スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修学旅行

 仙台の小学校の修学旅行先といえば会津若松が定番だが、今年会津に行くのは市内125校中2校だけとか。福島第一原発からの距離は、会津も仙台もほぼ等距離で約100kmと離れており、ほぼ健康には影響がないと言われているのだが、それでもフクシマだから、行きたくないのか?
 今日、妻が仕入れてきた井戸端会議情報によれば、アンケートを取ると父兄から会津若松が拒否されるのだそうだ。行く予定の小学校でも行きたくない子は行かなくてイイと言っているとか。エッ、それで修学旅行なの?
 さらに驚くのは、行かないと前から言うとグループ学習で仲間外れにされるから行くと言っておいて当日は行かせないと考えている親が結構いるんだとか。う~ん、それで子どもは納得するのか?半数が行かなかったらそんな修学旅行って意味あるのか??
 震災後の復興にむけて国民一丸となって助け合おうというスローガンには誰もが賛同するクセに、やることがソレではまるで菅直人、いや「面従腹背」ではないか。情けない。我が子を危険な目に遭わせたくないという気持ちは分かるが「危険」なのではなくて「危険かもしれない」という風評に踊らされているだけだ。落ち着いて考えてほしい。
 なお、会津へ修学旅行中に原発が再度爆発して大量の放射能が周辺に飛び散ったらどうするのかと学校側に食ってかかった親がいたというが、被爆しないよう常にラジオなどで最新情報をキャッチする、原発事故が発生したら速やかに屋内に退避させ、体内に放射線を吸い込まないよう口をおおうように指導する。どこにいても旅行先ではそれぐらいしかできないだろう。それ以上の対応を学校に求めるのは酷だし、だからフクシマには行かないというのは如何なものか。家の外に出ないわけにはいかないのだから。
 しかし、小学校では校庭での運動や屋外プールの使用を制限しようという動きが広がりつつあるらしい。困ったものだ。とにかく一刻も早く福島第一原発を安定させてほしい。そうしないと風評被害がエスカレートするばかりだ。もう少し鈍感になれよ、みんな。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/1713-4292e5c1

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。