スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人間の証明」

 ケーブルテレビで「人間の証明」(77)をやっていたので思わず見入ってしまった。
 学生時代、派手なCM戦略で映画界を席巻していた角川映画の一つで、西条八十の詩「帽子」が印象的、イヤ、それだけが強く印象に残った映画だった。34年ぶりに見た映画自体は凡作(というか当時の演出が幼い、というか舞台のようなクサイ演技)だったが、やはり「詩」にまつわる音楽と映像だけは当時の印象のままに強烈だった

『母さん、僕のあの帽子、どうしたでせうね
 ええ、夏、碓井から霧積へ行くみちで
 渓谷へ落としたあの麦稈帽子ですよ

 母さん、あれは好きな帽子でしたよ
 僕はあのとき、ずいぶんくやしかった
 だけど、いきなり風が吹いてきたもんだから

 母さん、あのとき、向うから若い薬売が来ましたっけね
 紺の脚絆に手甲をした
 そして拾はうとしてずいぶん骨折ってくれましたっけね
 だけどとうとう駄目だった
 なにしろ深い渓谷で、それに草が
 背丈ぐらい伸びていたんですもの

 母さん、本当にあの帽子どうなったでせう
 そのとき傍に咲いていた車百合の花は
 もうとうに枯れちゃつたでせうね そして
 秋には、灰色の霧があの丘をこめ
 あの帽子の下で毎晩きりぎりすが鳴いたかも知れませんよ

 母さん、そして、きっと今頃は、今夜あたりは
 あの渓間に、静かに雪が降りつもっているでせう
 昔、つやつや光った、あの伊太利麦の帽子と
 その裏に僕が書いたY・Sという頭叉字を
 埋めるように、静かに、寂しく』
 

 ちなみに、この映画に出ていた俳優・女優陣が凄かった。
 もう鬼籍に入った方々が多いが、まあ当時の角川映画の意気込みがよく分かるラインナップでした。

 三船敏郎、岡田茉利子、岩城滉一、高沢順子、松田優作、鶴田浩二、ハナ肇、鈴木瑞穂、地井武男、和田浩治、峰岸徹、夏八木勲、長門裕之、范文雀、ジャネット八田、坂口良子、伴淳三郎、竹下景子、北林谷栄、西川峰子、大滝秀治、佐藤蛾次郎、室田日出男、鈴木ヒロミツ、ジョージ・ケネディ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/1745-f1744533

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。