
思い出は何者にも換えられないし、
換える必要もないと思うし、換えなくても何の不都合もないし。

前にも書いたけど、駅前の「丸光」は、
いつまで経っても「丸光」なんだな、これが。

ボーナス!

 冬のボーナスが出たぞ、とメールをしたら、妻から、1枚千円もするステーキ肉を奮発して買ったから早く帰っておいで、という返信が来た。おおっ凄いぞ。今日ぐらいは贅沢したっていいよな、と勇んで帰ったが、こういう日に限ってバカ息子どもが帰ってこない。
 イライラして待つこと1時間。8時過ぎにようやく全員が揃って、そこから妻がステーキを焼き始めたので、食べるころには完全な空腹モードとなり、テーブルに皿が載った途端、パクパク食べてしまった。あっ、写真を撮るのを忘れた....

 ちなみに、妻は中性脂肪が多いという健康診断結果をもらっていたことと、やっぱり値段が高かったからと、ステーキ肉は3枚しか買わなかったという。大変りっぱな心構えだが、でも、食べているみんなを見て、美味しい?やっぱりミディアムの方がいい?といろいろ聞くのは止めてほしい。
 うるさいし、やっぱり可哀想だし、仕方なく、みんなで少しずつ美味しいところのお肉(端から食べてほぼ中央部分に差しかかろうとしていた辺りの肉)を供出したためか、満足感にやや欠けるディナーとなってしまった、ような気がする。ボーナス支給日ぐらいはケチらないでいきましょう。

早々の忘年会

 今シーズン初の忘年会は、宮城県の地酒を味わう、とても良い酒飲みだった。
 日高見、栗駒山、墨廼江、澤乃泉、森泉などなど、どれもこれも美味しいお酒で、いくらでも喉を通ってしまい、結局、随分たくさん飲んでしまいました。ウップ。
 しかし、飲み過ぎはいけませんな。
 身体にも財布にも。
 ほどほどにいたしましょう。

 過ぎたるは及ばざるがごとし。ウップ。

先週借りた本・買った本

●借りた本
「キネマ旬報11月号上旬特別号」(07.10)
  「ALWAYS続三丁目の夕日」「椿三十郎」「ヘアスプレー」の特集があったから。
「『フラガール』を支えた映画ファンドのスゴい仕組み」岩崎明彦(07.10)
「野球場で、観客はなぜ『野球に連れてって』を歌うのか?」佐山和夫(07.10)
  すでに色々なところで書かれている事の再掲が多い本です。表題と本文もあまり関係がなく、正直つまらない本。
「日経 五つ星の美術館」日本経済新聞社編(07.10)
「フェルメール全点踏破の旅」朽木ゆり子(06.09)
  フェルメール初心者にはいい本。
「ナショナル・ストリート・プロジェクト」ポール・オースター編(05.06)
  作家の小川洋子さんが勧めていたから。

●BOOKOFFで購入した中古本(すべて105円!)
「ダ・ヴィンチ・コード下巻」ダン・ブラウン(04.05)
  とうとう105円コーナーにもたくさん並ぶようになった。
「コーチ論」織田淳太郎(02.12)
  これはいい本だぞ。少年野球コーチも読めよ。
「温泉教授の温泉ゼミナール」松田忠徳(01.12)
「ネアンデルタール」ジョン・ダーントン(96.10)

「年賀ハガキ」づくり

 一日中、パソコンで年賀ハガキづくりをやっていた。
 やり始めると色々凝りだしてなかなか完成までに至らない。
 半日かかってようやく一種類を完成させたが、そこで飽きた。
 もう今日は止めた。印刷はまた明日。
 ということでなかなか終らないのが毎年の年賀ハガキづくりだ。
 面白いんだけど、疲れる。

 調子がいいと、↓こういう絵も描く(2年前の作品?)
  05’の年賀ハガキ



誕生日に思うこと

 今日は、「トラトラトラ」の暗号文で有名な太平洋戦争の開戦記念日である。66年前の今日、アメリカと戦争を始めて、3年8ヶ月後に終戦を迎え、さらにその13年後に私が生まれたのである。ちょうど、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』の背景となった東京タワーの完成とともに、私は生まれたのであった。(だからどうした?と聞かれれば)
 悲惨な戦争から13年しか経っていないのに、戦争の「せ」の字も知らないで育ったことに、この歳になってから改めて疑問をもつ。本当に学校教育で教えなくて良かったのか?硫黄島の悲劇をアメリカ映画で教えられて良かったのかと思う。
 私の息子たちを見ていると、食べ物やお金はあって当たり前で、ほしいものや食べたいものは値段ではなくて感性で判断しており、もったいないという精神は希薄である。自分の関心事にしか興味はなく、苦労することはカッコ悪いことだと思っている。
 確かに私も子どものころから金に苦労した覚えはないが、それにしても最近の子どもたちは何を目標に生きているのか?いい学校に入って、いい会社に勤めて、いい嫁さんをもらって、一戸建ての家を持って、などというような在り来たりの幸せを求めるなんてことはカッコ悪いことと思っているようだが、じゃあおまえらの目標は何なんだよ?と聞きたい。

追伸①
誕生日のケーキ   誕生日のプレゼント
またまたマッフェン。今度は6号ケーキと、妻からもらったプレゼント

追伸②
 泉中央のじいちゃんばあちゃんも誘って「一力鮨泉店」で昼食会。みんなはお寿司系を頼んでいたのに、じいちゃんだけカツ重を頼んだ。ふだん肉を食べないから外で食事するときぐらい食いたくなるらしい。でも、お肉が固くて美味しくもなく半分しか食べなかったので、今度はどこか柔らかい美味しいお肉を出す店を探しておこう。

どうも!

 沖縄に住む姉が姪を連れて那覇空港で、修学旅行中のリョウヘイを迎えてくれたらしい。おおっ、Thank you very much!
 リョウヘイも沖縄ではだいぶ楽しい思いをしてきたらしく、また明日行きてー、とバカなことをほざいておりましたよ。どうも、ありがとね。
 最終日の今日は、ちゅらうみ水族館に朝の9時に着くはずが、すごい渋滞で10時半にようやく到着して1時間ぐらいしか見学できなかったのが非常に残念だったとか。また、水族館内も修学旅行生がイッパイで売店のまわりはすごい人垣で全然お土産が買えなかったとか。だから、また行きたいんだって。だったら年賀ハガキ配達のバイトでもして稼げよな、と言うと、じゃあいい、とすぐ「ナシ」にする情けないヤツなんだ、これが。

ことば遊び

あかあか、いろいろ、うきうき、えんえん、おいおい
あきあき、いそいそ、うすうす       おちおち
      イボイボ、うずうず
            うかうか
かんかん、きりきり、くんくん、けんけん、こんこん
かたかた、ぎりぎり、ぐだぐだ、ケチケチ、こそこそ
がんがん、ぎすぎす、クスクス、ゲロゲロ、ごみごみ
がさがさ        ぐずぐず、ケロケロ、ごほごほ 
ガミガミ              ゲホゲホ、こつこつ
                         ゴホゴホ
さんさん、しんしん、すいすい、ぜいぜい、そろそろ
さんざん、しずしず、ずんずん、ぜんぜん、そわそわ
ザブザブ、ジンジン、ズルズル
さばさば、しみじみ、するする
            すやすや
たんたん、ちんちん、つんつん、てんてん、とんとん
たびたび、ちびちび、つるつる、てかてか、とびとび
だんだん             でろでろ、どくどく
だらだら
なんなん、にやにや、ぬるぬる、ねんねん、のびのび
なかなか、にこにこ、ぬめぬめ、ねちねち、のそのそ
なみなみ        ぬくぬく       のしのし
はんはん、ひしひし、ふんふん、へいへい、ほかほか
ぱんぱん、ひろびろ ぷんぷん、へなへな、ほくほく
ぱかぱか ひそひそ、ぷりぷり へろへろ、ぽつぽつ
ぱらぱら、ぴりぴり、ぷくぷく          ぼそぼそ
ぱちぱち、ぴちぴち                ほろほろ
バラバラ、びりびり                ボロボロ
はではで、ビンビン                ぼちぼち
      びくびく                 ぽかぽか
まんまん、みんみん、むんむん、めんめん、もんもん
まじまじ、みしみし、むしむし、めそめそ、もそもそ
      ミスミス               もじもじ  
                          もこもこ
                          もちもち
やすやす、ゆさゆさ、よそよそ、
やれやれ、ゆらゆら、よしよし
            よろよろ
            よぼよぼ
            よれよれ
らんらん、りんりん、るんるん、れろれろ、ろうろう
ラブラブ?
わんわん
われわれ?

つまらない会議の間に思いついた「言葉遊び」だが、ハマッてしまった。
どうしても一文字につき、二組以上は見つけたい!

濡れ衣

 夜の7時ごろ、ナミヘイが通う中学校から電話がかかってきた、らしい。
 ナミヘイ君いますか?という先生の電話に、まだ帰っていないと妻が答えると、普段からこんなに遅いんですか?どこに行ってるんですか?と聞くので、普段はもうとっくに帰っているんですけど、何かありましたか?と妻が尋ねると、放課後、中学生が(下着の)パンツを下げて歩いているという通報が学校にあり、学校がその生徒に確認したところ、ナミヘイ君にやられた、と言ったという。だから遅いのかしら....
 ナミヘイは、学校からの帰り道、直接児童センターに寄って友達と遊んでから、そのまま習字教室に行ったらしく、帰宅後に妻が問いつめると、エッ、何それ。オレ何にもやってねーし。アッ、でも帰りがけにそいつが学校の外掃除をやっていたから、自転車で脇を通り過ぎながら「頑張れよ!」と言って腰をポンとたたいたけど、ジャージなんか下げてないし、例え指がジャージに引っかかって下がったとしても何でパンツまで下がるんだよ、と言うので、学校に電話してその旨をナミヘイから先生に話させた、という。
 しかし、そうするとそのA君が自作自演でパンツを下げたことになって、それはそれで先生としては困るらしい。どっちの言い分が正しいのか?さて、こうなると普段の生活態度がモノを言うが、果たして先生が信用するのはナミヘイか、A君か?
 実は二人とも、生活態度は普段から真面目ではなく、妻に言わせるとどっちもどっちなのだそうだ。濡れ衣だろうが何だろうが、まわりからそう思われれば、反証できない限り、クロではないが限りなくクロに近い灰色ということで決着されてしまい、悪い印象だけが先生の頭に残る、っていうことになるんだろうな、たぶん。まあ、自業自得だな。

野球に連れて行って

 急激に寒くなってきた。
 インフルエンザも流行してきたらしい。
 冬がやってきたということか。
 そろそろ年賀ハガキの用意もしなければと考え始める。
 それにしても、昨日・一昨日の野球はとっても面白かったなあ。
 ああいうシビレルような試合を何回でも見たいなあと思う。
 緊張感のある野球を見せられれば、野球人気は間違いなく回復するはずだ。
 来春のプロ野球の開幕が待ち遠しいなあ。

台湾戦は

 昨日の韓国戦の勝利で何かもう勝った気になっていたので新聞を読んで今日の台湾戦に負けると韓国が優勝と分かってギョっとした。これはイカン! よし、今夜も応援するぞ!
 と言うことで急ぎの仕事はあったが、サッカー好きの部下に任せてサッサと退社した。家に帰るとちょうど新井貴浩選手のタイムリーで初回に1点を取ったところだったので、よし、今日も勝つぞ、と一人で熱くなったのだったが、6回裏に飛び出した台湾の逆転2ランにはチョット凹んだ。いや、かなり凹んだ。気分を変えようとテレビを消しトイレに立って顔を洗い、15分ほどしてから恐る恐る再びテレビを付けると、おおっ、3対2と逆転しているではないか!
 そこから怒濤の猛攻が始まって、終ってみれば10対2という横綱相撲で台湾を退け、難なくオリンピックの出場権を手に入れたのであった。終ってみれば前評判どおりだったが、しかし、この2夜は久しぶりに興奮した。真剣勝負の醍醐味を存分に味わったような気がする。こんな興奮が味わえるから、野球って楽しいと思う。新井貴浩選手の目は、イッテましたね。

追伸
①あす4日から7日まで、高二のリョウヘイは沖縄に修学旅行に行く。仙台駅に9時に集合しアクセス鉄道で仙台空港まで行ってそこから飛行機に乗って沖縄まで行くという。贅沢だなあ、沖縄かあ。
 ばあちゃんからお餞別をもらっていたので電話をかけさせたら、泊まるホテルを教えてちょうだい、沖縄に住む娘(私の姉)と孫(リョウヘイの従姉妹。高三の娘)を会いに行かせるからと言われたらしく、いいよ、いいよ、恥ずかしいからいいってば、と盛んに逃げまくっていた。

アジア地区最終予選!頑張れニッポン

 いま、野球の北京オリンピック・アジア地区最終予選、韓国戦を見ているので、ブログどころではない! 頑張れニッポン!

 それにしても、涌井秀章といい、成瀬善久といい、ダルビッシュ有といい、パリーグには活きのいいピッチャーが揃っているなあ。みんな見ていて気持ちのいい投球をする。2点は取られたが、全然逃げないで攻めのピッチングを続けた成瀬投手の投球内容も素晴らしかった。
 じゃあ、次は大人の投球を見せてもらいましょうか、川上憲伸投手。

追記(試合が終って)
 いやあ、久しぶりに手に汗握る試合を見せられて非常に疲れた。勝ったから良かったようなものの、これで負けていたら日本中のプロ野球ファンから何を言われるか判ったものじゃない。いやあ、本当に勝って良かった。選手には心の底からおめでとうと言いたい。
 それにしても、上原浩治投手は大したモンだ。国際試合のツボを知っている、ということだろう。ポンポンポンと打者を追い込んで、バッターにも相手チームにも対応策を考えるヒマを与えなかった。上原、エライぞ。 長嶋茂雄監督もさぞかし喜んでいることだろう。

吉岡秀隆

 さて、「ALWAYS」の主人公・茶川竜之介を演じた吉岡秀隆だが、彼を見るとまず「男はつらいよ」の満男を思い出し、その次は「北の国から」の黒板純を思い出して、最後は「Dr.コトー」を思い出してしまう。舞台俳優のような過剰な演技を感じさせない素直なイイ役者だと思うが、いつも同じ雰囲気の役柄だから、帝釈天で育った満雄が青年になって北国へ行き、その後南の島に赴任した、と考えても全く違和感がない。本人にとって嬉しいことなのか、面白くないことなのか分からないが、パターンが同じだと強烈なインパクトを与えそうなものだが、やさしい役柄が多いせいか、主人公としての印象は薄い。前回の「ALWAYS」では日本アカデミー大賞で主演男優賞を獲得したが、なんか助演の印象が強い。まあ、そういう役者も必要だろう。
「ALWAYS」の場合の主演は、『昭和』だったのかもしれない。

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。