スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借りた本

「昭和プロ野球徹底観戦記」山口瞳(12.01) 内容があまりにも古い。「神様、仏様、稲尾様」の稲尾和久投手が現役時代の話なのだ。なぜいま再出版するのか?その意図が全然分からない本だ。
「私たちの『はやぶさ』」JAXA編(12.01) つまらなかった。「はやぶさ」にかかわった方々が多数紹介されているが、焦点がどこにあるのかが分からない本だった。すでに多数の関連本を読んでしまったが違う関連本も読みたいという人向けか。
「宇宙はなぜこんなにうまくできているのか」村山斉(12.01) 中高校生向きの内容ながら大変面白い本だ。少し前に読んだ野本陽代さんの「ベテルギウスの超新星爆発」とかぶる記述は多いが、宇宙から量子力学の話に続き、興味を引き付ける内容になっている。
「奥山准教授のトマト大学太平記」奥本大三郎(11.12) 大学運営の裏話や教授と学生たちとのちょっとした知的で洒落た何気ない会話がウリの小説なのだろうが、なにか絵空事に思えて読み進めなかった。仕事や生きることにプレッシャーを感じていない人とか、ヒマな人向き。
「海の向こうに本を届ける」栗田明子(11.11) 日本の優れた本を海外に紹介し出版することを夢見て70年代より取組んできたパイオニア的女性の著作権輸出体験記。やがて自らの会社を立ち上げ、交渉国40ヶ国、海外翻訳出版の累計契約数が1万3千作品に達したとか。日本を理解してもらうために素晴らしい働きをしていると思う。是非、続く人があってほしい。ちなみに、最初に翻訳出版できたのが小松左京の「日本沈没」(73)というのには笑った。三島とか大江とか安部はどうした。
「スエズ運河を消せ」デヴィッド・フィッシャー(11.10) 第二次世界大戦のアフリカ戦線で活躍した英国人マジシャンのお話だ。大変に分厚い本で、大胆なカモフラージュを駆使してドイツ軍をだます冒険談が全編にわたって続くというのなら嬉しいのだが、見てきたような情景描写が延々と続く文章には少しうんざり。内容は十分に面白いので、誰かジュニア向けにダイジェスト版を出せばイイのに。
「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」竹田恒泰(11.01) なるほどなあ、日本人の行動を前向きにとらえるとそういう褒め言葉になるのかと感心させられるが、同じくらいあるはずの悪い面には全く触れられていないこと、また途中からは皇室礼賛に話が変わっていくので魅力が半減してしまった。日本の皇室は途切れることなく二千年の歴史がある、この天皇制が今の日本の礎を築いたと言うが、いくらなんでもそれは褒めすぎだろう。

PS
・スポーツクラブに行ってきたが、体重は64.2kg。なかなか下がらないな。
・ケーブルテレビ「jcom」に行って契約コースを代えてきた。通常コースだと40チャンネルほど見られるのだが、ハッキリ言って全然見ていないし、イーグルスやベガルタの試合も全試合中継があるわけでなく、去年も実際に見たのは数えるほどだった。それなのにネットと電話のセットで月額7200円も払っていたのだが、毎月好きなチャンネル1つだけを選んで視聴できるタイプ(+ネット+電話)が新設され月額4200円で済むというのが分かったので代えることにした。まあ、これで十分だな。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/1971-b5eb24c6

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。