スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダメ教師

 高校生の工場見学をお手伝いした。でも、多くの生徒はどこか上の空で話を聞いているのか、いないのか。厳しい就職事情をどうも実感できていないようだったが、16才では仕方ないか。
 しかし、もっと困ったのは引率した中年のダメ教師たちだ。これまで2年間、色々な学校の企業訪問をお手伝いしてきたが、最低最悪の教師たちで、初対面なのにタメ口を聞き、礼儀も知らず、やってもらってどうもね、というあまりにも軽い返事にその真剣さを疑った。また、服装も着こなしもだらしなく、なんでこんなヤツラが教師なのか、優秀なのに非常勤講師にしか就けない若い連中のことを思うと実に腹立たしかった。生徒たちの就職に懸命に取り組んでいる教師たちにもたくさん会ったが(だから応援したくもなったが)、努力を怠っている一部の者がその努力を台無しにしてしまっている。

 皆さんも次のような場面に遭遇したらどう思うだろうか?

 朝早く生徒たちを引率して沿岸部からバスで大崎地域まで来るのは大変だったろうが、案内役として途中からバスに同乗すると挨拶もそこそこに、おにぎりを食べながらくだらない話を話しかけてくるのだった。この礼儀知らずめ。移動中の雑談でも教育の話はほとんどなく、下世話な世間話ばかりなのだった。ウチのおんちゃんはこの前の津波でああーだった、こーだったとか、○○をオレは△△店で安く買ったがアイツは5万円も高く買ったんだバカだよなとか、途中からは相槌を打つのもバカらしく無視したが、無視されたことも分からないようで話し続け、生徒のことをおまえらとか、こいつらとしか言えない、品格ゼロの薄汚い中年教師たちなのであった。ああー情けない。これが担当教諭なら生徒たちはホントに可哀想だ(イヤ、案外レベルは取れているかも.....)。

 実は、ウチの支社長の方がよっぽど高校生の進路のことを考えている。ただの見学では何もならない、見学する前に何を見に行くのかを考えさせ、見学した後ではその感想を持ち寄って職業について議論すること、内省することが大切だ、そこまでやってもらえるなら見学をお手伝いしましょうというポリシーを持つ。そのとおりだと思う。ただ、今回は沿岸被災地域の高校ということでちゃんとコチラの意図を伝えずに二つ返事で引き受けてしまったら、このザマだ(どんな場合でも確認は必要ですな)。

 ついでに書いておくと、こいつら(=教師の方です)ときたら、各工場でもらった記念品を比べてA社よりB社の方が良かったなとか、オレにはとっても工場勤務なんか勤まらないなとか、ああー今日は一日楽しかったなあーとか、バスの中で言いたい放題なのだった。最後に、またこういうことがあったらよろしくと言われたが、誰がこんな高校のお世話を二度とするものか。
 また、こちらから生徒たちにお願いしたアンケートも、ちゃんと提出しろよ、それを出席確認の証拠にするからなと生徒を「指導」するのだった。違うだろうー、それを元に就職を考えさせるのが教師の仕事だろうーがー。ホントに最低の教師たちだった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/1950-3fd0da0c

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。