スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スッキリしない休日

 雨模様の中、妻を迎えに車を出しながら、ついでに息子二人を載せて、遅いお昼を泉体育館前のラーメン店「めん商人」で食べた。妻は新メニューの熟成トマトラーメンを、私はネギ味噌ラーメンを、リョウヘイは担々麺を、ナミヘイはトンコツラーメンを食べた。例によって一口ずつ味見をして、それぞれに美味しかったが、(土曜日は付くのに)日曜日はゴハンがサービスに付かなくて残念だった。
 ナミヘイは、今度食べるときはトマトラーメンにする!と言っていたが、何が気に入ったのか?

 午後は、ラジオでイーグルス対カープ戦を聞いていたが、頼みの岩隈久志投手が先に5点を取られては試合にならず、スイッチを切って、持ってきた仕事(広報用原稿の作成)をしていた。夕方パソコンで試合結果を確認するとその後は点を与えず、4対5と1点差まで追い上げて健闘したようであったが、健闘だけでは満足できないのだよ、明智クン。エースを立てたのだから、絶対勝たなければ。
 これでとうとう3位に後退してしまったか。なんか、ズルズル落ちていきそうな気がする。明日の先発は誰なのかな?心配は息子たちと仕事だけにしてほしい。

 夜は、キリン・カップ「日本対ベルギー戦」をテレビで見ていた。ベルギーは連戦の疲れからか、全く精彩を欠いていた。そんな状態のチームに勝ってもあまり喜びはない。今週6日(土)の深夜に行われるW杯アジア最終予選「ウズベキスタン対日本戦」はたぶん見るだろうが、今の日本代表に感情移入できる選手がいないのが、今の私のサッカー観戦における問題だな。
スポンサーサイト

三日間

 庭のバラが次々と咲いて、朝、カーテンを開けるのが楽しい。
 でも、三日も経つと花びらはしぼみ、知らないうちに散ってしまう。いいところ三日か。
 たった三日。確かに次々と咲いてくるので新しい花ばかりを見ていれば良いのかも知れないが、でもね。たった三日で散っていいのかと思ってしまう。せっかくきれいに咲いたのに。もっと、ちゃんと咲いていろよ。一冬過ごしてやっと咲いたんじゃないか。
 たった三日。誰のために咲くんだよ、とバラに尋ねてみたくなる。
 でも、花は春になれば新しい蕾をつけるからそれでもいいのか?
 人間はそうはいかないからな。しぼんだら、お終いかな。
 森光子さんを見習おう。

朝日新聞(09.5.29)より
 政府は29日、女優の森光子さん(89)に国民栄誉賞を贈ると発表した。森さんはこの日、東京・帝国劇場での「放浪記」の千秋楽を迎え、単独主演での上演記録を2017回まで伸ばした。
 終演後の特別カーテンコールでは金色のくす玉が割られ、紙吹雪が舞った。森さんは「夢のような気持ち。日本に生まれて誇りを感じます。日本をいい国にするために、私も努力します。かといって私、決して選挙に出るつもりはありません」と笑いを誘った。今後については「引退なんか、いたしません」ときっぱりと語った。 国民栄誉賞の表彰式は7月1日に首相官邸で行われる。

「NATIONAL GEOGRAPHIC」は好きですか?

 『NATIONAL GEOGRAPHIC』を定期購読している。2年前から取り始め、はじめのうちは毎号楽しみに待っていたが、そのうち、私の大嫌いなカエルや気持ち悪いカビやグロテスクな細菌のド・アップ写真、これでもかと続くミイラの写真、写真、写真。見るのが苦痛に感じるような特集が続き、辟易するようになった。私は息を呑むような大自然の風景やそれにまつわる様々なエピソードを知りたいのであって、気持ち悪い写真なんか見たくないのだ。編集長を即刻更迭せよ、という気分だった。
 そんなわけで、最近は郵便で届いても封を開けるのが億劫になっていたが、今月号は久しぶりに読んでいて面白い記事がたくさん載っていた。是非、この編集方針を変えないでほしい。カエルやカビやミイラをどうしても載せたいときは別冊にするか、もしくは袋とじにして見なくても済むように配慮してほしい。そうしないと、購読は継続してあげないぞ。

追伸
 延長10回裏、青山浩二投手が4番手で登板し、二人を連続三振に打ち取る素晴らしいピッチングを見せたが、3人目の和田一浩選手にサヨナラホームランを打たれ1対2×でゲームを落とした。
 今夜のゲームは、携帯ラジオで聞いていると、ことごとくイーグルスがピンチを切り抜けるので、3回からはずっと携帯ラジオで戦況を見守っていたが、和田選手の打席のときに突然、電池が切れてしまった。何というバッド・タイミング!あわてて電池を交換してスイッチを入れたのだが.....
 アナウンサーの「ーーーーーーン!!!!」という絶叫と大歓声が聞こえてきて、ゲームが残念な結果に終ったことを知った。あ~あっ、電池が切れさえしなければ。

 という問題ではないことは分っているのだが、そう思うことでゲームに参加した気分になれる(?)せいか、こういうクダラナイ観戦方法はナカナカやめられないのだ。毎回、ちょっとした兆候をみつけては自分で自分に暗示をかけて緊張して試合に臨めるので、わざわざスタジアムに足を運ばなくても十分に楽しんでしまえるのだった。

 ちなみに、今日の青山投手を責める気にはなれない。彼は先発投手だよ、どうみたって。

8回裏、ノーアウト満塁

 今夜は田中将大投手が投げるし勝ってくれるだろうとは思いつつ、ライオンズの岸孝之投手にもとうとう土がついたし、油断をすると田中投手と言えどもわからないからなと気を引き締め、家に帰って夕飯を済ませると、久しぶりに「願掛け」のアイロン掛けに精を出した。

 1対0→2対0→2対1→2対2という接戦で、かつ追いつかれるという試合展開はイーグルスがもっとも不得意とするパターンで、田中投手でも今夜はアブナイかなと心配していたら、8回表に3対2とリードしてこれはいけるかも!と喜んだ。が、その喜びも束の間、リリーフ陣が踏ん張りきれず、8回裏にノーアウト満塁という絶体絶命の大ピンチを招いてしまった。ここで私はパソコンのスイッチを切った。そんな場面はとても見ちゃいられないからだ。

 テレビをつけるとサッカー日本代表戦をやっていたので、それを見ながら最悪の事態が通り過ぎるのをジッと待っていた。もうそろそろいいかな、と思い恐る恐るパソコンをつけてみると、9回表に進んでいたが、ナ、ナント、3対2のままではないか!おおっ、すごいぞ!イーグルス!
 誰があの窮地を救ったのだ?と思って試合展開を確認すると、有銘兼久投手が4番手で登板し、三振、三振、投ゴロの見事な火消しをやったらしい。おおっ、男、アリメ!いいぞ、日本一!(今夜だけ?)
 9回裏は、見るのが怖い、小山伸一郎投手が登板して、またまた先頭打者をファーボールで出してしまい、2日前の悪夢が過ぎったが、まあ何とか後続を断って勝つことができてよかった。ホントに良かった。今夜負けていたらドラゴンズ相手に絶対連敗しただろうからね。ああっ、疲れた。
 しかし、9回裏二死一塁から、なんで一昨日の戦犯、青山浩二投手を登板させたんだ?どうして?小山投手よりも青山投手のどこが勝っているの?ちょっと凡人には分らないな。

亭主の好きな赤烏帽子

 ショックが大きくて、昨夜はブログを書く気にもなれなかった。

 一点リードの9回裏。一死から8球続けてボールを投げランナー二人をみすみすプレゼントし単打で満塁とされ、イーグルスにとっては最悪のゲーム展開で、WBCの陰の立て役者、内川聖一選手に打席を廻してしまったところで勝負は付いていたのかもしれない。ああっ、絶対勝てる試合だったのに。イヤ、勝つ試合だったのに。イヤイヤ、勝たなければならない試合だったのに!
 非常に悔しい。久しぶりに心の底から腹が立った。くそー、何やってるんだ、青山!おまえなんか二度と一軍のマウンドには上がらせないぞ、覚悟しておけ!頭を丸めて山寺にでも行ってしまえ!!

 .......と、青山浩二投手やその親族の方々には聞くに堪えないような罵詈雑言をわめきちらしていたら、妻が「(あなたも)オヤジよねえ。家に帰ってくれば夕飯もそこそこにテレビ(パソコン)の前に移動してビールを飲みながら騒ぎちらし、勝てば上機嫌で負ければブスッとして機嫌が悪い。それって昔からよく言われてきた、典型的な『中年オヤジ』の生態だわ。ホントにイヤねえ。」と呆れ果てられた。
 まあね、確かにヨソから見ればそうかもしれいない。家族の冷たい視線も当然で、これまでだったら、妻の指摘に即、反省、反省、と恭順の情を示していただろうが、昨日の敗戦には、なんか、こう、吹っ切れたモノがあった。

 だから、なんなんだよ。
 そうだよ、おいらは中年オヤジだい。「二十世紀少年」だぜい。
 野球が大好きなんだ。何が悪いんじゃあ。

 亭主の好きな赤烏帽子、なんだぞー。

ナミヘイのラグ

 昼食後、ナミヘイが部屋に敷くカーペットがほしい、と言い出したので、バイパス沿いの「ニトリ」に行ってみた。が、気に入ったモノが無かったので近くの「東京インテリア」に廻ってみると、まあまあのモノはあったが、ニトリよりも全体的に値段が高く、寸法もちょっと大きすぎたり小さすぎたり。展示品以外はお取り寄せになると言われ、いますぐ手に入れたかったナミヘイは思案顔。
 さて、どうしようか?いろいろ話をしていると、部屋の模様替えもする予定だというので、じゃあ一度、机や家具の配置を変えてみて、部屋の空いたスペースに「ラグ」を敷く程度でもいいのではないか、と提案するとナミヘイも納得したので、一度家に戻った。
 家に帰ると早速ナミヘイは部屋の模様替えを始めたので、私は自分の用を足すためにもう一度でかけて、泉図書館や「コジマ電気」、酒屋の「やまや」などを廻っていたら思いの外、時間がかかってしまった。
 家に帰るとすでに午後5時を回っており、ナミヘイがブスッとした顔で玄関の熱帯魚の水槽の水替えをやっていた。おおっ、感心、感心と一言誉めて家に入ると妻が待っていて、「随分前からお父さんが帰ってくるのを待っていたのよ。もう一度家具屋さんに連れてってもらいたいみたい。一人でベッドまで動かして模様替えを済ませちゃったんだから。」と教えてくれた。へえー、それでふて腐れていたのか。では、もう一度行きますか。雨が降ってきたけど。
 今度は妻もついてきて、いろいろ余計なお節介を焼いていたが、無事、ナミヘイの気に入った「ラグ」を手に入れることができたようで、部屋をのぞくと一人でニヤニヤしている。妻に言わせると、弟のナミヘイばかり優遇していると言うのだが、兄のリョウヘイは一日部屋から出ても来ないし何をやっているのかも分らない。ゼンゼン自己主張もしないんだから、かまってやりようがないじゃないか。まあ、羨ましそうな素振りも見せないんだから、別にいいんじゃないの、と私などは思うのだが、それではいけないのだろうか?そこまで気を使う必要があるのだろうか?子育ては良くわからないな。

休日の雑感

 岩隈でも負けてしまいましたな。まあ、こういう日もたまにはあるでしょう。貯金はまだ4つあるし。ドンマイ、ドンマイ。
 幸いベガルタが最下位の横浜FCを2対1で下し、第1クルーを終えて3位の位置をキープしているので、今日はヨシとしましょう。贅沢を言ってはいけません。バチが当ります。

 今日は久しぶりに泉中央のスポーツクラブに行ってきた。結構混んでいて、クロストレーナー(手足を動かしてペダルを漕ぐヤツ)の空きがなかったので仕方なくジョギングマシーンで走った。30分で3キロという遅いペースだったが、汗だくになった。これが今の限界。
 家に帰って、妻に「30分で3キロ走ってきた」と言ったら「あら、歩いたってそのくらいでしょ。」と言われちょっとカチンと来た。(じゃあ、おまえもやってみろよ、できないクセに、フン!)←心のつぶやき
 体重は63.7キロと善戦しているが、お腹が引っ込まないので、ちっとも嬉しくない。

 仙台市内の中心部、勾当台公園の交差点で信号待ちをしていた人たちの中に自動車が突っ込み3人が重軽傷を負うという事件が発生した。自動車はそのまま公園内を暴走して木立に衝突して止まったという。何年か前、仙台一の繁華街、歩行者専用のアーケード街である中央通りを自暴自棄になったヤツがトラックを暴走させて数人の死者を出したイヤな事件を思い出した。どうしてこんなことが仙台で起るのか。
 不景気になると犯罪や自殺者が増えると言う。景気の安定は治安対策であり、人間性回復の対策にもつながるのだから、政治はしっかりとそれに取組んでもらいたい。民主党ならできると言うのか?その財源は何処に求めるのか?何でもかんでも政治に頼るのなら、その財布を維持するために増税は避けられないし、税金は高くなっても安心して子供を産み育て、心豊かに暮らせるのなら誰も文句を言わないだろう。正々堂々と議論してもらいたい。企業にのみ重い税金を課すのでは、税金の安い国外にどんどん流出してしまうぞ。

期待しちゃいかん

 非常に込み入った仕事が入ったが、とにかく早く帰りたかったので、仕事をカバンに詰め込んで職場を出てきた。どうせ今日は負けてもイイやと思っていたので、酒屋によって500ccの缶ビールを買って家に帰った。着替えを済ませて、大きなグラスにビールを注ぎ、テレビの前に座って、さあ、いざ勝負、勝負!と気合いを入れてテレビのスイッチをつけてみると、あらら、まだ2回裏なのに、すでに1対4。気力が萎える、萎える。
 それでも連打とエラーで一死満塁の大チャンスを迎え、よし、そこだ、一気に叩きのめせえ!とテレビの前で叫んでみたが、所詮、実力のないチーム。追加点が奪えずその回は1点だけで終ってしまい、結果的にそこでゲーム自体も終ってしまった。2対12。
 とっても恥ずかしい試合でした。途中でまたまた、テレビを消してしまいました。ああっ、これだからベガルタに浮気をしたくなっちゃうんだよなあと、なかなかイーグルスを好きになれない私でした。

 とにかく、明日は岩隈だ。金満球団のジャイアンツをぎゃふんと言わせてほしい。

愛はかげろうのように

 今日の気分はこんな感じ。
 野球中継がないのが物足りなくてそう感じるのか。
 かなり意味は違うだろうが、まあ、なんかもの悲しい感じです。
 そのうち、「フィールド・オブ・ドリームス」のように幻聴が聞こえるかもしれないな。

 If you build it,he will come.....
 それを作れば彼はやってくる。

 何十年後かに景気が再び良くなったら、仙台にも開閉式のスタジアムを作ってもらいたい。シアトル・マリナーズのセーフコ・フィールドのように、常には開放されていてイザというときだけ閉まるような構造のスタジアムを是非お願いしたい。
 そうそう、テニスの聖地「ウィンブルドン」でもとうとう開閉式の屋根を取り付けたと言うし、これからは高齢者に優しい施設じゃないと流行らないぞ。たぶん。
 
 

貫禄勝ち

 今夜は田中将大投手(20)とスワローズの由規投手(19)が投げ合うんだよなあ。どっちがイイ球を投げるかなあと仕事をしながら想像してしまうくらい今夜の試合を気にしていたのに、プロ野球に全く関心のない課長がなかなか帰らず仕事の話をしてくるので、7時過ぎまで帰れなかった。課長の退社とともにダッシュしてバス停に向かい、走りながらカバンから携帯ラジオを取り出して試合経過を確認すると、おおっ、まだ0対0でいい勝負をしているではないか。
 家に帰って晩飯を一人で食べながら続きをネット中継で見ていたが、素人目にも田中投手の方が安定感はあったね。ストライクゾーンに投げ込まれた由規投手のストレートは早くて威力がありそうで見ていて気持ちが良かったが、如何せん、ストレートだけでは通用しないのが、プロの世界だ。由規投手も早く田中投手のように空振りが奪える変化球を覚えなくっちゃね。
 今夜は早くも今シーズン3度目の完封勝利を飾った田中投手が開幕からの連勝記録も6に伸ばしてエースの貫禄を存分に見せつけた内容のある試合だった。2対0のロースコアでも観客は満足したのではないかと思う。
 しかし、過去10試合でイーグルスが挙げた勝ち星は、岩隈投手の2勝と今夜の田中投手の2勝の計4勝しかないのだからチョット心配してしまう。大丈夫か、イーグルス?

メタボか

 ああっ、負けちゃった。
 今日は仙台でも27.7℃まで気温が上がり、とても暑かったので家に帰るなり、おもわず缶ビールをプシュッ!と開けてしまったのが良くなかったのかなあ。まあ、負けるときはこんなモンだろう。明日、明日。明日があるさ。
 
 朝は食パン1枚。昼はソバかラーメンだけなのだが、最近、夕飯をがっちり食べているせいか下っ腹が出てきた。体重は増えていないので安心していたら、これだもの。イカン、イカン。食後のデザートやお菓子は、明日から控えよう。今夜は妻お手製のフルーツゼリーと、ナミヘイの修学旅行みやげの「東京ばなな」を食べちゃったからなあ。
 明日、明日。こっちも明日からさ。ドンマイ、ドンマイ。さあ、締まっていこう!

勝つための手だて

 昨日の岩隈投手の完投勝ちに気をよくした私は初心に返って、たまっていたワイシャツにアイロンをかけながら真面目にイーグルスを応援しようと思ったが、朝からの雨が止んでくれず、残念ながら試合は中止になってしまった。仕方なくアイロンをかけながらネットで「マリーンズ対ライオンズ戦」と「バッファローズ対ファイターズ戦」を交互に観戦することとし、ついでに「負けろー、負けろー、負けてくれー」という呪いをかけながら観ていたら、どうやら悪魔に願いが通じてしまい、1位と3位のチームが望みどおりに負けてくれた。へへへへっ、嬉しいような、悪いことをしてしまったような、ヘンは気分だ。
 やっぱり、後味が悪いので今後このようなことはしないようにしようとも思ったが、でも3割打者が3人も欠場を余儀なくされているのだから、少しぐらいは「敵失」を望んでもイイのではないか、という身勝手な考えが頭に浮かんだ。ああっ、どうしようかなあ。ヤクルトは青木宣親選手(27)が調子を落としているのに5連勝だからな。やはり使える「手だて」は全て使うことにしよう。
 ということで、これからウチにあるヤクルトを明後日までに全て飲み干そうと思ったのだが、でもそれってヤクルトの思惑どおりの行動か?やる価値があるのか?う~ん、一晩考えてみよう。

追伸
①先週の「母の日」に何もできなかったので、今日は泉中央のじいちゃん・ばあちゃんを誘って、「うまい鮨勘 泉店」でウチの家族と一緒にお昼を食べた。相変わらずアラ汁は美味しかった。私はこの大きなお椀のアラ汁とお皿を3枚も食べれば満足だな。なお、店内は相変わらずのうるささで、ばあちゃんは補聴器を外してしまうので全く聞こえず、適当に見つくろってお皿を取ってあげた。
 いつもは1万円を越えることはないのだが、初お目見えのセットものを妻がいろいろ注文したので、あらら、1万を軽く越えてしまった。それにしても、J&Bの二人で7皿ぐらいだから、一体おまえら何皿食べたんだあ!これだから、色気よりも食い気が勝る子どもとは外食したくありませんな。

②新型インフルエンザが国内でも確認されたというが、なぜ高校生から広まったのか?通常は高齢者や乳幼児がやられるものだが、若者の行動範囲が広いせいか?当分、人混みは避け自宅で大人しくしている方が無難か?でも、それじゃあプロ野球やJリーグの観戦客が減ってしまうな。一大事だ。

ベガルタ経由イーグルス

 午後1時半から始まったベガルタ戦をテレビで見ながら、2時から始まったイーグルス戦をネット中継でチェックしたら、岩隈久志投手(28)の登板だったが1回表に3連打を浴びて簡単に先取点を取られてしまったので見る気がなくなり、当初の予定どおり、ベガルタの応援に集中することにした。
 ベガルタも先行されたが、すぐに追いつくと前半で逆転に成功し、よしこれで8連勝だ!と応援にも力が入ったが、後半に追いつかれ、惜しくも引分けに終ってしまった。相手も良い攻めを見せていたので引き分けが順当なところかもしれないが、勝ってくれないとトタンに観戦意欲が失われてしまう。困ったモンだ。
 そんな落胆した気持ちを引きずりながら、イーグルス対ホークス戦にチャンネルを換えると、コチラの試合は何度もチャンスを作りながら、あと一本が出ずに残塁の山を築いていくばかりの試合展開。ああっ、これだもの。特に、連続併殺打を打った中村紀洋選手(35)がいただけない。テレビ画面からはどちらもホームランボールのように見えてしまった。だからこそ強振したのだろうが、結果が付いてこないようではクリーンアップは任せられないぞ。しっかりしろ。中村紀洋!まだ35才じゃないか。
 と嘆いたところで観戦意欲を失い、テレビを消して立ち上がり、カメや玄関先の熱帯魚の水槽の清掃と水替えをやって、その後は庭の草取りを黙々と続けたが、4時半になったところでテレビの前に戻ってみた。正座して恐る恐るテレビのス、スイッチをつけてみると......な、なんと2対1で逆転しているではないか!ヨッシャあ!!
 しかし、場面は8回表、一死一、三塁のピンチで、バッターは川崎宗則選手(27)。一瞬、テレビを消して無かったことにしようかと思ったが、初球を叩いた打球は浅いレフトフライに終ってひと安心。次のオーティズには初回に先制二塁打を許していたのでハラハラしながら見守ったが、フルカウントからフォークで空振りの三振に仕留めてピンチを切り抜けた。ああっ、疲れる、ツカレル。
 まあ、なんとか勝ったので良しとしよう。岩隈投手も今シーズン初の完投ができたし。
 しかし、最近の8試合で勝ったのは岩隈投手(2勝:土曜、土曜)と田中投手(1勝:水曜)だけ、というのはあまりにも情けない。シッカリしろ、イーグルス!
 貯金はそれでも6つもあるが、佐藤義則投手コーチは何をやっているのだ。サッパリ底上げになっていないぞ。

とうとう地が出たか

 とうとう以前に戻ってしまった。岩隈久志投手と田中将大投手でしか勝てないイーグルスに。ああっ、こうなると全然応援したくもなくなる。我ながら薄情だなと呆れてしまうが、でも、それが勝負の世界だろうし。強いモノがもてはやされて、弱いモノは忘れ去られる。非情な世界なのだ。ああっ、平凡な人生でよかった。

 イーグルスはもう持ちこたえられないだろうな、たぶん。
 ズルズルと、ズルズルと落ちていくんだろうな、おそらく。
 寂しいけれど、勝てないチームはキライだ。と言うか好きになれない、ゴメンね。

 明日からは7連勝中のベガルタ仙台の応援だな。めざせ8連勝!

迷惑なモノ=反抗期のガキ

 ナミヘイが修学旅行から帰ってきた。面白そうな失敗談でも聞かせてもらおうと夕飯のときに尋ねたら、早速、仏頂面でケンカ腰だ。ああっ、ヤダヤダ。私とナミヘイの口論にリョウヘイが加わって、さらに火に油を注ぎ、今度はリョウヘイとナミヘイのすごい言い合いになる。
 せっかく妻が美味しいお刺身をいろいろ用意して手巻き寿司パーティを始めようとしたのに。あっ、妻が涙目になっている、と思ったが、コッチも頭に来てテーブルを強く叩いた。すると今度は妻が切れて「大きな音は出さないでっていつも言っているでしょ!やめてよ!私、だいっキライなんだから!」と騒ぎだし、その間にナミヘイは軽蔑するような目つきで家族をにらむと夕飯もそこそこにプイっと席を立ち、二階に上がっていってしまった。ああっ、これだもの。まったく反抗期のガキぐらい扱いづらいモノはないな。
 そんな態度に腹を立てた私はナミヘイの後ろ姿に向かって「おまえなあ、何様のつもりだ。修学旅行の旅費を出してもらった親に対して、よくもそんな態度が取れるな。イヤならいいんだぞ、サッサと家から出て行け。ただし、その前に修学旅行の旅費は返せよ。6万7千円だぞー。」
 せっかくの美味しいお刺身を前にして殺伐とした食卓になってしまったのは、エッ、私のせい?妻がこわい顔をしてにらんでいた。

 ああっ、21回目の結婚記念日の夜はこうして虚しく過ぎていったのだった。
 イーグルスも簡単に負けちゃうし。今日は厄日だな。

 せっかく、買ってきた「カウベル」の「塩キャラメルロール」はブスッとした顔の妻と二人で食べた。その後、風呂に入りに降りてきたリョウヘイは食べたが、さらにその後に降りてきたナミヘイはケーキは食べずに、残っていた刺身を酢飯で全部食べてから風呂に入ってサッサと二階に上がっていった。ああっ、一家バラバラって感じ。どこに「和気藹々」があるんだ!バカヤロウ。

和気藹々?

 我が家のトイレには四文字熟語の日めくりがある。ウチの息子たちが極度の「ボキャ・ヒン」なのを嘆いた妻が数年前から毎年かかげているのだ。息子たちの部屋がある2階のトイレにも違う種類の日めくりがあるのだが、2階のはサッパリめくられておらず3月28日のままになっていたので、何気なくめくってみたら出てきた言葉が「和気藹々」。「わきあいあい」と言う言葉は知っていたが、こんな漢字を当てるとは知らなかった。
 この「藹々」の漢字の意味を調べてみると、「①草木が盛んに茂るさま。②おだやかなさま。」ということらしいのだが、人生長く生きているが、初めて見る漢字だった。「和気」という漢字が前になければ絶対読めない漢字だよなあ。でも、「和気藹々」って良い言葉だと思う。いつまでも残ってほしい言葉だと思うし、その雰囲気を維持できるような世の中であってほしいと思うけど、勝負の世界では禁句だね。

 今日負けるとこのままズルズル地獄まで堕ちそうなイヤな予感がしていたので、田中将大投手(20)がチームの連敗を2で止めてくれたことには大いに感謝したい。また田中投手自身の開幕からの連勝記録も5に伸びたので我がことのように嬉しいのだが、高須洋介選手(33)や鉄平選手(26)に続き、今日の試合では渡辺直人選手(28)までが長引きそうなケガをしてしまったので、そうそう喜んでばかりはいられないことになってしまった。選手層が非常に薄いイーグルスにとっては死活問題だ。
 新加入で地元出身の小坂誠選手(35)がタイムリーを打ったのは嬉しいが、その前後の打席ではヒットの予感がしなかった。むしろ聖澤諒選手(23)に可能性を感じたが、聖澤選手のような活きのいい選手が二軍からどんどん上がってこなくちゃイーグルスも苦しいだろう。一軍選手のケガは二軍選手のチャンスなんだから、もっとどん欲にがんばろうぜ。

因果応報?

 修学旅行に出発するナミヘイの早起きに付き合わされて5時半から起きてしまい、今日は一日中眠かった。会議になるとアクビを連発していたような気がする。
 アクビをしながら、何だかんだと言いながら楽しそうに旅行の準備をするナミヘイのことを思い出して本気で羨ましいと思ったが、ひょっとすると私が修学旅行をしていたときはオヤジ(じいちゃん)が私のことをうらやましがっていたかもしれないな。するとあと30年も経つと今度はナミヘイが自分の子どもの修学旅行をうらやむ番かもしれない。はははっ、そりゃあ可笑しいや。

可愛い子には旅をさせろ、って

 明日からナミヘイは東京方面へ2泊3日の修学旅行に出かける。こんなに交通が発達した現代でも仙台の中学生は東京止まりかと呆れたが、アンケートをとったら東京を希望する保護者が多かったそうだ(ホントかな?それとも旅費を払えない保護者が増えたのか?)。
 ところで、今どきの修学旅行はグループ行動が中心らしく、ナミヘイも5人で東京のあちこちを見て回るらしいのだが、ナミヘイが班長だと知って驚いた。ホントにおまえで大丈夫なのか?
 ナミヘイは恐ろしいほどの方向音痴だ。仙台駅そばの常盤木学園で模試を受けたあと、仙台駅まで歩いてきて仙台駅前からウチの団地行きのバスに乗るという至極簡単なこともスムーズにはできなかった。だって、仙台駅東口に到着してから仙台駅構内を通って仙台駅西口のバス停にたどり着くまでに30分かかった、と言うんだから呆れてしまう。普通に歩けば5分とかからないところを地図まで持たせたのに、何処をどう歩いたら30分もかかるのか?不思議で仕方ないのだが、そんなヤツにグループの引率が勤まるのか??
 さらに恐ろしいのは、1日目の夕方の集合場所が日本一の乗降客を記録するあの新宿駅だというのだ。大人でも乗り継ぎに迷う新宿駅構内を、都営新宿線から集合場所のJR新宿駅「新南口」前まで無事にたどり着けるのだろうか???

 かなり不安になったので、昨日の夜は、ネットであちこち検索しながら目的地から次の目的地までの経路や乗り継ぎ駅での乗り継ぎ方法、プラットフォームにおける上り線下り線の確認の仕方などをマンツーマンで指導していたのでブログを書く時間がなかったのだが、しかし、それでも心配だなあ。ナミヘイがどうなろうと、まあそれは仕方がないと思っているが、同行する友達に迷惑をかけるのだけが申し訳ないと思うのだ。
 しかし、ナミヘイに言わせると、一緒にいく連中の中でキチンと計画を立てて行動できるヤツなんていないから誰がやっても同じだ、というのだが、でも、そういう問題じゃないと思うのだが。
 先生はウチのナミヘイがグループでは親分肌であることを見込んで班長に指名したのだろうが、それは思い違いと言うもので、仕切り屋なだけで計画性など欠片もないヤツなんだが。ホントに大丈夫なんだろうか。不安だ。心配だ。恐ろしいくらいだ。

 明日は仙台駅の3階、新幹線乗り場前に7時集合だから、朝は車で送ってほしいという。あのねえ、バスの始発は6時8分だから、それに乗ればゆうゆう間に合うし、次の6時28分でもギリギリ間に合うかなと教えてやったら、エッ、バスに乗っても間に合うの?と聞いてくるではないか。ああっ、情けないなあ。そのくらい、ちゃんと調べておけよな。だから、心配なんだってば。
 イヤ、その前に、自分で起きてこられるかが、まずは大きな問題だな。

サンパツ・5安打

 妻をスポーツクラブに送りがてら床屋に行ってきた。散髪が終って店を出ると、きれいな青空が広がっていて、とっても気持ちが良かったが、いつもの床屋の入り口に真新しい「自動券売機」がデ~ンと鎮座していたのがチョット残念だった。
 好みのコースの料金を投入してボタンを押し、出てきたチケットを持って順番を待つ、という仕組みに代えたようだが、なんでこんな味気ないことをするのか?私にはまったく理解できない。
 次々客が来て対応に追われる店でもないのだから、料金の受け渡しの時ぐらいニッコリ笑って対応したらいいのに。やめようよ、こんな味気ないこと。

 さて、今日のイーグルスだが、岩隈久志投手が先発なので何としても勝ってもらわなければならなかったので、昼を食べてから、またまたセッセと庭の手入れに精を出した。3時半までがんばってからネット中継を見ると1対1で、かつ二死ながら3塁にランナーを置いて岩隈投手のピンチだった。が、ここを三振で切り抜けると次の回にイーグルス打線が爆発し、好投を続けていたマリーンズの小野晋吾投手(34)から4点を奪い試合を決定付けた。ああっ、良かった。是非明日も勝ってカード勝ち越しを「5」に伸ばしてもらいたい。
 そしてベガルタもカターレ富山に勝って、こちらの連勝記録も「7」に伸ばしてもらいたい。 

最近借りた本

「さらばヤンキース」ジョー・トーリ(09.04) かなり好意的に書いている。半分ぐらいは割り引いて読むべきだろう。
「日台の架け橋・百年ダムを造った男」斎藤充功(09.04) 日本統治時代に日本人技師らが建造した巨大ダムがいまでも現役で台湾の農業を支えていることに驚きを覚える。
「シモネッタの本能三昧イタリア紀行」田丸公美子(09.03) 確かにくだらない話が続く。私がこの人の息子だったら、母親をひどく軽蔑するだろう。
「サッカーという名の戦争」平田竹男(09.03) 近年の日本サッカー界の躍進をなんでも自分の手柄に結びつけているようで読後感は良くない。
「ペン画のすすめ」師岡正典(09.02) さもない風景がペン画だと味わいのある絵に変わるから不思議だ。
「Google Earthでみる地球の歴史」後藤和久(08.10)
「40歳からの肉体改造」有吉与志恵(08.06) コンディションを整えるには、というお話。
「デカい女」オオタスセリ(07.05) お笑い芸人だが文章がお上手。でも「芸人」という世界の凄まじさは、どうも好きになれない。寒々としてくる。

 今日も真面目に働かなかったので、イーグルスは負けてしまった。やっぱり、“労働の神様”は見ているんだな。明日は心を入れ替えて、家事に専念しよう。

久しぶりの出勤

 久しぶりのデスクワークは、思いの外、疲れた。一日が長かった。
 身体や気持ちが“休日モード”から抜け切れていない証拠だ。
 5日休んだ程度でこれだから、今年のGW最長と言われる16日間の休みを取っていたら(取るわけはないんだが)、一体どうなっていたことか?管理職のクセに、会社に行きたくない症候群、俗に言う「五月病」にかかっていたかもしれない。
 「働きアリ」には、長すぎる休暇は「クスリ」ではなくて「ドク」だわ、やっぱり。

 なんの脈略もないが、3人組の音楽グループ「いきものがかり」のメインボーカルの女性を見るたびに、宮崎駿監督の映画に出てくる目と目の間が広い女の子(例えば「トトロ」のメイちゃん)を思い出してしまうのだが、そう思うのは私だけか?

 「sakura」もいい曲だね。おじさんでも、そう思います。

  

思いは通じる、ハズ?

 連休の最終日は早起きをして朝飯前から庭の雑草取りに精を出した。この苦労がイーグルスの試合に好結果をもたらすことを信じて、朝食後も黙々と草取りを続けた。
 その甲斐あってか、草ボウボウの庭はきれいになり、イーグルスはまた今日も勝つことができた。これもひとえに“労働の神様”のおかげです。本当にありがとうございました。これからも真面目に仕事と家事に励みますので、イーグルスの面倒をよくよくみて下さい。よろしくお願いします。

 できれば対戦カードの勝ち越し(2勝1敗のペース)を当分続けていただき、夏場の“万が一の失速”にも対応できるよう心配(こころくば)りしていただければ幸いです。いろいろお願いして恐縮ですが、新型インフルエンザの蔓延防止ともども、イーグルスの連敗防止にも特段の御配慮をお願いしつつ、本日はこの辺で失礼させていただきます。神様もどうかお身体をお大事に。それではさようなら。

 追伸
・ヒットは出ているが、中村紀洋選手からホームランはもう出ないのだろうか?
・高須洋介選手(33)のケガは大丈夫か?鉄平選手(27)のめまいによる交代は接触事故の後遺症か?はっきりさせてほしい。「好事魔多し」なんてイヤな言葉が頭を過(よ)ぎる。

今日は中華!

 和→洋と来たら、やはり次は中華だろう、ということで、今日は中山の坂の途中にある「中華れすとらん とらの子」に行ってきた。評判だけは聞いていたが入るのは初めてで、義母を含め5人で全員違うモノを注文し、それぞれ味見をしてみた。どれも盛りが良く美味しかったが、私の頼んだ「回鍋肉定食」1,050円がコストパフォーマンスが一番良いように思えた。
 店一番人気の「酢辣湯麺」は何か普通とは変わった味付けで、我が家の評価はイマイチでしたな。ナミヘイが注文した「エビチリ定食」はエビが20匹ぐらい入っていて食べ応えがありゴハンが進んだが1,470円だからね、美味しくなくちゃ。「ピリ辛天丼」のエビもビックだった。ああっ、食べた、食べた。
 と、満腹感に浸りながら観音様のところにある「ペットエコ」に寄って帰ろうと中山の坂を登り切ったら、妻が携帯電話を入れた上着を店に忘れてきたかも!と叫ぶので慌ててUターンして中山の坂を下りた。忘れ物は無事に戻ったが、もう一度あの坂を登る気力を無くしてしまい、大人しく家に帰った。

 午後は腹ごなしを兼ねて、家のまわりの落ち葉や枯れた花びらを掃き集めながら、今日のイーグルス対ライオンズの5回戦を想像してみた。想像すればするほど悪い結果しか思い浮かばず、なかなか家に入る気になれなくて、ずるずる庭掃除を続けたが、2時半にもなったので覚悟を決めて家に入り恐る恐るネット中継をつないでみたら、ナ、ナント!2対1でイーグルスが勝っているではないか!
 ヨシ、これは応援せねばならんと、そこから一生懸命念力を送ったところ、昨日の大ブレーキだった中村紀洋選手がタイムリーを放ち、セギノールにも久しぶりに3号ホームランが出て、初登板の井坂亮平投手(25)をもり立てた。一度アブナイ場面もあったが、なんとか井坂投手が切り抜けてライオンズを下すことができた。これで今日も首位をキープだぜい!

 ベガルタも逆転で勝ち点3をゲットして連勝を「6」に伸ばした。ヨシヨシ、3位をキープしたぞ。1位の湘南ベルマーレと2位のセレッソ大阪が負けない以上、ベガルタだって負けるわけにはいかんのだ。ガンバレ!ベガルタ!期待しているぞ。

 追伸
 今日は「こどもの日」だったので柏餅を食べて菖蒲湯にも入ったが、鯉のぼりは50cmサイズで勘弁してもらった。

外食三昧で

 今回の連休は遠出をしないことにして、その代わり毎日外食することにした(ホント?)。昨日は長町で蕎麦を食べたので、今日はイタリア料理だ!ということで、行ってきました仙台泉ICそばの「DONO DONO」
 休日セットで1,380円もするが、大盛りもOKで美味しいパスタをお腹いっぱい食べられて満足。家族4人で4種類食べたが、私が注文したペスカトーレが一番美味かったな。

 帰りに、ナミヘイが最近気に入っているボールペンの色違いを買い増したいというので、文具の種類が豊富だと聞いていた近くの「ホームセンタームサシ」に寄ってみたが、確かにいろいろな画材や文具類が揃っていて見ているだけでも楽しかった。ココは照明器具類も豊富で、品数はたぶん仙台一だと思う。去年、和室の照明を選ぶときに重宝した。

 その後、イオン大沢店にも寄ったが、初めて入ったナミヘイはその広さに驚き、なんで泉中央にイトーヨーカドーやセルバがあり、ちょっと先の富谷にも大きなイオンがあるのに、こんな近くにこんな大きなショッピングセンターを建てるのか?と素朴な疑問を口にしたが、まったく同感ですな。やりすぎだと思う。「過ぎたるは及ばざるがごとし」。行き過ぎた資本主義にバチが当らなければと思う。

 家に帰ってネットでイーグルスの試合を確認すると3対6でライオンズに負けていたが、7回表二死満塁で中村紀洋選手(36)に打席がまわり、ここで一発長打が出れば!と期待させたところまでは立派だったが、イーグルスを袖にした岸孝之投手(25)に敢えなく中飛に打ち取られ、ここで「The End」。
 あきらめて庭に出て昨日に続き草取りをした。今日は裏庭の草ぼうぼうのところに挑んだので、昨日以上に疲れた。汗だくになった。ビールの買い置きがなかったので生協まで走っていってキリンビールを買ってきた。気を使って、プリン体99%カットの「淡麗ダブル」にした。(^_^)

連休二日目

 J&Bと家族を乗せて、今日は太白区までドライブをしてきた。
 ザ・モール前の「母里(もり)」という蕎麦屋で美味しくソバをいただいてから、リョウヘイが通い出した大学をみんなで見学して八木山経由で帰ってきただけだが、まあ、ちょっとした遠足気分だった。
 ちなみに、青葉城址付近を通りかかったら仙台市内中心部から登ってくる反対車線がものすごい渋滞で、城址公園の駐車場に入れない車が車線を塞いで長い列を作り、それが広瀬川の大橋を過ぎるところまで続いていた。おおっ、これぞ日本のゴールデン・ウィークだ!と感激したが、でも反対車線はガラガラなのだから渋滞情報はカーナビやカーラジオからでもこまめに得ておくべきでしょうね。ドライバーの皆さんご苦労様です。

 途中、何十年ぶりかで仙台市野草園の入り口「茂ヶ崎」まで行ってみたが、野草園入り口の管理棟もバスの方向転換場もきれいに整備されていて、隔世の感があった。おおっ、これがアノのどかだった野草園なのか!高校時代、あちこちの女子高の美術部とココで「交換会(=写生会)」をやったんだ。スケッチもそこそこに弁当を一緒に食べて、食後は広場で「花いちもんめ」や「鬼ごっこ」をやって遊んだっけなあ。まあ、ほのぼのとした時代でしたな。

 イーグルスが終盤になってオリックスの勝ち頭、岸田護投手(28)を打ち崩して逆転し、球団史上初の貯金7としたことを小躍りして喜んでいたら、背後から妻の冷たい視線を感じたので、庭に出て伸び放題になっていた雑草取りを始めた。小1時間ほどやったら汗もかき股関節も腰も指先も痛くなったので、そのへんでやめて、手を洗ってそそくさと冷蔵庫から冷えた缶ビールを取りだして、グビグビ飲んだら美味かった。労働の後のビールは、ホントに美味しいなあ。

ボタンとフジ

 我が家のボタンが二年ぶりにきれいな花を咲かせました。
 そのボタンの頭上には、今年もたくさんのフジの花がワイルドに咲いています。
09年のボタン    09年のフジ

 穏やかな5連休の初日でした。縁側で飼っていたカメ(の水槽)を外に出したらカメも石の上に上がって甲羅干しをはじめ気持ちが良さそうでした。イーグルスは4連勝で首位を守り、ベガルタは5連勝で昇格圏内の3位に浮上し、何よりでした。

 汚れていた台所のロールカーテンを引き出して、汚れの目立つ下の方をカットしたら、あららっ、新品同様(^_^)に蘇りました。嬉しくなりました。ついでに、前から気になっていた居間の絨毯のズレもようやく直すことができました。ああっ、良い休日でした。

連休の谷間

 昨日の夜は職場の同じ部内で仕事をしている各課の補佐連中14人の酒飲みだった。上司の課長たちが連休休みを取っている関係で、補佐連中は休めないのだった。腹いせか、上司の悪口が次々飛び出し、それはそれで面白かった。が、またまた悪酔いしてしまい、昨日はブログを更新する気力が出ず、連続記録の更新ならず。残念。

 さて、今日も連休の谷間なので普通なら出勤者は少ないのだが、新型インフルエンザの対応で総務課の連中や各課の庶務担当者が出てきていた。ご苦労なことである。これで横浜の感染被疑者の学生が陽性反応だったら、明日からの5連休がなくなる者も結構いただろうから陰性反応で何よりだったね。
 しかし、せっかくの稼ぎ時の連休がコレで台無しだ。どうせなら連休後に発生してくれれば良かったのに。景気は冷え込むばかりだぞ。オイ、責任者出てこい!まあ、世界的な流行にならないよう祈るばかりです。
 トリの次がブタなら、その次は何だろう?人間に近いところにいる家禽だとすれば、次はウシか、ウマか?タヌキ、キツネ??ネコ、イヌ???

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。