スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み一日目:温泉

 今日から3日間、夏休みを取った。
 特に何をする計画もなかったが、せっかくの休みなので近場で遊ぶことにして、今日は大郷町の日帰り温泉「夢実の国」に行ってきた。平日だったせいか客も少なく、強い日差しの中、蝉しぐれを聞きながら階段上の露天風呂でのんびりしてきた。40℃前後の湯温は長湯に丁度よかった。
 6,7年ぶりに訪れた温泉施設はだいぶくたびれていて、客層も近所のじーさんばーさんが普段着で来て風呂上がりに大広間で寝ているような庶民派に落ちぶれていた(?)が、でも、久しぶりの温泉は気持ちが良かった。
 そういう私も、思わず風呂上がりに大広間で寝てしまったし、起きてからもう一度風呂に入ったくらいだ。おかげで昨日の酒もすっかり抜けて気分爽快。帰りに利府の総合運動公園「グランディ21」の前にあるパン屋「ばあすでい」に寄って美味しいパンをおやつに買って帰った。

 ところで、昨日の暑気払い(=職場の酒飲み)はまあまあの楽しさだった。
 みんなはそれなりに私の仕掛けに反応して楽しんでくれたようだったが、一人無反応な顔の部下(♀31才独身)がいたのでそれが気になって私は楽しめなかった。彼女以外はみんな写真を持ってきて見せ合いながら盛り上がっていたが、やはり個人のプライバシーをネタにするのはまずかったか?
 高校3年の学園祭のときの写真とか、小学校の卒業アルバムの写しとか、半ズボンに白いタイツを履いた4歳のときの写真などの「自分史モノ」が多かった。それ以外では旅行先で買い求めた数々のスタバのご当地マグカップを飾っているマイルームの写真とか、まだ幼い息子・娘の写真とか、旅行先の花巻のマルカンデパートで食べた巨大ソフトクリームの写真とか、まあエピソードを添えて各人から紹介された写真はそれなりに面白く座もそれなりに盛り上がったのだが、でも一人でも面白くなさそうな顔をしているヤツがいたかと思うと私の気持ちは(今日、温泉に入るまで)スッキリしなかった。ああっ、全員に喜んでもらえる「余興」って難しいなあ。

 JR古川駅までの帰り道、台町の通りを車両通行止めにして「古川まつり」が行われていた。七夕飾りの下をくぐりながらブラブラとそぞろ歩きをしつつ「ニッポンの夏まつりの夜」をちょっとだけ味わった。
 ヤクザっぽい屋台のかき氷は250円~300円だったが、商工会議所青年部的な屋台では150円~200円だった。みんな気をつけて買うんだぞ。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/1466-4966fcc0

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。