スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災後(3)J&B、(4)入りたい

(その3)
 泉中央の高層アパートに住むじじばばに怪我はなかったが、その後はどうしているかと思い震災から11日目に一度休みをもらって様子を見に行った。事前に電話をかけて何か欲しいものはないかと訊ねると特にないと言っていたのに、訪ねてみると灯油がポリタンクにあと一つしか残っていなかった。
 そのうち配達されるだろうから大丈夫、大丈夫と言うのだが、この燃料不足の折、それは非常に怪しい。家に戻ってウチのファンヒーター用の外タンクから灯油を抜き取り、ポリタンクで3つを運んだ。
 じじばばも小さな電気ヒーターは持っているが、都市ガスが復旧するまではストーブだけが唯一の熱源でそれがないと煮炊きもできないから灯油はじじばばにとって必需品のハズだった。妻からはそんなに上げたらウチの分がなくなるじゃないと後から小言を言われたが、まあ老い先短いじじばばなんだから人生の終わりぐらい不安なく過ごさせてやりたいじゃない、分かってよとでも話せば良かったのだろうが、フン!と言ってそっぽを向いてしまった。大人げなかった。
 灯油とともに明石台のウジエスーパーで買い込んだ色々なモノを持っていき、好きなモノを選んでもらった。ウジエスーパーには肉も魚も刺身もお寿司も豆腐も牛乳も焼き立てのベーカリーさえもなんでも揃っていて、以前と同様に点数制限もなく売られていたので驚いた。あるところにはあるもんだなあ、と思わず呟いたら、隣にいたオジサンも全く同じタイミングで同じセリフを呟いたので思わず顔を見合わせて「ですよねえ~」といってお互い笑った。レジに並んでいるときも前後の人たちと何とはなしに会話が生まれ、みんなたくさんの食料をみてホッとしているのがよく分かった。

 ところで、二度目の休みを震災から18日目(28日)にもらい、再びじじばばのアパートに顔を出したら、やっぱり灯油はまだ配達されておらず、7日前に持っていった灯油が重宝されていたのだった。<(`^´)> エライ!

(その4)
 都市ガスが回復しないのでどうせ家に帰っても風呂には入れない。非常時なんだからと自分に言い聞かせて我慢してきたが、震災後11日目にもらった休みの際はどうしても我慢できなくなってヤカンでお湯を沸かし3つ分を溜めて小さな衣装ケースに熱めのお湯を作って、それで頭や身体を洗ってみた。湯冷めするかなと思ったが、熱いお湯を我慢してかぶるとカラダも冷めずに頭も身体も不自由なく洗うことが出来た。うん、これはイケるぞ。色々不自由な生活を強いられる日々だが、この「衣装ケース風呂」があればドンマイ、ドンマイ。なんてことないさ。頑張れ、東北!やるぞ、ベガルタ!(及びイーグルス!)
 ちなみに、家族は友達や近所の知り合いにもらい湯して、ちゃんとした風呂にすでに3回も入っているのだった。くそー、やっぱり羨ましいぞ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/1651-975533d1

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。