スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災後(27)週末

(その27)
 ようやく週末か。なんか疲れた一週間だった。庭のシダレザクラは今年も花芽が少なく、部下に自慢したくなるような春爛漫の“満開”とはならなかった。ちょっと残念。どうして花芽が少なくなってしまったんだろう。
 「サクラ切るバカ、ウメ切らぬバカ」というらしいが、やっぱり、2年前にばっさりと枝を切り落としたことが原因なんだろうか?このトシになっても分からないこと・知らないことばっかりだ。

 石巻勤務で被災した昔の同僚(先輩)が古川にやってきたので少し話を聞いたが、だいぶまいっているようだった。普段なら大きな声でかなりキツイ冗談を飛ばす豪快な先輩なのだが、今日は力強さが感じられなかった。
 松島の自宅が津波に襲われ1階部分は全滅。辛うじて残った2階で暮らしているが買ったばかりの車も流された。仙石線が止まっているので通勤も大変だ。おかげで職場に20泊ぐらいしたかな。古川支社勤務だったら車も無事で他人事でいられただろうが(?)当事者だし職場も被災して滅茶苦茶だ。全く余裕なんかないぞ。ところでコッチはどうなんだ?なんかヒマそうにしているじゃないか。人も車ももっと石巻に回して寄こせ!と最後は吠えられた(根は元気な先輩だ)。
 しかし、全くそのとおりだ。困っている人たちがたくさんいるのに、すぐにお役に立てることができない。ガレキの後片付けぐらいはできるだろうが、被災者はそんなことを求めているんじゃないだろう。将来の見通しが立てられるような支援、具体的には住居の確保と、仕事の確保。これに尽きるのではないか。
 宮城県が4千人を緊急雇用すると言っているが、6ヶ月とか1年程度の短期バイトだし、とてもそれでは一家の生計を支えられない。日給9千円程度なら、十何ヶ月だか支給される失業保険をもらって、その間に実入りのイイ仕事を捜す方を誰だって選択するだろう。だから、どこの自治体の募集にも応募者が少ないのだ。
 やはり、根本的な解決には「仕事を作ること」が一番重要だ。特に漁業と水産加工業は港とは切り離せないのだから、背後地に公的資金を投入し組合形式で冷凍施設やライン工場を整備して共同利用を図るなど、とにかくヒト・モノ・カネを少しでも早く動かすことだ。
 まあ、その前にガレキの撤去や電気・水道・ガス、道路などのインフラ復旧がまず必要なので時間がかかるから、その間に被災地に仮設住宅を建設して近くに商店を開き、個々人の生活を安定させることを優先させるべきだろうな。
 大崎に勤務していてできることは何か?
 沿岸部に消費財を送ることと沿岸部の生産財を消費することか。
 来週には東北新幹線も全線開通するらしい。
 さらにまた日常が回復してヒト・モノ・カネが全国規模で廻り出すことに期待する。
 温泉地にでも行くか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/1674-46bfee36

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。