スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借りた本、読んだ本

「超一流の育て方」永谷脩(13.12) プロ野球を代表するエース、ダルビッシュ有投手と田中将大投手を育てた素晴らしいコーチ、という視点で語られているが、素材が良ければ誰がコーチをしても輝いていたのではないか。また、本書に紹介されているように佐藤コーチに指導された時期の井川慶投手は成績を残せたが、佐藤コーチが阪神を離れたとたん成績を落としたという言い方がフェアなのか。ベテラン作家なのだから、少なくとも井川投手に取材をして執筆するくらいの配慮が必要ではなかったか。と文句はあるが野球好きには面白い本です。おススメです。
「斧・熊・ロッキー山脈」クリスティー・バイル(13.11) 新聞各紙の書評で、ソローの『森の生活』と比較して語られていたので読んでみたが、想像していた内容と少し違った。アメリカ人であること、女性であることが影響しているのか、関心を寄せる個所がたいぶ異なる感じがした。山の記述のほか、山での生活や仕事を通じて、大学で学んだ知識や情報に言及する記述や冬期間、町に降りた際の生活に関する部分も多く、上下二段組みの300ページを越える分量に、読んでいて途中であきてしまった。もう少しテーマを絞って短くした方が読みやすかったのではないか。時間のある人が読むと良いと思う。
「凹凸を楽しむ 東京『スリバチ』地形散歩2」皆川典久(13.09) 第1作ではカバーできなかった地区の凸凹をまたまた興味深く紹介してくれる。新宿、池袋、高輪・白金、番町・麹町、等々力、王子、落合、中目黒、洗足池、戸越・大井、馬込・山王、練馬・板橋、成城、谷中・根津・千駄木、根岸・鶯谷・浅草、横浜、下末吉、新潟、そして最後がわが町、仙台。広瀬川が作った緩やかな河岸段丘に広がる市街地だが、思わぬところに凹凸が。言われてみればそうだなと気付くのでした。
「戸越銀座でつかまえて」星野博美(13.09) どういう訳は私はこの人の書く本が好きだ。久しぶりに会う遠い親戚の女の子がしゃべっている話を黙って聞いている、そんな感じの本だ。
「北海道16の自転車の旅」長谷川哲(13.05) この手の旅行記を読むのが大好きだ。社会人になったばかりのころ、気仙沼の寮でゴロゴロしながら読んだ野田知佑の『日本の川を旅する』(82)にたちまち感化され、私は旅に出た。とは言っても私の場合はサイクリングで、ペダルを漕いで青森に行ったり、東京に行ったり、秋田に行ったり。この本のようにもっぱら一人で日本の風景を身体で感じていた。雨上がりの夕暮れ時、山形の酒田市周辺(旧八幡町)を漕いでいたとき突然目の前に現れた「鳥海山」の美しさと云ったらなかった。トレビア~ン!と叫んでいた。汗臭い旅行記は好きです。
「歴史が面白くなる 東大のディープな日本史2」相澤理(12.12) 学校で習った日本史をもう一度理解する上でコレはとても良い本だ。受験生だけに読ませるなんてもったいない。今に続く中国や韓国との関係も見えてくる。

スポンサーサイト

羽生結弦選手

 昨日、ソチオリンピックの男子フィギュアスケートで日本人初の金メダルを獲得した羽生結弦(ゆずる)選手が仙台に凱旋し、奥山市長と村井知事をそれぞれ表敬訪問したが、その際に大勢のファンに取り囲まれた、というニュースは聞いていたが、その中に妻がいたとは知らなかった。
 職員によって作られた人垣の一番前で見た!というくらいだから随分早くから待っていたのだろう。ご苦労なことだ。家に戻ってからは夕方6時からの各社のニュース番組を見てまわり録画しまくったと言い、その一つ、仙台放送の中に(妻の顔が)一瞬だけ映っていたとニヤニヤしながら報告するのだった。スロー再生で見てようやく確認できるくらいの一瞬だったが、確かにホントに羽生選手と同じテレビ画面に妻は納まっていた。就職浪人のリョウヘイにもこのくらいの執着心がほしいものだなあー。
 羽生クンには4年後も第一線で頑張って韓国で行われる平昌(ピョンチャン)オリンピックでも金メダルを獲ってもらいたい。日本フィギュアスケート発祥の地、仙台の同じ住民としても応援したい。

羽生・市役所  羽生・県庁
  仙台市役所前で      宮城県庁ロビーで

PS
写真を見せられて驚いた。妻はいいトシをして市役所から県庁へと「追っかけ」をしていたのだ。呆れた。何がそんなにイイんだと尋ねると、今どきのお母さんたちにとって羽生結弦選手と田中将大投手は「一番息子にしたい男の子」なのよ!という返事が返ってきた。ふ~ん、そーなんだ。なんか分かり易いな。

本「日本人は、なぜ世界一押しが弱いのか?」

 「声に出して読みたい日本語」の教育学者、齋藤孝教授が書いた本。大きなお世話だと思いつつ手に取ったが、ふ~ん、そうか、そう考えればイイのかと思うところが多かった。
 日本人には確かに、遠慮する、結論を曖昧にする、周りを気にする、オロオロするなどの性向が強く、そのおかげで極東にまで押しやられた民族だと斉藤先生は指摘するが、しかしソレは悪いことではなく争いを避ける能力に長けていると先生は肯定的に捉える。そう云われると、すべてに当てはまる私としてはチョットうれしくなるが、しかしそのせいで最近、中国や韓国にいいようにやられているのではないか?という懸念が生じる。これ以上は東に逃げ場はないのだから、そろそろ立ち向かうべきではないでしょうか、斉藤先生?
 と言うことで、ココはひとつ、タカ派?の安倍首相に頑張ってもらいましょう。でも黒田官兵衛的な知略は必要だな。インテリジェンスで負けないで。

日本人はなぜ世界一押しが弱いのか?

「困った隣人」改め「イヤなヤツ」

 これまで韓国人と親しく接した経験もないのでマスコミ報道だけで語ることは避けたいと思っていたが、しかし、こればかりはあんまりだと思う。韓国の良識を疑う。

2012年に完成したというソウル市庁舎があまりにひどい。

ソウル市庁舎、通称ツナミ?

 ソウル市庁の新庁舎は「ツナミ(ビッグウエーブ)」と称される。全面ガラス張りで波の曲線美を表現し、ソウルの晴れた空の色と調和するとなかなか見応えのある建物だ。しかし、視点を変えソウル市庁広場からそのビックウェーブを見ると魅力は影を潜める。目の前の、植民地時代に建てられた旧庁舎(現ソウル図書館)が、格調高くそびえ建ち、重厚なオーラを放っているためだ。設計当初のデザインは「現庁舎を覆う大きな津波」というのがコンセプトだったようだが、実情は2つの建物が孤立し、新旧の建物の調和はほとんどない。オフィス街のオアシスとして幅広い世代から愛さるソウル広場に、実に配慮のないデザインで見るたびに残念に思う。行政には、その土地の歴史と文化を理解し民間と十分に熟議をした上で、新しい街づくりをしてもらいたい。*2013年11月5日『テイクオフ』:「ソウル市庁の新庁舎は」

 上記の文面は韓国発だから表現は穏やかだが、しかし自ら「現庁舎(日本)を覆う大きな津波」と認めているのだ。日本を貶める意図を持って建てたと言っているのだから呆れてしまう。いまごろ知って憤る私もオメデタイが、しかし、おかげで心底、韓国をキライになった。無理をしてこんな非紳士的な国と友好関係を結ぼうとしなくても良いのではないかとさえ思った。こんな非礼なことをして平気でいられる人たちと絶対に友達になりたくないな。

 韓国には「思いやり」という言葉自体が存在しないらしい。他人のことにかまっているヒマがあるなら自分のことをやれ!と徹底的な競争社会が韓国民の共通認識だから、思いやりの対極にあるようなことを平気でするのだろう。ホントにイヤな人たちだ。

甘い、あますぎる

 なんか身体が疲れていたので甘いモノでも飲もうと、会社の売店で目に入ったBOSS「ダブルの生クリームでとろけるカフェオレ」を買ってみた。が、コレが甘かった。非常に甘くて、ちょっとマイッタ。半分飲んでギブアップ。キャップを閉めて家に持ち帰り、牛乳を入れて薄めて飲んでみたがまだ甘かった。コレを日常的に飲んでいるヒトがいたら将来かなりの確率で糖尿病になるのではないか。日本を代表する大企業がこんなモノを作ってイイのだろうか。

気分転換

 これまでも就活では連戦連敗中のリョウヘイ(22)なので今さら期待はしていないのだが、それでも先週はイイ感触だと言っていた会社から「お祈りメール」をもらって落ち込んでいたらしい。そこへ酔っぱらって帰ってきた私がさらに落ち込ませるようなヒドイことを言ったらしく(本人覚えておらず)妻がちゃんとフォローしろというので、気分転換にでもなればとスポーツジムに誘ってみた。以前から何度誘っても面倒臭がって一度も来なかったが、今度ばかりは妻が強引に引っ張ってきた。
 が、猫背に加えてジャージの着こなしもゆるく立ち姿がどう見てもだらしがない。スポーツをこれからやります!という姿勢が全然感じられず、ジムの機械を色々させてみてもモタモタしているしノリも悪いので、いっそエアロビクスでもさせちゃえ!とちょうど始まるところだった「ボクササイズ30分コース」をやらせてみた。私は汗だくになったが、リョウヘイはそんなに汗はかかなかったと言うが、私に言わせれば全然力が入っていないじゃないか!と言いたいところだ。その後プールにも連れて行ったらジャグジーでのんびり寝そべっていたようなので少しはリフレッシュになったかな。まあじっくりこれからの自分の人生を考えてみてくれ。ただ、おまえにはネクタイにスーツ姿の仕事は向かないと、お父さんは思うのだがなあー

 山形から帰ってきたばかりで昨日も友達のアパートに外泊してきたナミヘイは、午後に帰ってくると床屋に行きたいから泉中央まで送ってくれという。そして、お父さんは終わるまでじいちゃんのアパートで待っているよね、とまるで自分のために奉仕するのは当たり前と云わんばかりのその態度も考えモノだが、リョウヘイにもこのくらい強気の態度があれば、就活もまた違った結果になっていたのだろうか?二人を足しで2で割りたい。

送り迎え

 昨夜は部下たちに誘われて酒を飲んだ。色々な宮城の地酒を揃えてある店で、飲み放題コースにしたというのでアチコチを飲み比べていたら、やっぱり飲み過ぎてしまった。*私は千田酒造の「栗駒山」がお気に入りデス。
 朝起きると体調がスッキリせず、汗でもかこうかとスポーツジムに行くつもりでいたら、珍しくナミヘイが起きてきて、昼に宮教大まで送ってほしいという。ナミヘイは月曜から昨日までの5日間、授業の一環で山形蔵王でスキーの講習を受けてきたところだったので(それで1単位とはうらやましい)ジムを後回しにした。
 そういえば、タイヤチェーンをつけっぱなしだった。せっかく先週苦労して装着したタイヤチェーンだったが、仙台市内はどこも乾燥路面なのでしぶしぶ脱着に取りかかると、これがまたひと苦労だった。脱着の時もジャッキアップしないとタイヤの裏側に手をうまく回せず、チェーンの内側の留め金を外せないのだった。指先を痛め、汗をかいた。ああーヤダヤダ。

 昼を食べてから今度は妻が出かけたいというので泉パークタウンの「タピオ」まで送り迎えをした。妻が買い物をしている間、期限が来て図書館に返さなければならない本を車内で黙々と読んでいた。30分くらい、と言って車から降りていった妻が戻ってきたのは1時間10分後だったが、おかげで今回は全然イライラしなかった。

 時間が中途半端になったのでジムをあきらめ、図書館に行ったついでに床屋にも行ってきた。少し混んでいたのでココでも、今度は借りてきた本を黙々と読んでいたが、ふと、待合席のラックに目をやると、そこにはフリーの演技をやり終えた浅田真央が満足感に笑みをたたえながら、でも涙が勝手にこぼれ出るシーンが一面トップのスポーツ新聞があった。感動的な素晴らしい写真だった。この4年間はムダではなかったのだな。それがよく分かる写真だった。(同じ日本人だという以外、共通項はないが)よかった、よかった。

よく頑張りました、涙がこぼれます

 冬季ソチオリンピック、女子フィギュアスケート日本代表の浅田真央選手の最後のフリーの演技は、誰もがそう思っただろう、心を揺さぶられる素晴らしい出来栄えだった。こういう凄い演技ができるはずなに、なんで前日のSPがあんな不出来だったのか。いまさら言っても詮無いことだが、とにかくフリーはよく頑張ったと思う。素晴らしかった。胸を張ってニッポンに帰って来てもらいたい。
 ホントによくやったぞ浅田真央。キム・ヨナとのライバル対決だけが煽られたが、そんな興味本位で眺めていた連中は心底恥ずかしく思ったことだろう。本当に素晴らしい演技だった。ナイスだぞ浅田真央。あの4分間の演技で世界中にシンパを作ったに違いない。その点がキム・ヨナとの大きな違いだと思う。本当にご苦労様でした。

茫然自失

 その表情がすべてを物語っていたと思う。浅田真央選手は滑る前から顔色が悪かった。また滑っている最中も転倒してからは特に、そして滑った後の表情はまるで魂がどこかへ消え失せてしまったかような生気のない顔だった。穴があったら入りたいとか、恥ずかしいとか思うこともできないくらい自分を見失っているようだった。
 なぜこんな不出来なスケートをしてしまったのだろう。滑り過ぎだとか、大人の事情に振り回されたとか、団体戦が良くなかったんだとか、外野は好き勝手なことを書きたてているが、しかし、4年間悔しい思いをしてこの日を待ち望んでリンクの上に立っただろうに、それをなぜファイトに変えられなかったのか。何を怖がってしまったのだろう。12年、13年と直前の全日本選手権までは圧倒的な強さで次々と優勝し続けてきた浅田なのに、最後の最後になってなぜスキを生んだのか。メンタルトレーニングはしていたのか。本当に悔やまれるショートプログラムだった。
 フリーではどんな演技を見せてくれるだろう。もうこれは浅田真央の未来をかけた自分との戦いだ。負けて消えてなくなるか、踏ん張って試合前の評価を取り戻せるか。ガンバレ、ASADA。

示談交渉スタート

 加害者の保険会社から初めて提示された慰謝料は115,500円だった。慰謝料の相場など皆目見当もつかないが、しかし、コレはいくらなんでも「頭蓋骨骨折・全身打撲で全治1ヶ月」というケガに対してあまりに安すぎるのではないか。と、保険会社の担当者に質すと、個人的には私もそう思うが、入院が7日間しかなかったので会社の補償規定ではこうしかならない、不満なら「日弁連交通事故相談センター」に相談してみてほしい、そこで出された仲裁額に会社は従う、という返事だった。
 
 そこで、仙台高等裁判所そばの仙台弁護士会館内にある日弁連交通事故相談センターに行って「面接相談」を受けてきた。簡単に記すと、過去の判例からすると、最大36万円~20万円内の範囲内が妥当、という指導を受けた。
 最高でも36万円なのか。何か釈然とせずその内訳を尋ねると、被害に至った状況はあまり関係なく(青信号で横断歩道を通行中に信号無視の車に跳ねられ20m飛ばされても)、事故後の損害の認定によるので、具体的には回復に要した状況を見るので1週間しか入院していなければそれが計算のベースになる。早期復学を目指して無理に早期退院したという事情は慰謝料算出の範囲内における「高い方」で考慮されるにとどまる、というものだった。
 時速60kmを超える車に正面からぶつかられて死の恐怖を味わっても、実際に死ななかったんだから補償はココマデだよ、ということらしかった。だから杓子定規な規則なんてキライだ!血が通っていない!と多くの人は思うだろうなと思いながら、その杓子定規な規則に守られている部分もあるのだろうから、と割り切ることにしたが、ただ相手の保険会社が最大額の36万円をすんなりOKするとは思えず、今後は無料で対応してもらえる日弁連の「示談斡旋」という手続きに進むことになりそうだが、これがまた面倒臭そうだ。
 まずもう一度日弁連に出向いて「申請」し、内容が審査されて斡旋するに足りる案件だと判断されて初めて担当弁護士が決まり、次に被害者・加害者双方と弁護士の日程を合わせて、平日の10時から16時までの間で交渉の日時が設定され、通常は3回ほどやりとりをして「示談斡旋」案がまとめられ、提示されるモノらしい。コレが360万円のためだというなら会社を休んで計6回(示談斡旋申請1回、日程の調整1回?示談交渉3回、示談斡旋案の提示1回?)の交渉もやってやろうじゃないか!と燃えるかもしれないが、最低額の20万円だった場合は積み増し分は8万円だけだ。そのために今後6回も会社を休まなければならないのかと思うと、正直、萎える。最大額の36万円でも積み増し分は24万円だ。それに見合う労務なのかと逡巡するが、しかし、11万円では納得できないので、やるしかないか。いい社会勉強だな。やれやれ。

黒血とチョコと

 昨日の朝のこと。目が覚めていつものようにカーテンを開け、冬の間の寒さ対策で閉めている雨戸もいつものように開けたら、戸袋に指を挟んだ。思いっきり挟んだ。非常に痛い。ズッキン、ズッキンと痛みだし、指先を見ると人差し指の付け根に黒血がよっていた。うう~、イタタタタッ。
 職場に出ても指先の痛さで仕事に身が入らず、うわの空で部下からの報告を聞き、相槌を打っていた。ホントに痛くてだんだん具合も悪くなり、終業の鐘とともに家に帰った。久しぶりに味わう呻きたくなるような痛さだった。

黒血
 ←人差し指の爪の付け根に黒血がよっている。
  一日経って腫れは引いたが痛くてキーボードが叩けない。


PC
 そういえばバレンタインだった。妻から父子3人分として大箱入りのチョコをもらったので、毎晩食後にコーヒーを淹れて美味しく(ほとんど一人で)食べている。そしたら、妻から一日2個まで!という制限が課せられた。
メリーズチョコ

らー神・心温(ここあ)

 この大雪では歩くのもままならないだろうと、ジジババのために買い物を代行した。「何か欲しいものはない?決まったら電話して」と言っておいたら、ばあちゃんから「お刺身、サバ、油揚げ、絹ごし豆腐、ホウレンソウ、牛乳」を買ってきてほしいというリクエストがあった。ふ~ん、そんなモンでイイの?と重ねて尋ねるても、あまり食べないからコレで十分なの、という返事。こんな食事でどうしてじいちゃんのウェストは1mのままなのだろう?ホントに不思議だ。

 買い物の代行を思いついたのは、せっかく苦労してタイヤチェーンを付けたのにどこにも行かないのも癪だったからだが、買い物に出かけるついでに美味しいラーメンでも食べようぜと家族を誘った。どこがイイかと尋ねても家人はどこでもイイというので、ネットで評判のラーメン店を探して、わざわざ中山の観音様まで足を延ばした。余計に雪が深かったけれど・・・

 入ったのは「らー神・心温(ここあ)」という名前のラーメン店で、普段は混んでいるらしいが、ぐちゃぐちゃの雪道の中をワザワザやってくるモノ好きもいないのか店内は空いていてすぐに注文ができた。初めての店だったのでオーソドックスにしょう油ラーメン(+味玉)を食べたが、麺にはコシがあって、スープもなかなか美味しかった。ウズラの味玉も良かった。もう一度来てもイイというのが家族一同の意見だったが、あと100円安かったら通ってもイイかも、とも思うのだった。
 *平日はいろいろサービスがあるみたいだが場所的にムリなので、ちょっと残念。

タイヤチェーン装着

 昨夜は会社にお泊り(?)だったが、その夜のうちに降り出した雪で仙台市内でも20cmは積もっていて、朝、家に帰るためにバス停まで歩くと靴下が濡れた。休日の街中は朝だったこともあり踏み跡も少なく、革靴ではすぐに雪の中へ隠れてしまうのだった。嗚呼。
 家に帰ると家人は誰もまだ起きていないのか家の周りはもとより玄関先まで雪が厚く降り積もっていた。それが非常に気になったので濡れた靴下を脱いで長靴に履き替え、帽子をかぶるとスーツにコート姿のまま雪かきを開始した。が、すぐに後悔した。先週とは打って変わって水分を含んだ重い雪で、すぐに汗だくになるのだった。嗚呼。

 こんな雪なのに明日、朝早く宮城教育大学まで送ってほしいと気安くナミヘイに頼まれた。ウチの7年目のスタッドレスタイヤであの青葉山の坂道が登れるか?と不安を覚えたので仕方なく物置の奥から「ゴム+スパイク型」のタイヤチェーンを出してきて履かせることにした。が、不慣れなせいで思いの外、時間がかかり雪の中で、またまた汗だくになった。嗚呼。
 しかし、苦労の甲斐はありチェーンの威力は抜群で、全然除雪されていない細い轍だけが残る住宅地内の道路とか、ガタボコに踏み固められた大通りなどをアチコチ走ってみたが、快調、快調。道路わきに集められた雪の小山に乗り上げてもへっちゃらでグングン進むのだった。
 非常に頼もしいが、19年前にオデッセイとともに購入したこのタイヤチェーンを装着したのは、今日を含めてもたったの2回だけ。それほど今の仙台市内では雪も積もらないのだが、今度ばかりは本物の「大雪」に不安を覚えて装着してみて、改めてその有用性を認識した。これからは億劫がらずに雪が降ったらチェーンをしよう!とは思うのだが、でもやっぱり面倒くさいな。結局、やらないだろうな、たぶん・・・・
 ちなみに、今度購入するスズキ「ハスラー」にもチェーンは必要か?と一瞬考えたが、そういえば4WDにするのだし、やっぱりいらないや、と思うのだった。

PS
 あまりにひどい雪のせいでナミヘイの行事は中止の連絡が入り、明日の朝の送迎もなくなってしまいました。あらら。せっかく8年ぶりにチェーンをしてみたのに、残念。
 ちなみに、8年前に装着したのはリョウヘイの高校入学試験のときだった。大雪警報が出ていたので今回と同じく前日に装着し、当日も高校までの長い上り坂を不安なく進むことができた。何ごとも事前の準備が大切なのだ。リョウヘイもナミヘイもお父さんの、この周到さを少しは見習え。

2014プロ野球全選手写真名鑑

 今年の選手名鑑の表紙を飾った各チームの看板選手と過去2年の場合を比較すると、

           2014年      2013年       2012年
イーグルス    松井祐樹投手  ← 田中将大投手  ← 田中将大投手
ライオンズ    浅村栄斗内野手 ← 栗山巧外野手  ← 中村剛也内野手
マリーンズ    鈴木大地内野手 ← 角中勝也外野手 ← 唐川侑己投手
ホークス     内川聖一外野手 ← 摂津正投手   ← 内川聖一外野手
バッファローズ  金子千尋投手  ← 李大浩内野手  ← 坂口智隆外野手
ファイターズ   中田翔内野手  ← 大谷翔平投手  ← 斉藤佑樹投手   

ジャイアンツ   村田修一内野手 ← 坂本勇人内野手 ← 長野久義外野手    
タイガース    藤浪晋太郎投手 ← 藤浪晋太郎投手 ← 藤川球児投手
カープ      前田健太投手  ← 堂林翔太内野手 ← 前田健太投手
ドラゴンズ    谷繁元信監督  ← 吉見一起投手  ← 浅尾拓也投手
ベイスターズ   梶谷隆幸内野手 ← 荒波翔外野手  ← 三浦大輔投手
スワローズ    小川泰弘投手  ← 館山昌平投手  ← 宮本慎也内野手

 次々と若手が登場するチームや実績のあるベテランを載せざるを得ないチーム。投手ばかりのチームや野手ばかりのチーム。若手でも前年に成績を残しさらなる活躍が期待される選手や話題先行のルーキーなどなど比べてみると各球団の事情がなんとなく見えてくる。
 さてでは、どんなチームが手ごわそうか?やはり投手や野手に関わらず、期待されて登場した若手が期待どおりの活躍をするようなチームではないだろうか。他チームは看板選手をつぶしにかかるのかな?今年もワクワクする試合展開をたくさん期待している。
 ちなみに、イーグルスは球団創設から10年。つまり表紙には10回登場したわけだが、そのうち田中将大投手が6回で、岩隈久志投手が2回、初年度がルーキーの一場靖弘投手で、今年がやはりルーキーの松井祐樹投手だった。つまり、イーグルスはすべて投手であり、投手に力を入れるチーム戦略が見え隠れするが、しかしそれでも一度ぐらいは山崎武司選手を登場させてほしかったな。そこが少し残念。

2014選手名鑑

借りた本・読んだ本

「交通事故学」石田敏郎(13.11) 免許を取ったばかりの次男(19)がビビることもなく得意気にひょいひょいと運転するので「戒め」のつもりで読むように渡したが、試験中だとかで全然読む気なし。確かに自動車学校で習ったばかりのような内容も多く読む気になれないのかもしれないが、ヒューマンエラーについての考察はもっともだなと思う指摘が多かったので、新米でもベテランでもハンドルを握るドライバーは一読することをおススメする。
「最後のクジラ 田代富雄の野球人生」赤坂英一(13.09) 大洋ホエールズ時代からの最後の生え抜き選手、田代富雄という男は多くのプロ野球ファンから愛された男だ。私も好きだった。宮城球場で一度だけ、高い高い放物線を描いたホームランを見た記憶がある。30年以上も前のことだ。その人が12年からイーグルスの二軍打撃コーチに就任すると聞いてとても喜んだ。この本にも書いてあるように若い選手を育てるのにはこういう鷹揚な人が相応しいのだろう。そして一軍の打撃コーチになった去年13年にリーグ優勝し、そしてジャイアンツを破って日本一にまでなったのは決して偶然ではないと思う。今年もガンバレ、イーグルス!
「日本建築集中講座」藤原照信・山口晃(13.08) 同じモノを見ても感じるモノはちがう。当たり前と言えば当たり前だが、そのモノを見る目をもう少しトシ相応に養いたいと思ってこの本を読んでみたが、建築家と日本画家の専門家が日本を代表する建築物について言いたい放題を語り合っている本だった。なるほど!と感心するところは多かったが、しょせん「美」とは好き嫌いだ、好みの問題だ、それでイイじゃないか、とも思うのだった。が、法隆寺を見て素晴らしいと感じるのは洋の東西を問わないと思うので、つまり人間にとって好ましく感じる「何か」はあるのだろうな、やっぱり。 ちなみに対象となった建物は、①法隆寺②日吉大社③旧岩崎家④投入社⑤聴竹居⑥待庵⑦修学院離宮⑧旧閑谷学校⑨箱木千年家⑩角家⑪松本城⑫三渓園⑬西本願寺の13施設。この中で私が実際に見たことがあるのは法隆寺だけだ。う~ん、日本人でありながら何かもったいないぞ。
「おさがしの本は」門井慶喜(09.07) 図書館の現状を下地にして、本探しにまつわる連作短編が5つ。うなずく話が多かった。昔読んだ本の記憶が大きく間違っていたり、みんなが間違いだろうと思っていたことが真実だったり。また公立図書館は無料の貸本屋に過ぎない!という暴論にどう反論するのか?自分なりに考えてみたり。夜更かしして一気に読んでしまった。
「こちら警視庁美術犯罪捜査班」門井慶喜(13.10) どんな作家にも作品の出来不出来はあるものだ。門井慶喜の本を続けて読んでいるが、残念ながらこの本はこの作家の代表作とは呼べないだろう。以前に読んだ美術品を扱った「天才シリーズ」が面白かったので、それに近いだろうと期待して読んだが、いま一つの出来だった。ウンチクの部分が物足りないからなのか、思わぬどんでん返し的要素や少なかったからなのか。次回作に期待したい。
「ローカル線で行こう」真保裕一(13.02) かつて宮城県の北部にあった栗駒山麓の細倉鉱山の町、沢辺と東北本線の石越を結ぶ「栗原電鉄」にヒントを得た小説なのだろう。小説の舞台をよく知っているので現実と合致している点とか、お隣を走るJR陸羽東線沿いの大崎市を借用しているような設定に感心しながら読んでいた。こういう若く熱意ある経営者(?)や従業員たちが実在したら、実際の栗電も2010年に廃止なんかせずに済んだのだろうか。優秀なリーダーとは部下をその気にさせ、周りを巻き込む熱意を持った人である、とまた本に教えられたが、さて、私にもなれるでしょうか?
「山からの絵本」辻まこと(66.07) 48年前の本(66)なので表現に現代的な配慮がない(つまり差別用語多し)。当時の山事情を知る者には懐かしいだろうが、知らない者にはいま一つ馴染めなかった。ただイイ言葉はたくさんあった。▼「夢中になることは素晴らしいことだけれども、夢中になるためには、相当多量の馬鹿らしさが必要だ。つまり人間夢中になるためには無知が大切な条件なのだ。ところが夢中になっているうちにだんだん知識が積み重なってきて、最初の無知は消えてしまう。そのあとに新しい無知が発見できなければ、それで夢はおしまいになる。」▼「読書は私の人生にとってかなり大切なものだ。他人の書いたものの中に自分の思想を発見したときほど愉しみを感じ、なぐさめを与えられることはない。良い友人は、良い書物に似ている。それを失うことは全く残念千万だ。」 全くそのとおりだと思う。

PS
・仙台は朝から青空が広がり気温も上がって雪も解けだしたが、日陰の道路はツルツルで、わざと轍(わだち)を外して車を走らせると右に左に車体が振られて滑る滑る。非常に面白かったが、同乗者には不評だった。

・スポーツジムで汗を流したが、体重は62.4kg!油断したあ。

雪かきは大変

 目を覚ますと、そこは雪国だった。まあ、降った降った。仙台市泉区内の丘陵地にある我が家では40cmは積もった。ものさしで計ったから間違いない。
 朝飯を食べてから本格的に雪かきを始めたが、仙台で78年ぶりの大雪はさすがに手ごわかった。よけた雪を捨てる場所の確保にも難儀し、日本海側の方々の日ごろの苦労を思い知った。
 ある程度一人で片づけてから、次は近くに住む義母の家の雪かきをしなければと思い、それを息子二人に頼むと、二人とも「えー、やりたくねえー、パス」とわが耳を疑うようなことを言うので、またぞろケンカになった。
 まったく情けなくなる。日ごろ顔を合わせればお小遣いをもらったり、おごってもらったりしているくせに、こういう時に恩返しをしないでいつするんだ!バカヤロウと怒鳴りつけたら、なんでバカなんだ!こんな雪なんだから家から出なければイイだけじゃんか!と次男のナミヘイ(19)は歯向かってきた(ああー、なんてバカなんだろう)。
 あのな、雪かきは自分のためだけにやるんじゃないんだ、家の前を通行する人たちのためにやらなくっちゃいけないんだ。みんなが自分の家の前を片づければ、みんなが気持ちよく危険なく歩けるじゃないか、そんなことも分からないのか。それでどうして教育大学に通っているんだ。少しは周りをみろと言うと、プイッと二階へ上がって行ってしまった。
 妻は義母のことだから(84歳でも)自分でサッサと終わらせているかも、電話してみて、というので長男のリョウヘイ(23)に頼むと珍しく頭を使って「あっ、おばあちゃん、まだ雪かきしていないよね」と、さも今から行くよとでも言うように問いかけたが、案の定、もう終わらせていたのだった。ホントに昔の人って勤勉だよね。
 しかし、どうせ人ひとりが歩ける分くらいしか除雪していないだろうから、リョウヘイ、雪道運転の練習を兼ねて行くぞ、と無理やり連れだした。が、40cmの積雪は半端ではなく、家の車庫から車を出すだけでも難儀した。ハンドル操作がままならず、不揃いの路面の凹凸に勝手に車体が右に左に揺れる揺れる。バス通りに出るところで一旦停止し、さあ今だ出せ!とリョウヘイに指示したが、柔い雪にタイヤが空転してしまい、前にも後ろにも動かなくなった。私が運転を代わりリョウヘイに車体を押させたが深く掘れてしまった雪穴からの脱出は難しかった。困っているところへ、たまたま通りかかった消防署の隊員2人が手伝ってくれて、なんとか脱出することができたが、ああっ失敗失敗。こんな大通りでスタッグするなんてとっても恥ずかし。
 義母の家の雪かきを終わらせて家に戻ってきてからの車庫入れも、これまた大変だった。ウチの前の除雪は完璧だったが、向かいの家では全然除雪をしておらず、幅員6mの道路では手つかずの40cmの積雪に車の先を突っ込まなければバックもできず、チャレンジしたが一度目はダメで、二度目ではまた前にも後ろにも動かすことができなくなり、通りがかりの人たちに押してもらってようやく車庫に入れることができた。嗚呼、ホントに疲れた一日だった。

78年ぶりの大雪1  78年ぶりの大雪2  78年ぶりの大雪3  
これじゃあ車も....   米国製45cmものさし?   まずは一人分の通路を確保  

PS
 午後、道路の様子を見に表に出ると、どうももう少しきれいにしたいなとスコップを手に持った。そこが運の尽きで、そこから1時間汗だくになって再び雪かきに精を出してしまった。手袋をしていたが手のひらには水ぶくれができ、身体中が筋肉痛で、足・腰・背中・肩・腕のすべてが痛い。嗚呼、明日が思いやられるな。

78年ぶりの大雪4

 朝に作った一人分の通路の右側全部を片づけたら
 ガオッタ(=つかれた)....


大雪・暴風雪・着雪警報

 午前10時にスポーツジムに入った時は雪は降っていなかったが、昼にジムを出たときは激しく降り出していて路面が白くなっていた。妻が昼食を用意している間に家の周りの雪かきをしたが、すぐに雪で白くなるのであきらめて、リョウヘイに夕方の雪かきをお願いした。夕方には10cmぐらい積もっていたというが、いま外をのぞくと20cmは積もっている。本格的な雪かきは今シーズン2度目でホントに暖かな冬だったが、入学試験真っ盛りのココにきてドガッと来ましたか。
 全国各地でもこの大雪で交通機関の乱れや交通事故も多発しているようだ。テレビのニュースでは不要不急な外出は控えるようにと何度も繰り返していた。みなさんお気をつけて。

PS
 ジム終了後の体重は61.9kg。まずまず。

冬季オリンピック

 今夜からロシアのソチという街で冬季オリンピックが始まる。テレビは盛んに日本人選手の様子を紹介して前景気を煽っているが、私の中で冬季オリンピックと言えば、なんといっても札幌オリンピック(72)で、最近では荒川静香が金メダルを取ったトリノオリンピック(06)の印象が強い。
 特に、札幌オリンピックのテーマソングとなったトワエモアの「虹と雪のバラード」のメロディは耳に残り、何度聞いても懐かしさで胸がいっぱいになる。42年も前のことだというが、子供のころに受けた強い印象は忘れられないモノらしい。スキージャンプで金銀銅を独占した「日の丸飛行隊」とか、女子フィギュアスケートのジャネット・リンの笑顔とか、イタリアのアルペンスキーヤー、グスタボ・トエニの力強い滑りとか、よく覚えている。
 今回は、今シーズンで引退を表明しているフィギュアスケートの浅田真央や高橋大輔らに注目が集まっているが、仙台のスケートリンクで育った羽生結弦や鈴木明子にも期待している。ぜひ金メダルを狙ってもらいたい。

PS
 明日は東日本の太平洋側で広範囲に渡って、かなりのまとまった雪が降るらしい。受験生は大変だな。今週は毎日外まわりをしていて気仙沼や石巻、大崎や山元に行っていたのでチョット疲れた。毎日違う部下の運転だったせいもあるかも。

寒い日の出張

 部下の運転で気仙沼まで出張してきたが、むやみにスピードを出すヤツはどうも信用できない。他人を乗せているのだから少しは慎重な運転をしろと言いたい。今日は我慢できず思わずスピードを落とせ!と声を上げてしまった。同乗者を不安がらせるような運転をするのはNGだろう。キミは恋人や赤ちゃんやじいさんばあさんを乗せてもそんな乱暴な運転をするのかい?

PS
 今日はこの冬一番の寒さだった。それなのに外に出て施設見学があったのは辛かった。突き刺すような冷たい風になんとか耐えるのが精一杯で、いい大人が全員鼻水を垂らしていたのに誰も気づかなくてチョット可笑しかった。

恵方巻きなんて

 妻手作りの恵方巻きを食べた。美味しく食べたが、しきたりを守らなかったと言って妻は怒り、その後、口も利かなくなった。やれやれ。
 どうしてのり巻きを食べるために、わざわざ今年の方角「北北東」(←東北東の間違い)に向かって食べなければならないのか。なぜ一本食べ終わるまで口を利いてはいけないのか。まったくふざけていると思う。よその土地の習慣を持ってきてどうしようというのか?
 それでも気になる人は順守すればイイと思うが、それを辺りに強要するのはやめてもらいたい。のり巻きはのり巻きとして美味しく食べられれば、私はそれで十分満足だ。
 とこちらが思っても、妻が態度を硬化させたので、つられてこちらの態度も硬くなり、豆まきの時間になっても無視していたら、思いきり(悪意を持って)妻から豆を(大量に)ぶつけられた。そんなシラケる豆まきに付き合うのは、就職浪人で時間だけはたっぷりあるリョウヘイぐらいしかいなかったのも面白くないらしい。生活に根付いた日本の伝統文化を守ることは大切だと思うが、恵方巻きはちがうだろう。私はそう思う。

83歳の意見

 昨日83歳になったじいちゃんを連れてきて(+ばあちゃんも)我が家で誕生会を行った。お昼にお寿司を食べて、ケーキも食べておなかいっぱい。午後は眠たくなった(奥様、ご準備ご苦労様でした)。
 ちなみに、じいちゃんはもう誕生会なんかしなくていいという。誕生日を意識する度にまた一歩死期が近づいたかと気分がブルーになるんだそうな。時間があるからそんな余計なことを考えてしまうのだろうが、美味しいものを食べてダベる会だと割り切って気軽に続ければイイじゃないか。だって、じいちゃんが孫をからかって一番しゃべっていたんだから。
 
PS
・じいちゃんに今度購入する新型軽自動車ハスラーのカタログを見せて、じいちゃんなら何色の車を買うかと尋ねると、なんとスチールシルバーを選び、次点はパールホワイトだな、と逡巡もせず断定的に選ぶのだった。う~ん、聞くだけムダだったな。

シルバー ホワイト

キャンプ・イン

 また野球のシーズンが始まる。24勝0敗とか、初優勝とか、日本一とか、それ以上のドラマが今年も見られるだろうか?
 開幕までまだ先は長いので面白そうな野球本でも読んでじっくり愉しみに待つとしよう。ちなみに、今週も買ってしまった「週刊ベースボール」。嗚呼、一度でイイから沖縄でキャンプを見てみたい。

週刊ベースボール7 18番から1番へ。エースのDNAは受け継がれていくのか?
 マギーの後釜が務まるか、四球のギリシャ神・ユーキリス?
 2年目のジンクスに負けるな則本昂大、今年も二けたを!
 今年も見せてもらいましょう、藤田一也の華麗な守備!
 ・・・・・・・・・・・
 ほかに話題はないのか、イーグルス?

PS
・今日はじいちゃんの83歳の誕生日だった。すっかり忘れていた。さあどうしようか。
・午前中はスポーツジムで汗を流して体重は61.95kg、ヨシヨシ。

カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。