スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は正しい

 先週、泉図書館の臨時カウンター前でのこと。品のよさそうなおじさんが窓口の青年に丁寧な口調だが文句を言っていた。
「なんで予約した本の取り置き期間を2週間から1週間にするんですか。困るんですよ。1週間では図書館に取りに来れないこともあるから2週間にしてください。」
「以前から予約本の取り置き期間は1週間でした。それが地震で管理システムが被災し通常どおりのパソコン管理が出来なくなったので便宜的に2週間に延ばしただけで、それを元に戻すだけですのでご理解ください。」
「いや、困るんです。いま読んでいる本がたくさんあるときに突然1週間以内に取りに来いと言われても対応できません。私が読みたいときに取りに来たいんです。」

 そのやり取りを後ろで聞いていて頭の中が?????でいっぱいになった。このオヤジは何を言っているのだ。おまえの本じゃないんだぞ。みんなの本なんだから、おまえのためだけに長期間取り置くことなどできる訳がないじゃないか。バカか、おまえは。そのあんまりのわがままな言い草に思わず一緒にいた妻と顔を見合わせてしまった。
 
 帰りの車の中で妻からは、そんなことをしたら他の利用者の迷惑になるとお父さんがガツンと言ってやればよかったのよ、と叱られた。私もよっぽど言ってやろうかと思ったが、そのオヤジの顔を見ると私は正しい、私は何も間違っていない、なんで理解しないのかという顔をしているので止めた。こういう人間には何を言っても無駄だ。「お母さんに意見するのと同じで何を言っても無駄だと思ったから止めた」と言ったトタン、4日経っても妻は怒っていて、まともに口を聞いてくれない。なぜ人は本当のことを指摘されると怒ってしまうのだろう。ああっ、イヤだイヤだ。

PS
 今朝のはなうたはコレ。サーカスの「アメリカン・フィーリング」(79)
 ♪いま私はコバルトの風~♪

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そう思うが、たまに口がすべる。
まさに「災いの元」だ。

No title

 あなた、それは一言多いよ…(-_-;)
 

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/1844-31d38b42

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。