スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意欲とか生き甲斐とか

 JR古川駅着8時15分の新幹線で毎日職場に通っているが、駅から会社に行く途中でよくすれ違う女子高校生がいる。登校時間ギリギリだと思うが、いつも重そうな足取りで暗い顔をして一人で歩いている。高校生活に何の期待も、希望も抱けずに、行けと言われるから行く、そんな感じだ。ナミヘイのハツラツ青春物語とは全く違う高校生活を送っているようで可哀想だなあと思う。十代を楽しまなくて一体いつ楽しむんだ、と言ってやりたくなる。余計なお世話だが「少年よ大志を抱け」とか、もっとくだけて言えば「飛び出せ青春!」じゃないかと思うんだけど。

 支社長は「地域興し」に燃えている。地域があってこそ我が社がある、という強い信念を持っているようで、その精神で仕事に当たるよう社員にも求めてくるが、私の前任者は業績に直結しない、そんな地域興しなんてやってられないという態度を取っていたようで、全く支社長とはソリが合わなかったと聞いていたが、確かにのめり込み方が尋常ではない。
 この春に支社に異動してきた連中を捕まえては地域興しの必要性やその素晴らしさをコンコンと諭すように語り、今日はとうとう支社長室で愛読書を押しつけられてしまった。
 佐野眞一著「宮本常一が見た日本」という本で、確かに良い本だと思う。戦前から戦後にかけて、日本各地の素晴らしさを丹念なフィールド調査で掘り起こし辺境の地域に新たな光を当てた宮本氏の功績は高く評価されるべきものなのだろうが、しかし、これをどうやって今の仕事に生かせというのか???
 チョット凡人の頭では即答できないが、まあ挑戦してみたいと思います。毎朝出合う無気力な女子高校生のようにならないためにも頑張ってみます、ハイ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/1392-e35dcfd2

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。