スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結膜下出血と遠近両用メガネ

 前日の深酒のためボーっとした頭のままフトンから起き出し、そのまま食卓に着いて朝ごはんを食べ始めると、向かいに座るリョウヘイから「と、父さんのその目、どうしたの!?」と叫ばれた。妻も私の顔を覗きこむと「あらー!血がべったりー!」と言うではないか。
 「エッ、何?どうしたの???」と自分でも慌てたが、痛くもかゆくもない。近くに会った手鏡で顔を覗くと右目の瞳から右側の白目部分が血で真っ赤になっているではないか!なんじゃコリャ?
 痛くはなかったが、一応気になったので眼科に行くと「結膜下出血」というのだそうで、結膜下の血管が破れて白目部分に血が広がるのだそうだ。普通なら1~2週間で自然に吸収され治まるという。薬も処方されなかった。まあ、一安心。
 でも、せっかく眼科に来たので、ついでに眼鏡処方の視力検査をしてもらった。
 最近、手元が見えないのだ。パソコン画面は問題ないのだが、視線を手元に落として書類に小文字でメモしようとすると、コレが見えない。仕方がないのでメガネを左手でちょいと持ち上げ、裸眼で確認しながら書くということになるのだが、ハッキリ言って格好が悪い。
 同年代の者に聞くと、みんな遠近両用メガネにしていて違和感はないというので私も作ろうかなと思ったのだが、眼科医院で試させてもらうと、なんか違和感がある。
 特に、本を読むとき、文章を目で追いながら一番下まで読んで次の行の先頭に目を動かそうとすると、遠視部分のレンズをはみ出し近視部分のレンズにかかってしまうので文字がぼやけて読みずらいことこの上ない。結局、一行ずつ顎を上げ下げしなければスムーズに読めないことが分かり、途端に遠近両用メガネを作る気が失せた。
 医者も看護婦も、老眼用と近視用を別々に作って使い分けた方がいいですよと勧めるので、そうしようかと思う。おおっ、老眼鏡かよ。

          SPH   CYL    AXIS
  遠視用   右:-4.0D -0.5D   180
P.D63mm  左:-4.75D  〃     〃

  近視用   右:-2.5D -0.5D  180
P.D58mm  左:-3.25D  〃     〃

PS
 昨日の夜は大崎で今年5回目の新年会だった。中小企業の社長たちと盛り上がり、かなり飲んでしまった。二次会に連れて行かれそうになったが、振り切って帰って来てもこのザマ(結膜下出血)だ。調子に乗ってもっと飲んでいたらどうなっていたのだろう。医者からは出血が引くまではお酒を控えるようにと言われたが、来週も2回あるんだよね、仕事上の付き合いが。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

肋間神経痛ですか。
最近、私はなりませんが、確かにアレは痛い。
自然の治癒力に委ねるしかないかも。

No title

 くも膜下出血でなくてよかったねぇー。
 私も、もう1年間以上肋間神経痛に苦しんでおるよ。 最近は、左わきの肋骨あたりだけでなく、胸の中央部まで痛い時があるので、気持ち悪くて病院に行ったりするんだけど、検査結果はどこも悪くないって言われちゃうんだよなぁー…
 原因のわからない異常ほど、始末におえないものは無いですなぁ。

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/1610-5feeb180

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。