スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の唄といえば

 日本海側はすごい雪が降っているが、勤務先の大崎地方も量は少ないが毎日雪が降っている。今週の雪は、さらさらとしたパウダースノーで踏むとキュッキュッといい音がする。若いころであれば週末はスキー場だななどと呑気なことを思うところだが、毎日のように報道される雪おろし作業中の死亡事故の多さに、そちらの方が気になるトシになってしまった。気の毒というほか言葉が出ない。

 しかし、雪の中を歩きながらこんな唄が口をついて出ると、ちょっと楽しくなる。

♪処女雪 ひかる ひかる    雪山 呼ぶよ 呼ぶよ
 ヤーヤッホー ヤーヤッホー  こだまが こたえるよ
 なんだか今日は いいことが  ありそうな 気がするよ
 すてきな恋の 前ぶれか    カモシカ 飛んでいく♪

                       「白銀は招くよ」('60)

 でも間違ってこんな唄をうたってしまうと、朝からちょっと気分が沈む。

♪雪の降る街を 雪の降る街を 思い出だけが 通り過ぎてゆく
 雪の降る街を 遠い国から落ちてくる この思い出を この思い出を
 いつの日か つつまん 温かきしあわせの ほほえみ♪

                        「雪の降る街を」('52)

 ちなみに、この唄はどうか?

♪雪よ岩よ  われらが宿り
 おれたちゃ 町には住めないからに
 おれたちゃ 町には住めないからに♪
     「雪山讃歌」('59)

 って言っても山を下りれば女性のあとを追いかけているにちがいない。

 個人的には広瀬香美のベストアルバム「Love Winters」('98)辺りがピンとくるかな。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/1931-17c4f747

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。