スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借りた本

「神様の女房」高橋誠之助(11.09) 経営の神様、松下幸之助を支えた妻、むめのさんの前向きな生き方が記されている。商売を本気でやるならこれくらいやらないと成功は覚束ないのだろうし、それを徹底するところがすごい。脱帽である。
「ザックジャパン『頭脳的サッカー』で強豪は倒せる」杉山茂樹(11.08) この人はホントにヨーロッパ・サッカーの信奉者だな、ということが改めて分かる本。ヨーロッパの監督は非常にシビアに評価されるから優れている者が多い、だからヨーロッパで実績を持つ監督を招へいせよ、というのがこの人の昔からの主張だからか、ザッケローニ監督をベタ褒めしている。さて、どうなりますか。
「ザックJAPAN三つの選択」杉山茂樹(11.08) どうして同じ時期に同じようなテーマで2冊の本を出したのだろうと思い読んでみると、ザックの戦術をこちらでは詳しく解説している。岡目八目という言葉を思い出しながら読んだ。
「半島へ」稲葉真弓(11.05) 女性には受ける文体とストーリーかもしれないが、繊細さに大きく欠ける、要するにガサツな私には絵空事のように思えて物語の中に入って行けなかったのが、残念。
「親が70歳を過ぎたら読む本」村田裕之(11.02) ひょんなことから作者のブログを知り読んでいると色々教えられることが多く、一度本を読んでみようと書評で評判の良かったこの本を借りてみたが、チョット読み進めず。憂鬱になる課題がたくさん出てくるから。ホントはもっと真剣に向かい合わなければならない問題だとは思うのだが。
「フェイスブック完全活用術」佐々木和宏(10.11) フェイスブックに興味があったので色々借りてみた本の一つ。実際のパソコン操作をする上では大変参考になると思われる本(まだやらないのであくまで感想です)。
「張り込み姫 君たちに明日はない3」垣根涼介(10.01) 現代社会の象徴である「リストラ」を物語の背景に、つまり職業とは、仕事とは、ということを様々な人間模様を通して考えさせてくれる小説。評判がイイのかシリーズ3冊目。最近は仕事小説というジャンルもあるらしい。

PS
・どうして応援するチームがことごとく負けるのか。レンジャーズだったり、ファイターズだったり(ファイターズの場合はライオンズに勝たせたくないという気持ちから)、ああーテレビ観戦の意欲がなくなるー。

・今日は午後、二十歳になる息子のリョウヘイと水の森公園を散策してきた。小学校時代以来だということで懐かしがっていた。歩きながら色々話をした。たまにはこんなこともイイのかも。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/1854-139154af

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。