スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大崎八幡神社経由、沢乙温泉

 例年、元旦の初詣はどこもすごい人ごみになるので、二日の午前中に大崎八幡神社に行ってきた。天気は良かったが、みなさん初売りに出かけているのか、すんなり神社の駐車場に車を入れることができた。
 お参りを済ませてから参道に並ぶ屋台を見て歩いた。ナミヘイが300円の「海鮮焼き」を買って食べたのでリョウヘイにも進めたがいつものように、オレはいい、と言う。私はよく「大判焼き」を買って食べるのだが、朝に食べたお餅がまだ腹に残っていたので、一杯200円の甘酒を買ってみた。そこへ妻がやってきたので一口上げようと甘酒の入ったコップを渡し、しばらく息子たちと話をして、さて返してもらおうと振り向くと、ナント!妻は全部飲み干していたのだった。
 言葉が出ず妻の顔をじーっと見つめていると妻も気付いて、エッ、お父さんがコレ飲むんだったの?だって、お父さん甘酒キライじゃない。てっきり私のために買ってくれたのかと思った、と言うのだった。
 ハイ、ハイ、そうです。お母さんのために買ったようなものです。一気に飲まれて光栄です。今年もその調子(=強気の姿勢)で頑張ってください。

 午後は、妻が初仕事に出かけ、ナミヘイは友達と初売りに泉中央へ向かい、リョウヘイは部屋にこもってゲーム三昧と各自それぞれに行動し始めたので、私はかねてより行ってみたかった利府の「沢乙(さわおと)温泉」に一人で行ってきた。
 自宅から20分で着いたが、宿の主人の愛想は悪いし、湯船は町場の銭湯のように小さいし、お湯も沸かし湯のようでツルツルもスベスベもしないし、なんか評判と違うなあ、まあ500円だから仕方ないかとあきらめながら、一旦上がって身体を冷まし、もう一度湯に入ったら、あら不思議!今度はお肌がツルツルするではないか!肌が湯に馴染んだのか?それともこれがph9の威力なのか?まあどっちにしても、これならじじばばを連れてきてもイイかも。よい下見となった。

 夜は、妻の言いつけで、家族で習字の「書き初め」をやった。妻は「大きな声」と書き、私は「温泉湯治」、リョウヘイは「前進」、ナミヘイは「挑戦」と書いた。妻以外はとてもへたくそな文字だった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/1587-5b42b86a

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。