スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフプラン

 今日は半日、本社で行われた「ライフプラン」の講習会を受けて来た。
 ライフプラン、つまり、将来を想定しながら立てるこれからの生活設計のことで、退職後の健康や経済、生きがいなどの生活領域全般にわたる総合的なプランニングについて、項目ごとに生命保険会社OBだという講師から指導を受けた。生きがいづくりや健康の話は余計なお世話だ、言われなくても分かっているというものが多かったが、お金の話は普段あまり興味がなく全然分からなかったので、これはなかなか面白かった。
 お金を①蓄える、②預ける、③殖やす、④貸す、⑤借りる、⑥備える、⑦使う、という7つの視点から考えようという話の中で、定期預金の金利はこの10年の間に上がったり下がったり最大8倍ほどの変動幅がある、だから退職金を預けるとしても2年定期で運用しなさいとか、資金は3つに分けて、老後の蓄えは「安全性」で、余裕資金は「有利性」で、当面の運用資金は「換金性」で預けなさいとか、「③殖やす」ことは今の時代考えないように、オイシイ話などどこにもありませんからとか、「④貸す」ことについては、知り合いから頼まれた場合、貸して壊れる人間関係と、貸さないで壊れる人間関係のどちらが根が深いか、答えは言わなくても明らかでしょうとか、借金は退職前にすべて返すんだという強い気持ちで臨んでください、やればできます、やらないだけですとか、みなさんも保険に入っていでしょうが、セールスレディの言いなりになっていませんか、家族のためか、遺族のためか、自身の老後のためか、その都度見直す必要があります、子どもが独立したら定期特約部分を小さくしてかけ金を抑えましょうとか、いろいろな保険が出ていますが、結局保険はすべて掛け捨てです、女性が大好きな満期時に戻ってくるタイプはしょせん中途半端です、お金を貯めたいなら定期預金や5年の財形貯金をしなさいとか、せっかく自分で稼いだお金ですから自分で使うべきです、私は退職後に妻とヨーロッパ旅行をしましたがとても良い経験でした、できれば現職の内に自分のために使うことをお勧めしますとか、人生経験も含めて面白い話を5時間聞いてきた。いい勉強になった。
 しかし、こういう話を聞くトシになってしまったかという残念な思いが先に立ち、これを機会に積極的にライフプランをまとめようという前向きな気持ちにはなれなかった。

 ところで、会場で昔々お世話になった庶務のおばさん、イトーさんにお会いした。懐かしさよりも早速、口先バトルとなってしまったのは会えばいつものことか。

イトーさん「あれ、なんであなたがココにいるの?まだまだ早いでしょー。」
私「そういうイトーさんこそ、今ごろ聞きに来るなんて手遅れじゃないですか?」
イ「何よその生意気な口は!でも実はこれで3回目の受講なのよ。」
私「イトーさんみたいな人がいるから希望者がなかなか受講できないんじゃないですか。イトーさんは仕事をずる休みしたいだけじゃないですか。」
イ「そういうあなたは高い給料に見合った働きをしているの。」
私「周りの社員は給料に見合う仕事をしていないと思いますが、私はしています。」
イ「あらー、すごい自信。よくそんなことが言えるわね。」
私「ホントのことですから。だから支社の部長を任されているんです。」
イ「まあー言うわね。でもホントに仕事をしない中高年社員が多くて私でさえ頭に来ることがあるわ。」
私「どうしてイトーさんの上司は注意しないんですか。」
イ「自信がないからよ。部下にバカにされているわ。そういうあなたはちゃんと部下に仕事させているの?」
私「給料泥棒の情けない部下が二人います。この二人はいくら言ってもダメなのでその部下の分まで仕事をしています。上司としてはイケナイ対応なのでしょうが、ハンコを押すだけの仕事じゃつまらないので自ら企画して若手に指示しています。係長時代のようで楽しいです。」
イ「ふ~ん、張り切りすぎね。せいぜい部下に嫌われないように頑張って。そうそう今週は管理職評価の提出期限じゃない、なんて評価されるのかしら。」
私「去年は大崎に異動したばかりで今以上に頑張っていたのですが、それでも平均以下の評価をした部下が一人いたのであきらめました。しょせん評価って好き嫌いなんだなって悟りましたから。好きなようにやっています。イトーさんはあと2年ですか。」
イ「そうよ、あと2年でハッピー・リタイアメントよ。夫の両親も去年相次いで亡くなって家では私の天下よ。先週は東京ディズニーランドに遊びに行ってきたわ。これで今年4度目よ。ふふふ。」
私「4回も?58歳のおばさんが!いったい誰と行くんですか?」
イ「夫とか、娘とか、お友達とか、いろいろよ。」
私「ふ~ん、イトーさんは人生をエンジョイされているようですが、仕事もちゃんとやってください。」
イ「ちゃんとやっているわよ。」
私「同じ講座を3回も受講するなんてサボっているとしか思えません。ひょっとしてイトーさんは転勤するたびに講座受講の申し込みをしているんじゃないんですか?」
イ「ウッ、それは.....」
私「ふふふ。図星のようですね。チクリませんからイトーさんも職場で愛される庶務のおばさんでいてください。あっ、親睦会を脱会するくらいだからそれは無理か。」
イ「ふん、余計なお世話よ。あなたもせいぜい禿げないように気をつけなさい。」などと言い合って別れた。やれやれ。

PS
 ライフプランを考える上で講師が奨めていた雑誌がコレ。毎年12月に出版される週刊朝日の臨時増刊号だとか。「夫婦で考える 定年後のお金と暮らし」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まあ、お互いそういうトシになったということですな。

No title

 なんか今回の記事は、今までで一番ためになったような気がする。うむ…(-.-) このMOOK、読んでみようかな。

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/1861-4c5460b4

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。