スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009我が家の十大ニュース

 2009年も暮れようとしていますが、今年の我が家の十大ニュースは.....

・リョウヘイ、大学に合格ス 
 何と言っても今年は“コレ”です。コレしかありません。おバカで無気力な息子なので本来ならば大学に行くこと自体が間違いですが、こんな(バカで無気力な)状態で社会に出したら、かえって世の中が迷惑だろうと大学受験を進めました。しかし、根がバカなため受験にはコトゴトク失敗し浪人を覚悟した3月になってナンとか、とある大学に拾ってもらいました。妻は安堵したようですが、果たしてそれが良かったのかどうか。私には判断が付きかねます。まあ本人は講義が面白いと言って毎日学校に通っているのでとりあえずは良かったのでしょうが、3年後がさらに心配です。家と学校の往復ばかりで休日は部屋から一歩も出ないような学生生活の何が楽しいのでしょうか?私には理解不能です。

・トンデモナイ上司に仕え、心身共に著しく疲弊ス、白髪増える 
 これまで何人も部下を精神的に痛めつけ病院送りにしているという上司が4月にやってきてウワサに違わぬ暴君ぶりを発揮し、職場は「病院送り一歩手前」という状態になってしまいました。誰か、呪い殺す方法を教えて下さい!

・ナミヘイとKスタ観戦中、リンデン選手がスタンドに投げ込んだ3アウトボールを見事にキャッチす!
 トタンにどうでもいい話になっていきますが、球場で試合球をゲットする!ってとってもうれしいコトなんです。感激です。そのうち優勝を決めるような大事な試合のサヨナラホームランボールをゲットしたい!それが望みですな。サッカー観戦も面白いですがボールはくれませんモンね。
  
・CS(クライマックスシリーズ)をKスタで初観戦ス。野村監督最後の地元試合
 課長から執拗な攻撃を受けて沈みがちなT係長を励まそうと一緒にKスタに見に行ったら、その試合で第一ステージ突破を決め野村監督最後のあいさつを聞くことが出来た。印象に残る試合となりました。
 
・リョウヘイ、年に3回も警官に職務質問を受ける 
 よっぽど目つきが悪いのか、自転車で大学に通い出した4月から11月までの間に仙台駅前周辺でナンと3回も警官に呼び止められたというから情けない。もう少し胸を張って生きろよ。“好青年”らしさを醸し出してみろよ、リョウヘイ。 

・愛車ホンダ・オデッセイ,15年目に向かって走る。スタッドレスタイヤは新品にス 
 エコ減税や補助金があるんだから買い換えようかと色々クルマを物色してみたが、どうもほしいクルマがない。いま乗っている初代オデッセイに優るクルマがないんだなあ。

・庭の芝生の手入れを放棄ス
 ネコの額ほどの小さな庭の芝生だが、その手入れがだんだん面倒になり、8年目にしてとうとう放棄してしまった。芝生も雑草も伸びればいっしょに芝刈り機で刈って済ませてしまうようになった。ああっ、堕落であるな。

・メダカがたくさん卵を産む、それを無事に孵す
 表題そのままです。60匹ぐらいが孵ったでしょうか。外で飼っているので寒さに耐えられず弱ってしまう子メダカがいるのですが、それはポリプテルスの生き餌になるのでした。合掌。

・図書館から借りた本198冊になる。購入本は20冊 
 今年は新聞や雑誌の書評を参考にばんばんネット予約した結果、ちょっと借りすぎました。4分の1は好きになれない本で最後まで読み切れませんでした、反省。やっぱり本はページをめくって借りるべきですな。
 今年のマイ・ベストは、梨木香歩の「村田エフェンディ滞土録」でしょうか。また、今年は垣根涼介という作家を知ったのも収穫でした。探せば面白い本はまだまだありそうで嬉しくなりますが、でも、どうしたら巡り会えるでしょうか。それを考えるとチョット焦ります。偶然に頼る以外の効率的な良い方法はないモノでしょうか?

・番外編、ジジババに37型液晶ハイビジョンテレビを買ってあげる
 というのはウソで選んであげただけでした。でも、ハイビジョンはきれいだなあ。クルマはやめてテレビを買い換えようか。
スポンサーサイト

あと一日

 今年も明日でお終い。朝はとっても寒かったが、昼は陽も差して少し暖かくなった。
 今日は、熱帯魚と金魚の水槽掃除をして、家の掃除も手伝いながら正月飾りの飾り付けをしつつ、残りの年賀状を“今ごろ”書いていた。人生始まって以来の“最遅筆記録”です。まあ、ドンマイ、ドンマイ。こういうときもあるサ。

 今は、明日発表する(ちょっと大げさ!)「我が家の十大ニュース」の候補をリストアップしているのだが、今年はあまり思い浮かばず10も集まるのかチョット心配。
 今年はそんなに“平和”だったか? これを平和といっていいんだろうか??

年賀ハガキ

 年末休みの一日目。午前中は泉中央のスポーツクラブに行ってきた。ストレッチを10分、アスレチック用具で20分、クロスバイクで30分走ってからサウナで10分、風呂に10分、マッサージチェアで10分のいつものコースで今年の運動納めをした。右肩を痛めてから腕力が極端に落ちてガッカリだ。地道に体力づくりをしなくてはね。

 午後は、天皇杯サッカー選手権の準決勝2試合を、パソコンで年賀ハガキを作りながら、続けて見ていた。エスパルスとグランパスエイトの試合は攻守が目まぐるしく入れ替わる面白い試合だった。エスパルスが優勢に試合を進めていたのにPK戦で敗れるとは誠に残念なことであった。ベガルタは案の定、ガンバに敗れたが、まあ1点は取ったので来年に繋がる試合だったな、と思うことにしよう。ホームでは負けないからな!

 例年ならとっくに出している年賀ハガキが全然進まないのは、きっと職場のことを考えてしまうからだ。いつも150枚ぐらい出すハガキのうち100枚は職場関係者だからな。課長に出そうか出すまいかを考えてしまうと、どうしてもペン(キー)が進まない。ああっ、憂鬱だなあ。

 映画「容疑者Xの献身」は重い内容で、年末には見たくなかったな。気分が落ち込むぞ。

大掃除・序章

 今日は一日中暖かく、からだを動かすには打ってつけの日和だった。
 と言うわけで、妻からは家中の窓ふきを命じられた。エッーまだ休みに入ってないよぉーと抗議したが、ムダだった。ああっ疲れた。まだ年賀ハガキも書き終わっていないのに。
 休みに入ったリョウヘイには風呂掃除が命じられたが、いつもの調子で詰めが甘く、あちこちに手抜きの跡が残り、その適当な仕事ぶりに妻は怒っていた。単純な掃除ですらキチンとやれないヤツが、あと3年でまともな社会人になれるのだろうか?まッ無理だな。
 冬休み中のナミヘイは学習塾の冬期講習に通っているが、朝、頭痛がひどくて起きられず、鎮痛剤を飲んで昼まで寝て、昼食を食べてから午後の部を受けに出かけていった。ご苦労なことだが、やるべきときにやらんとな。

 夕方、年末年始に読む本を確保するため、泉図書館に行ってきた。今日で最後のせいか館内は結構混んでいた。みんな考えることは同じだね。

22年度政府予算案について

 民主党政権になって初の政府予算が25日に公表されたが、平成22年度予算は日本の将来に禍根を残す第一歩になるのではないかと不安になる。
 民主党が「生活重視」を謳うなら北欧諸国のように一人一人から応分の負担を求めなければやっていけないだろうに、それを今後4年間は消費税を上げないとまで宣言するのだから、まったくウソつきもいいところだと思う。そんなこと出来るわけがない。人気取り施策が国を滅ぼす典型を見せつけられているようで気分が悪い。民主党の幹部は何を考えているんだろう。日本の将来に誰も責任を持つ気がないのか。自民党に勝つことだけが目的の政党だったのかと怒りの言葉を投げつけたくなる。
 いま、一番大切なことは日々の暮らしから様々な不安を取り除くことだろう。そのためには、まず「雇用」を安定させることであり、月々1~2万円程度の支援で、誰が安心して消費行動を起こすというのだ、まったくナンセンスだ。
 それよりも、直接的に仕事をたくさん作り出すことが必要だろう。公共事業が悪政の代名詞となって久しいが、このような事態のときは赤字起債を発行してでも公共事業などの仕事を作り出す必要があるのではないかと考える。
 20年前のバブル崩壊のときは建設業界が雇用の受け皿になって日本経済を下支えしたのではなかったか。無駄なインフラ整備をする必要はないが、将来必ず役立つ物流コストの低減につながるインフラや情報インフラ、エネルギーインフラなどの整備には予算を割いて積極的に取組むべきだ。
 また、若い世代が安心して子どもを生み育てるための体制やインフラ整備も、日本の活力維持のためには欠かせないのだから、もっとまともな施策を展開させるべきだ。しっかりしろ!民主党。
 なお、高速道路の無料化は、残念ながら物流の低コスト化につながりません。かえって無用な渋滞を引き起こしています。高速道路は急ぐ用事がある者が応分の負担をして乗ればいいんだ。ヒマなヤツが乗るためにあるんじゃない。

クリスマスの贈り物

 クリスマスになると沖縄の姉貴から毎年チョット変わったプレゼントが届く。今年は、黒糖梅酒とハブ酒に、ミミガーのジャーキーと沖縄島豚のジャーキーという、お酒にオツマミまで付いた“飲んべえのお父さん”にはとってもうれしい贈り物だった。毎度毎度お気遣いいただき、ありがとうございます。寒い日には、お湯割りナンかでいただきたいと思います。
 ところで、一緒に届いた包丁を使わずにジャガイモやゴボウ、ニンジンの皮が剥けるグローブ「ムッキー」はどのような理由で贈っていただいたのでしょうか?妻の分ですか?それとも私にも家事をやれ!という無言の叱責なのでしょうか?う~ん、聞かないでおこう。

 なお、コチラから贈った「チョコ・フォンデュ」セットはお使いいただけたでしょうか?我が家では紅白歌合戦を聞きながらフォーク4本でつついて「チョコ・フォンデュ」を楽しむのが最近のお年越しとなっております。是非おためし下さい。

 さて、一日遅れの我が家のクリスマス会は今夜、無事に開催され、トリのモモ肉を食べ、スパークリングワインを飲んで、妻の手作りケーキも食べて、お腹いっぱいになって、酔っぱらって、一年の憂さを晴らすには、ちょうどいいパーティになりました。OH!余は満足じゃ。
 最後にプレゼント交換があり、妻にはお財布を贈り(注:妻が自分で選定)、妻からは派手なネクタイを贈られました。
 なお、妻は二人の息子にもパーカーと本をプレゼントしていたが、息子たちからは何もありませんでした。期待なんかしてないけどね。
 ちなみに、ナミヘイは塾の帰り道、泉中央のイトーヨーカドーで安いスリッパでも両親に買ってあげようかな、と一瞬思ったらしいが、すぐ面倒臭いやと思い直してやめてしまったそうだ。まあ、思っただけでも大学生のリョウヘイよりは数段マシだな。
 そう言えば、ナミヘイが小学生のとき、近くの生協で売っている二色ボールペンをプレゼントされたことがあった。百円のモノでもうれしかったなあ。

今夜はクリスマス・イブのハズなのに

 今夜は楽しい(美味しい)クリスマス・イブ。
 年に一度のパーティー・タイムだ!たくさん食べるぞお!と張り切って家に帰ったが、トリのモモ肉も、スパークリングワインも、ケーキもローソクもない、普通の「カツ丼」が待っていた。
 エッ?ナンで?と妻に尋ねると、ナンでってナミヘイがいないんだもん、クリマスの御馳走は明日よ、明日!と一蹴されてしまった。カツ丼自体は美味しくてナンの罪もないのだが、しかし、ナンというか、期待が高かった分だけ落ち込みも激しく、トタンにやる気をなくしてしまったので今夜はもう寝ます。お休みなさい。プレゼントはまた明日ということで。

 ちなみに、ナミヘイはかつて通っていた英語クラブのクリスマスパーティに招待されていないんだって。午後10時を過ぎても帰ってこないぞ。受験生のクセに、そんなことでいいのか!くっそおー、羨ましいぞ。

 ちなみに、カツ丼はリョウヘイが食いたいとリクエストしたらしい。しかしねえ、イブにカツ丼かい。センスを疑うぞ。

天皇誕生日にて

 源泉徴収の還付金が思いの外、多く戻ってきたので妻にクリスマスプレゼントでも買ってあげようと思った(まあ、珍しい)。妻に何が欲しい?と聞くと、この前から新しいお財布が欲しいって言ってたでしょ!と怒るので、日中、二人で仙台三越や藤崎方面に出かけてみた。
 一番町も中央通りもすごい人出で、ちょっとウンザリ。それに2万とか3万円とかする財布を見せられると、さらにげんなりだ。私も妻も根っからの“庶民”なので、そんなに高いモノはいらないよね、と言い合っていると、その隣で躊躇なく買い求める人たちもいたりするのだから、まあ世の中、あるところにはあるんだな。
 結局(予算の範囲内で)気に入ったモノはなく買うまでには至らなかったため、妻が明日、泉中央辺りで前から目をつけていた1万円前後のモノを探すことになった(ハイ、そうして下さい。私はもう結構です)。
 しかし、おかしなもので、以前なら1万円でも高いと思っていたハズなのに、2万、3万というモノを見せられると1万で気に入ったモノがあったら買いだな、と思えてくるから不思議だ(ひょっとして妻はその踏ん切りを付けるために三越に見に行ったのか???)。

 夜は、泉中央のJ&Bを誘って「クリスマス・イブ・イブ」をやってきた。
 最初は、イタリアンレストランにでも行こうかと、あちこち電話をしてみたが、いずこも予約でいっぱいです、とのツレナイ返事。仕方ないので和食まで範囲を広げて電話をしてみたが、今日の今日では個室の確保は難しく、では予約なしで早めに行って一般席を狙おうということにしてレストラン候補を考えていたら、リョウヘイとナミヘイの強い希望(わがまま)により、クリスマス・イブ・イブなのに「和食」になってしまった。ああっ“感じ”出ねえ。
 と、いうことで、仙台バイパス沿いの「かに政宗」に久しぶりに行ってきました。カニは美味しかったけどね。
 帰りにJ&Bのアパートに寄ってリョウヘイとナミヘイはお小遣いをもらい、我が家からはジジババに手袋と和菓子の詰合わせをプレゼントしたのでした。ハイ、お元気でね。

栄光の影

 テレビで野村克也イーグルス前監督の特集をやっていた。夕飯を食べながら見ていたら、突然、野村前監督はウチの課長にソックリだ、ということに気がついた。
 言うことは立派だ。外面(そとづら)も良い。成績も残している。でも、選手(部下)たちからは忌み嫌われている。この監督の、選手はオレの持ち駒だ、どう使おうとオレの勝手だ、と言わんばかりの采配を容認する選手はたぶん一人もいないだろう。
 テレビではこれでもか、というほど野村前監督の歩んできた道のりをヨイショしていたが、テレビがヨイショすればするほど、その栄光の影に隠された周りの迷惑や、使い捨てられた名もなき選手たちの怨念が見えてきて、気分が重くなった。
 確かに、人が良くていい成績が残せるか!と問われれば難しいだろうとは思うが、でも、部下を不幸にしてまで自分の成績を挙げたいのか!と言い返したくもなる。
 ああっ、ただただ平穏に仕事がしたいだけなのに、毎日が針のムシロだ。
 T係長、負けるなよ。ベガルタが付いているぞ。ビート!ザ・ガンバ!

年賀ハガキがつくれない

なかなか年賀ハガキづくりに取りかかれないでいる。
既存の年賀ハガキ作成ソフトはナンかつまらないし、さりとて自分でイラストを描こうとしても思うように筆が進まない。アイデアはわくのだが上手く描けなくて気持ちが途中で萎えてしまう。ああっ、もう21日か。

どうも私の描くイラストは幼くて、もうこの年になると人様に見せるのが恥ずかしい。年相応に落ち着いたイラストでも描きたいのだが、ペンを持つとどうしても“マンガ”になってしまうのだ。ああっ、自己嫌悪。

「タイガーマスク」と「フーテンの寅さん」と「タイガーウッズ」を組み合わせて描こうとしたが、タイガーウッズの似顔絵が難しく、またよく考えると誰も“旬な人物”や“メデタイ人物”でもないことに気付き、挫折。ため息しか出ませんな。

まあ、とりあえず、妻から頼まれた“無難な年賀ハガキ”でも作っておこう。

今夜のおかずはビーフシチューだった。寒い夜はシチューが美味しいです。

もういくつ寝ると

 日曜日の夜、「M-1」をテレビで見ながらYシャツにアイロンをかけた。全部で6枚。これで来年の“仕事始め”まで大丈夫だな。
 年末まで働く人には申し訳ないが、今年の私の出勤日はあと5日。とにかく5回職場に出れば年末年始の休みに突入だ。そう思うだけで無性にホッとするんだなあ、これが。

 今年は、偏執狂の課長が異動してきたせいで“大変な職場”になった。誰かが脱落するのではないかと課長補佐として非常に気を揉んだが、幸い部下の誰も医者の世話にはならず、とりあえずココまで来た。あとは年末年始で英気を養い“怒濤の第4四半期”をナンとか無事に乗り切ってもらいたい。私の願いはそれだけだ。

 午前中、スポーツクラブに行ってきた。ちょうど30分コースの「ボクササイズ」が始まるところだったので、ついフラフラとスタジオに入ってみたが、コレが大失敗。残り10分で足腰がフラフラになり、全然インストラクターのお兄さんの動きに付いていけなかった。目の前の白髪のオバサンにも負けた。全く情けない。疲れすぎて吐き気がした。

 遅いお昼は、昨日がピザだったので今日は和製ピザ「お好み焼き」を家のホットプレートで作って食べた。妻が手をかゆくしながらも山芋をたくさん擦ってくれたので、ふっくらと美味しいお好み焼きができた。

 夕方、J&Bのところに顔を出し、むき栗を食べながら世間話をしてきた。

PS:今年のM-1の「パンクブーブー」の優勝は、どちらかというと「NON STYLE」や「笑い飯」の最終決戦のネタが案外つまらなかったために、つまり“敵失”で転がり込んできた「タナボタ」という印象を受けた。「パンクブーブー」の最終ネタは以前「オンバト」でやったモノだったし。個人的には4位の「ナイツ」の話をもう一つ聞きたかった。

今シーズン一番の寒波

 大型の寒気団がシベリアから流れ込み、日本海側は記録的な大雪だという。仙台でも朝から雪がチラつき、積雪は1センチ程度だったが路面がガチガチに凍っていて、とても寒い一日だった。

 午前中はナミヘイを近くの医者に連れて行き、インフルエンザの予防注射を打ってきた。2500円也。来週、冬休みに入ると受験生には優先的に新型インフルエンザの予防注射を打ってもらえるそうだが、ナミヘイはすでに新型には罹患していたので季節性の予防注射を打ってもらった。医者からは、ほー、ナミヘイ君も高校受験かぁ、早いモンだなあ。受験、頑張れよと声を掛けられていた。この医者の腕前はイマイチだと疑っているが、こういう何気ない一言が患者にはうれしいのだろう、結構、流行っている。気持ち良くさせるって、どんな商売にも大切なんだね。

 昼は「ドミノ・ピザ」のLとMサイズを1枚ずつ注文して食べた。受け取りに行くと半額というサービス期間中だったので、雪が降る中、ワザワザ取りに行った。受け取って家に帰るまでの間、スパイスの利いたイイ匂いが車内に充満して食欲が猛烈に刺激された。が、義母も含めて5人で食べても3ピース残った。Lサイズはやっぱり大きいワ。

 午後は、めまいの妻がスポーツクラブのミストサウナとお風呂で血行を良くしたいというので送り迎えをした。妻が風呂につかっている間、クラブの駐車場にクルマを止めさせてもらい、私は泉図書館に行って、じっくり本選びをすることができた。1時間でも足りないくらいだったが、まあ満足。本選びにはやっぱり時間が必要だよね。

のんきな父と気丈な母と

 昨夜は仙台駅前のPARCOの9階で職場の忘年会だった。13人での飲み会だったが、料理もお酒もなかなか出てこない。半年前、同じPARCOの9階の別のお店で飲んだときもそうだった。どこも人件費をケチってバイトも少ないのだろうか。また、店員さんたちもあまり訓練されておらず要領が悪い人が多かった。いくら造りが洒落ている店でも基本的な対人サービスができない店には二度と行きたくありませんな。幹事は店の選定に十分気をつけるように。

 家に帰ると顔色の悪い妻がいた。久しぶりにめまいが起こり具合が悪いらしい。夕飯はリョウヘイが野菜煮込みスープを作ってくれたという。少し食べたがこれがまあ美味しいスープだった。人間ひとつぐらいは取り柄があるモノらしい。

 今日は午前中で会社を早退した。休日出勤の振替えが貯まっていたことと、急に午後の仕事がキャンセルになったので、せっかくだからと休んでみたが、家に帰ると具合の悪いハズの妻がいない。携帯にメールをするとナミヘイの中学校の学級懇談会に出ているという返信が返ってきた。ほほっ、受験生のためならば少々の体調不良はナンのソノ!といったところか。母は強し!アッパレである。
 私は、ダメである。

借りた本・買った本

●(毎度図書館から)借りた本
「水彩画 日本の風情を描く」貝川代三(09.11)
「日本の城郭 鑑賞のコツ65」中村均(09.06)
「知識ゼロからの日本絵画入門」安河内眞美(09.02)
「船に乗れ!①合奏と協奏」藤谷治(08.11) ダメだ。私にはつまらなくて読めない。まるで森見登美彦の「夜は短し歩けよ乙女」のようで、残念ながら私の肌には合わない。
「すぐわかる楽しい江戸の浮世絵」辻惟雄、朝野秀剛(08.09)
「南米取材放浪記 ラティーノ・ラティーノ!」垣根涼介(06.04)
「君たちに明日はない」垣根涼介(05.03)


●(久しぶりに)買った中古本  *105円/冊
「空想科学映画読本2」柳田理科雄(04.10)
「沖縄に恋する」西野浩史(04.04) 陽に焼けているのが残念。
「スカイ・クライシス」藤石金弥(02.03)

移籍

 2009年のワールドシリーズMVPの松井秀樹選手がニューヨーク・ヤンキースからロサンゼルス・エンゼルスへ移籍!という報道に対して色々な意見がネット上で飛び交っているが、私の第一印象も松井に「赤」は似合わないだろうな、というモノであった。
 スーツ姿しか見たことのない人の普段着姿は、何かとても違和感を覚えるモノで、それと似た感覚だと思うが、でも、やっぱり、「赤」はイヤだな。少し前からテレビCMで流れている赤いユニフォーム姿の松井選手は、全然似合っていなかった。エキシビションゲームでのお仕着せのユニフォームのようでダサかった。
 ただ、ヒザに爆弾を抱える松井選手には暖かい土地は“ウェルカム”なのだろうが、でも守備に付きたいから移籍したという理由はホントなのだろうか?打つだけで何が不満なのか?門外漢には分からないが、その選択が正しくて松井選手の選手寿命が1年でも長く延びれば良いと思う。新天地でも頑張ってもらい日本人に“勇気と希望”を与え続けてもらいたい。

「ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム」こんなチーム

私を忘年会から連れ出して!

 今夜は今シーズン二回目の忘年会だった。が、大嫌いな課長がメインの職場の飲み会だったので一刻も早くその場から逃げ出したかった。一緒に飲んでいた係長連中も思いは同じだったのだろう。お開きとなり、課長が店の主人と話しているスキに全員が店から逃げ出していた。その逃げ足の速いこと!
 私も一刻も早く家に帰って、映画「私をスキーに連れてって!」(87')をBSで見たかった(=DVDに録っておきたかった)ので、捕まってなるモノかと負けじと駆け出した。おかげで9時ギリギリに家に帰り着くことができて楽しくBSを見ることができた(と言うか見ながらブログを書いているところですが)。
 うん、そうそう。当時はネコも杓子もスキー!スキー!スキー!だったよねえ。懐かしいなあ。残念ながら、もう我が家にはスキー板もなくなってしまったけれど。

 

寒い休日

 今日は久しぶりに寒い一日だった。午前中は泉中央のスポーツクラブに行ってきた。やっぱり、腕の筋力がなくて初心者用に設定されている15kgを20回上げるのが精一杯。情けないが、これが今の実力。地道に体力づくりに取組みます、ハイ。

 そろそろ年賀ハガキづくりに取りかからなければならないが、なんかやる気が起きず午後は新聞や本を読んで過ごした。夕方、居間のサッシのカギが壊れたので取り替えてほしい、という妻からのリクエストに応えて、北環状線沿いの「ホーマック」に行って交換用のカギを買ってきた。古いのを外すと中の板バネが折れていた。
 ちなみに、ホーマックの店内の床は良く磨かれていて滑るので、朝のスポーツニュースで見たスピードスケートの真似事をしたくなったが、さすがこのトシでやったら情けないかと思い自嘲した。大人になった。

 ふだんはコンタクトレンズを使用しているナミヘイだが、手持ちのメガネを乱暴に扱いツルの部分を折ってしまったので、万が一を考えて(受験生だから)新しいメガネを買いにも出かけた。すぐには出来ず明日、妻が取りに行くことになったが、3千円でメガネができると聞いて驚いた。価格破壊もやりすぎではないか。
 なお、ナミヘイは視力が悪すぎてレンズをワンランク上げなければならなかったが、それでも8千円。私の5万円を越えるメガネはいったいナンなのか、と考えさせられた。

ベスト4

 久しぶりにテレビのサッカー中継を見て興奮しましたな。
 試合前半の押せ押せの展開から1点を先制するも、この調子では後半バテるのではないかと危惧していたら、案の定、後半は押されっぱなし。“虎の子の1点”を守りきれずに終了間際、同点に追いつかれたときは“自力の差”から負けを覚悟したが、延長戦に入ると少しずつ五分の展開に持ち込み、というか相手チームの運動量も落ちて結果として五分の展開になったようだったが、そうなると圧倒的な応援に後押しされたホームチームが有利となるのか、延長後半3分に追加点を上げ、今度はそれを全員で守り切って、初のベスト4に勝ち名乗りを上げたのであった。ああっ、見ているだけでも疲れたぞ。
 しかし、これで楽しみが29日まで伸びたので非常にうれしい。この調子でガンバ大阪にも一泡吹かせてほしい。

 今日は泉中央のJ&Bのところで、ナマ歓声を遠くに聞きながら、きれいで大きな液晶ハイビジョンで観戦していたのだが、横に長い液晶テレビは見やすくていいわ。ウチでも買おうかな。

忘年会第一号

 二週間続いた忙しさも一段落して今夜は「ハナ金」。
 と言うことで今シーズン第一号の忘年会があった。
 集まったのは我が社内の東北学院大学OBの連中で、今夜は60人も集まった。
 が、それでも名簿の1割にも満たない数らしく、知り合いの幹事に聞いたら、我が社の社員の15%は東北学院大学卒だというから驚いた。出世頭は我が社のナンバー3で、次いで8人いる本社の部長職のうち2人が学院OBということも教わり、またまた驚いた。
 へえ~、あの部長が先輩なんだァ、とこのトシになって驚くぐらい、同窓会なんて言うモノには出たことがなかったが、今回は隣の課の課長が幹事の一人で、顔を合わせるたびに出ろよ出ろよと何度も進められたので出てみたのだが、案外面白かった。
 ちなみに、今年は学院大学開学125周年記念ということで寄付金込みの会費として7千円も取られたが、先輩連中にしこたま酒を進められ、しこたま酔っぱらってヘロヘロとなったので、元は取ったか(?)。
 と、いうことで今夜はこれまで。

赤星憲広選手

 阪神タイガースの不動の一番バッター、赤星憲広選手(33)が「中心性脊髄(せきずい)損傷」というプロ野球選手としては致命的なケガのために現役引退を余儀なくされた、という話には同情を禁じ得ない。肉体的にはまだまだやれるハズなのに、試合中の果敢なプレーが災いしてケガを負い、そのために現役を引退しなければならなくなるなんて。非常に残酷な話だと思う。プロの世界とは、そんなに厳しいギリギリの世界なんだなと改めて思い知らされたニュースだった。
 だから、イーグルスの鉄平選手(27)が年俸更改で1億円プレーヤーとなったというニュースには素直におめでとうと言いたい。今年あなたはよく頑張ったよ。ケガなどせずに来年も活躍して是非チームを再びCS(クライマックスシリーズ)に導いてもらいたい。一日でも長く野球を楽しませてもらいたい。でも、年俸が倍増したのだから1.5倍は活躍してもらいたい。それができなければ罵声を浴びる覚悟をしてもらいたい。
 ファン心理なんて勝手なモノだな、とつくづく思う。

次の日

 一日遅れで妻手作りの「誕生祝いのホールケーキ」を食べた。シフォンケーキの真ん中の空間にフルーツがたっぷりと詰め込まれていて、そこにホイップクリームがこれまた、たっぷりと塗られていたのだが、食べると案外あっさりしていて、夕食後、家族4人で全部一度に食べてしまった。ああっ、美味しかった。

 仙台は今夜もナマ暖かかった。これではとてもスキーなんて出来そうにないな。白石の「えぼしスキー場」は今年も雪のないスキー場開きだったそうだが、今年はいつにも増して、全く雪の気配さえ感じられない状態なのだそうだ。
 これは二酸化炭素問題と言うよりも地球全体が温暖期に向かっているせいではないかと思うのだが、どこまで気温は上がるのだろう。西日本は亜熱帯に区分されるのではないかしら。マラリアなんかの熱帯性の病気にも注意しなければならなくなるかも。トリインフルエンザも要警戒だな。
 まあ、世の中はいずれにせよ、どこかに向かって動いていくのだろうが、できれば楽しい方へ、楽な方へ、動いてくれるといいんだがな。

Birthday

 今日は年に1度の私の誕生日だったが、先週から土日を挟んで、ずーっと遅くまで仕事をさせられていたので、たぶん今日も遅いから特に誕生日の用意はいいよ、と言って家を出てきたのに今日はサクサクと仕事が片づいて、課長から「今日は帰ってもいいぞ。」のお達しが出たのが、ナンと午後6時。
 エッ!こんなに早く帰っていいの?と思わず聞き返したくなるような時間だったが、とにかくこの瞬間を逃すな、という本能の呼びかけに反応し、じゃあ、お先しま~す!と言って“いの一番”に職場を飛び出した。

 7時前を家に帰ると、妻が、エッー、聞いてないようー、ナンでこんなに早いのよー、ナンにも用意していないようーと騒ぎ出したが、予定していた手作りハンバーグを少し変更してもらい、大きな皿によそったゴハンの上にハンバーグと目玉焼きを乗せた「ロコモコ料理」での誕生会となった。普段の夕食よりも質素となったが、まあ、それでもメデタイので、500円の赤ワインで乾杯して、不景気な時代にマッチした誕生会となりました。ケーキもホールではなくショートケーキでしたが、えー、それで十分です。美味しかったです。

 今夜はYouTubeでこんなものを見つけて聞いていました。
 映画「人間の証明」(77)の主題歌です。
【メモ】
 映画公開時に用いられた有名な台詞「母さん、僕のあの帽子どうしたでせうね ええ、夏、碓氷峠から霧積へ行くみちで 渓谷へ落としたあの麦藁帽ですよ…」は西條八十の詩がオリジナルであり、劇中でも語られている。ジョー山中が歌う「人間の証明」のテーマソング(『Mama, Do you remenber・・・』と歌詞は西條八十の詩を英訳した物)もヒットし、ベストテン入りも果たしている。 *Wikipediaより。

百年後の月

 おとといの月は満月だったなと思いながら、今日は少し欠けた月を見上げて夜道を家に帰った。冬の夜空は空気が澄んでいるせいか、月がとってもきれいに見える。
 昔々の人たちも夜空にぽっかり浮かぶ月を見て、きれいだなと思っただろうが、現代に生きる私が野球やサッカーをみて楽しむように、例えば江戸時代の人たちは何を日々の楽しみにしていたのだろう。相撲とか?舞台とか?

 100年後の人が私のくだらないこのブログを読んだとして、何を言っているのか分かるだろうか?まあ、くだらない内容なので別に分からなくても一向に構わないのだが、でも少しぐらいは“歴史的価値”を持たせたいところだ。

 う~ん、何がいいだろう。

 バス賃が仙台駅前までは片道250円もかかっているとか。
(私が子どもの頃は南小泉から仙台駅までのバス賃は片道大人20円、子ども10円だった、ような気がする。)
 生協でよく買う牛乳は1㍑168円であるとか。
 ガソリンが1㍑127円だとか。
 週刊ベースボールは1冊380円だとか。まあ、どうでもいいか。

公衆衛生と公衆道徳

 久しぶりに仙台も雨。
 バスの中では咳をする人やハナをすする人が多くなり、ちょっとげんなり。
 職場に着くと、まず手洗いうがいをするようになった。
 家に帰っても着替える前に手洗いうがいをする。
そんなにマメな性格でもなく、どちらかというと自分にはルーズな方だが、この新型インフルエンザ騒ぎで予防意識が格段に高まった。
 手洗いうがい。そしてむやみに手を目や鼻や口に持っていかないことを心がけるようになった。スゴイ進歩だ。だから皆さんも公衆衛生を意識して、むやみに菌をもらったりまき散らさないように行動しましょう。バス中で咳き込む人はマスクぐらいしろよな。こればっかりは美人でも許せないぞ。

まるめる

 夜、お腹がすいたとナミヘイが二階から降りてきた。焼きおにぎりが食べたいと言い出し妻におねだりしたが、妻は風邪気味で体調が悪かったため、自分でやりなさいと断った。普通なら、じゃあいいやと言ってババナか、センベイでも食べて空腹を紛らすところだが、今夜はどうしても食べたかったらしく、じゃあ自分でつくる、といって珍しく台所に入って行った。そして一言。「でも、作り方が分からないから教えて。どうやっておにぎりをまるめるの?」

 ......あのさ~、おにぎりはさ~、握るのね、まるめないのね、わかる?

 15歳の中学三年生にもなって、おにぎりをまるめる、と言う我が子に、絶句である。

 数学の成績は良いらしいが、国語がこれではねえ。やっぱり、推薦入学は無理だわ。

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。