スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菜の花フェスティバルと記念日

 鳴子に二次避難している南三陸町や東松島市(ああっ、全然ピンとこない地名だな。つまり、志津川町と歌津町、鳴瀬町と矢本町)の千人を超える避難者の方々を励ますイベントが川渡(かわたび)温泉の河川敷公園であり、そのお手伝いに行ってきた。
 一日中、太陽が顔を出し天気はまずまずだったが、いかんせん風が強くて遮蔽物のない河川敷では、それはそれは大変な状況だったが、JCや地元企業の出店者たちがボランティアの皆さんと一緒になって笑顔で取り組んでいたので(その熱意が十分に伝わる)良いイベントではなかったかと思う。
 ただまあ、がっかりすることもあった。地元の皆さんが被災者のために靴下や下着、Tシャツなどをたくさん用意して配ってくれたのだが、それをバーゲン会場のように人を押しのけて大きなビニール袋にたくさん詰め込むおばさんたちがいて、イヤな気分になった。互いに困っている者同士なのに、どうして譲り合わないのだろう。会場に品物を持ち込むときに使った段ボール箱を裏から見つけてきて、それに溢れるくらい詰め込んで、ステージで行われているあいさつや演奏には全くお構いなし、というツワモノもいたが、そんな人たちを正直、私は助けたくない(勝手にしろ)。
 また、子供たちは無邪気すぎる。被災者だという悲しみの雰囲気はどこにもなくて、友達同士でじゃれあい、あっけらかんと遊びまわっている(まあ、子供はその方がイイのかもしれないが)。そもそも心に傷を負った子供たちは最初からこんなイベントには参加しないか?180人を超える子供たちが鳴子に転校してきたというが、実態はどうなのだろう?地元のガキどもたちよ、転入生をいじめるなよ。
 と、まあつまり、厚顔で鈍感な人たちがどんどん生き延びていく、という事実が改めて再確認されてしまったイベントでもあった。なんか哀しいな。

 早朝からの準備と片づけ作業でクタクタになって夕方、鳴子から家に戻ると妻がイイ恰好をして待っていて、さあ、何か(プレゼントが)あるのかな?それともどこかに美味しいものでも食べに行くのかな?と皮肉っぽく言うので、別に何もないよ、なんでそんなことを聞くんだ?と答えた瞬間、思い出した。ああっ、今日は結婚記念日だっだ。また忘れた。
 そんな訳で23回目の結婚記念は長命ケ丘の和食料理店「多和喜」で美味しいてんぷらとお刺身を食べてきた。うまかったが、週末の夜は宴会客で非常に混んでいて食事が出てくるまで40分もかかったので、例によってナミヘイは露骨にブーたれた。こんなサルのようなヤツを連れてきたくはなかったが、妻が騒ぐのでしょうがなく連れてくると毎回コレだもの。ホントにイヤになる。今日は両親の記念日なんだぞ。少しぐらいは気を使え。まったくお前なんかコンビニ弁当で十分だ(というと、ああ十分だね、と憎まれ口をたたく。まったく可愛くない。こんな味音痴に千円以上の食事をさせたくない!)

PS
 妻がイイ恰好をしていたのは午後、ナミヘイの高校でPTA総会があって出席して来たんだと。40人のクラスで出席した父兄は10人だけ。高校だとそんなものか?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/1696-03deb887

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。