スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリノスのシュンスケ

 朝10時、私がのんびり新聞を読んでいると妻の友達から電話があった。妻が受話器を持ったまま振り返り、今日の午後1時からのベガルタ戦のチケットが2枚余ってるんだって。お父さん、ほしい?と聞くので、う~ん、どうしようかなあ、雨模様だし。ところで、どこと対戦するの?と気のない返事をすると、エッ、マリノス!?そりゃあ、行きたい!雨だけど行きます、行かせください!と答えて、妻のお友達の家へチケットをもらいに車を走らせた。
 さて、誰と見ようかな?当然、妻は行かないし、息子二人に声をかけても長男は興味ナシと言うし、二男は高総体の練習でそんなヒマなし、と言う。じゃあ、一人で見に行こうかと思ったが、妻はもったいないワ、誰かを誘いなさいよ、と言う。でも、もうすぐキックオフだし、私が思いつく連中はみな年間チケット購入者だし、誰もいないよと言うと、妻が別の友達(高校の同級生)に電話をして、サッサと話をまとめてしまい、ご主人(植木職人で我が家の造園をお願いした人)と見に行くことになった。なんでも朝方の雨で今日の仕事が急に休みになり、ちょうどヒマにしていたところだったらしい。一度ユアスタに行きたいと思っていたというし、マリノスなら中村俊輔選手や中澤佑二選手を見てみたいというので、ちょうど良かった。リョウヘイに車でユアスタまで送り迎えしてもらい、楽チンだった。

 試合は1対1の引き分けで、先制したベガルタが追いつかれた展開だったが、素人目にもマリノスの選手たちの方が上手でルーズボールはことごとくマリノスに拾われていた。引き分けで「御の字」だったと思う。
 マリノスのゴールは俊輔のセンタリングが仲間の頭にドンピシャリと決まった得点であったのに対して、ベガルタの場合は苦し紛れにあげたセンタリングがディフェンダーに当たってコースが変わり、ちょうどゴール前に詰めていた赤嶺選手の頭の前に飛んできて、どうぞヘディングで決めてくださいと言わんばかりの、ごっつあんゴールだったから、まあまあ引き分けでラッキーだったのではないかと思う。
 今日座ったS指定メイン南のD-2列・42番はコーナーからの至近席で2ゴールともハッキリと見ることができ、久しぶりのサッカー観戦を十二分に堪能することができた。サッカー初観戦の植木屋さんも大変な喜びようだった。
 ちなみに、ゲーム後半、マリノスのコーナーキックのたびに俊輔選手が目の前に立ち、そのたびに多くの観客が寄ってきてカメラや携帯をかざすので可笑しかった。やっぱり、みんな有名人が好きなんだな。
 ところで、ゲーム途中、俊輔からのパスが短くてベガルタに簡単にカットされる場面があった。考えられないようなパスミスで、衰えたりシュンスケ!と言いたくなるような場面だった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/1705-f76fc641

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。