スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お餞別

 とうとうキムラ君やエンドー君と別れる日がやってきてしまった。非常に残念だ。優秀な二人と仕事をしているとリズムがあって愉しく、色々なやり取りが、また面白かった。震災対応も含めて、久しぶりに充実した1年と3ヶ月だった。二人には「ありがとう」という感謝の言葉を贈りたい。また、それを形に現わしたくて、O女史と合わせて3人に岩出山の名物菓子、一斗缶入りの「かりんとう」を最後に餞別代りに進呈した。明日からの新しい職場に手土産代りに持っていってくれ。
 本社に初めて異動するO女史はイヤがるかなと思ったが、笑いながら受け取ってくれた。でも、コレ(一斗缶)を持って新幹線に乗って帰れるか?と意地悪な質問をすると、う~ん、と考え込んでしまったが、そこは良くできたキムラ君がすぐに救いの手を差し伸べた。車で通っているので私が2つを持って帰り、明日本社に2つ持って出勤します!ということで、一件落着。まあ、一斗缶を二つもって本社に出勤するのも勇気が要りそうだが、キムラ君ならなんとかするだろう。頑張れよ。その感度の良いビジネスセンスに期待しているぞ。
 そして、気仙沼に行くエンドー君よ。いつもの行動力で君も頑張ってくれ。私の第二の故郷、気仙沼を助けてやってくれ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/1739-4ffb5f02

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。