スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「司馬遼太郎覚書 『坂の上の雲』のことなど」

 3年にわたるNHKドラマ「坂の上の雲」の放映により、再び作家・司馬遼太郎に注目が集まっているが、その人気にあやかった多くの興味本とは一線を画して、辻井喬の「司馬遼太郎覚書」は大変真面目に司馬を論じている。
 作者は40年前、司馬遼太郎たちが立ち上げた同人誌に加わり、その長い付き合いを振り返りながら鋭い評論を展開する。
 司馬は、明治期の日本が欧米列強に伍していく過程を「坂」にたとえ、その坂を上る過程で生じた様々な困難を綴りながら、しかし、その坂の上にはきっと素晴らしい「国家」があるにちがいないと信じた「国民」が生まれた時代、明治を「明るい時代」だったと捉えた。
 しかし、坂の上にあったのは晴れ間ではなく、曇り空でもなく、土砂降りの陰鬱な「暗い時代」、戦争に突き進む「昭和」の時代が待っていたとして、そのきっかけとなった(と司馬が考える)二○三高地の攻略戦で多数の死者を出した司令官、乃木希典を痛烈に批判している。またそれは兵士の人命を軽視し無謀な突入を繰り返す司令官を軍神に祭り上げ、国のために死ぬことは素晴らしいことだと誤った認識を広め、昭和に入って国家や国民を死の淵に追いやった軍部暴走の萌芽と捉え、激しく嫌悪した。
 作者は、そういう認識を持つに至った司馬の思考に丁寧に、かつ深く分け入って行く。また、同時代の人気作家としての松本清張も取り上げ、その相違する点と類似する点を語りながら、司馬遼太郎をさらに語って行く。

 私にはこれ以上うまく要約できないが、評論書ながら非常に面白く読めた。
 もう一度、司馬遼太郎と松本清張の本を読み返してみたくなった。

PS
 今夜は、午後に行ったわが社主催の講演会の講師の慰労会を予定していた。しかし、支社長や次長が出るというので連日連チャンの私は遠慮すると早々に宣言したが、思いのほか講師の話は面白く発想も非常にユニークだったので、もっと詳しく話を聞きたいとも思ったが、いまさら出たいというのもイヤだったので、サッサと帰ってきてしまったが、う~ん、やっぱりヘンな意地を張らなければ良かったか、残念。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/1926-7f5c4df5

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。