スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災後(9)リズ

(その9)
 この間に、エリザベス・テーラーが亡くなり、彫刻家の佐藤忠良氏も亡くなった。今回の大災害さえなければ、特にエリザベス・テーラーの場合は、日本でもすぐに特集番組が何本も組まれただろう。アメリカの「繁栄と衰退」を具現化したような大女優だった。
 高校生のとき美術部だったので腕試しにエリザベス・テーラーの写真を見ながら顔だちをスケッチしたことがあるが、見れば見るほど端正で非の打ちどころがない顔立ちに思えて、これこそがミケランジェロの彫像のような理想の姿、美の象徴ではないかと心底感心した覚えがある。単純に美しさを競えば、オードリー・ヘップバーンよりもリズの方が断然美しいと私は思った。あんなに太い眉毛をしていて全く美しさを損なわず、むしろ意志の強さを感じさせる女優はリズ以外には見当たらない。不世生の大女優だったと思う。
 ただ、晩年は離婚結婚を繰り返し、三面記事を賑わせるたびにガッカリさせられた。あの「若草物語」(49)の四女エイミーも成長するとこんな風になったのかもと思うと非常に寂しかった。
 なお、映画「ジャイアンツ」(56)でロック・ハドソンやジェームス・ディーンと共演した時の東部の名家の娘レズリー役が最もエリザベス・テーラーの実像に近かったのではないかと勝手に思っている。
 また、ひとつ「古き良き時代」が去ったような気がする。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/1654-9cb8e9f2

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。