スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年中に借りていた本

記録するのを忘れていましたが、昨年中に借りた本です。今読んでいます。
「完全なる証明」マーシャ・ガッセン(09.11) ロシアの天才数学者の話。
「野村克也 知略と戦略」二宮清純(09.11) 何度も何度もどこかで書かれていたような話が続く本。ナンのためにこの本を作ったのだろう?
「ロボつく 夢のロボット講座」ロボつく制作委員会(09.10) 中学生向けで分かり易い。
「ぼくの歌が君に届きますように」青春音楽小説アンソロジー(09.09) 中学生向け。昔なら「中一コース」や「中一時代」などに掲載されていたようなお話が続く。
「床屋さんへちょっと」山本幸久(09.08) この作家の、ちょっと無茶をする若者を主人公にした小説は面白くて好きだが、今回は親から継いだ会社を倒産させてしまった内気な中年オヤジが主人公の話だからかチョット勢いに欠ける。 
「白洲スタイル」白洲信哉(09.08) キザなヤツのキザッたらしい本。
「ミステリー通り商店街」室積光(09.05) 久しぶりの新作。予定調和の展開にスルスルと読めてしまうのがもったいない。
「望遠鏡でさがす宇宙人」鳴沢真也(09.05) 中学生向け。
「カイシャデイズ」山本幸久(08.07) こんな職場で仕事がしたいぞ!
「渋谷に里帰り」山本幸久(07.10) 坂岡千明の役は絶対、戸田恵子で決まりだ。
「アスリートたちの世界 栗山英樹が選ぶ」(07.02) 中学生向け。この中の「お父さんのバックドロップ」は子ども向けながら心の中にストンと響いて面白かった。
「間取りで楽しむ住宅読本」内田青蔵(05.01) 玄関の意味とか、明治の人は家族団らんをどう捉えていたかなどなど「家」に対する日本人の意識の変遷を解説した本だな、これは。
「都立水商!」室積光(01.11)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/1272-50b0535d

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。