スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きなお世話

 私は偏見に満ちている。誰でもそうだろうが、自分が見たこと・感じたことがまず正しいと考えてしまう。
 会社帰り、いつものように仙台駅前からバスに乗った。一番後ろの長椅子の歩道側に座ったら、たまに見かける同じ町内のおじさんが反対側に座った。
 次のバス停の電力ビル前でスーツ姿の若い男が乗り込んできて、そのおじさんに気がつくと隣にどっかりと腰を下ろした。おじさんがその若い男に二言三言声をかけると若い男も言葉を返してきて、その様子から察するとどうやら会社帰りの息子のようだった。
 ふ~ん、このおやじにはこんな大きな息子がいたのか。二十代前半か。6時5分のバスに乗るということはサービス業ではないわけだ。よさそうなスーツを着ているし、会社は仙台の街の真ん中か、イイところに勤めているようだな。アゴの細いいまどきの顔立ちで、よく見ればちょっとイケメンのクセして、なんで金曜日の夜にこんなに早く家に帰るんだ?
 同僚との付き合いはないのか?彼女とのデートはないのか?金曜日の夜に羽目を外さないでいったいいつ羽目を外すんだ。若いくせにそんなことでイイのか!と無性に文句を言いたくなった。なんかハラが立った。

 まったくの言いがかりだということは百も承知だが、そういう雰囲気を感じてしまったのだから仕方がない。確かにウチのリョウヘイより100倍はマトモで、ナミヘイよりもマシなのだろうが、しかし、それではいけないと思うのだよ、若人よ。(書は捨てなくてもイイから)外へ出でよ。自らの経験値を高めよ。若いうちしかできないことにトライせよ、と言いたい。

 ちなみに、ウチのナミヘイは遠くの大学に行く!と何かにつけて騒いでいるが、しかし、そのための準備など何もしていないので、口ばっかりという一番情けないダメなヤツなのだが、妻はそれを逆手にとって、ナミヘイと一緒に食卓を囲めるのもあと2年しかないのね。淋しいな(ウソ)、だからちゃんと夕食時までには戻って来ること。一人暮らしは何でも自分でしなくちゃダメだから、アレもしなさい、コレもしなさい、とやり込めている。役者が違いますな(笑)。
 と言いながらも、やっぱりナミヘイは鉄砲玉でいつかどこかへ行ってしまうだろうし、逆にリョウヘイは他所では通用しないだろうからいつまでも家にいそうだし、妻もソバにおいて末永く面倒を見ようとしているようだ。はてさてどうなりますか。自分の老後以上に、不安ですな。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/1494-ba7d6a51

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。