スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台国際ハーフマラソン(+母の日)

 午前中、仙台国際ハーフマラソンのボランティアスタッフ(裏方)をやってきた。仙台駅東口のTBC住宅展示場前に設けられた「第3給水所」に配属され「スポンジ」を用意する係だったが、1万人分の用意はとても大変だった。
 スポンジを大型のポリバケツに沈めて水をしみこませて、それをテーブルに並べる。ただそれだけの単純な作業なのだが、それを1万個分するのは非常にしんどかった。先頭の黒人選手が飛ぶように走り去ってしばらくしてから次々と選手がやってきたのが午前10時半。そこから最後の選手が通り過ぎた午前11時40分までの間、手を休めるヒマもなく、次々とスポンジに水を浸みこませてはテーブルに並べ続けた。途中からはそんなマニュアル上の作業では追いつかなくなり、スポンジが1200個梱包されているビニール袋の上部を破ってバケツの水を直接流し込みビニール袋ごともみこんで水を浸みこませてサッと出す、という荒ワザを繰り出し、とにかく通り過ぎる選手を見るヒマもなく、手もとの作業に追われ続けた1時間10分だった。ああー、疲れた。
 しかしまあ、天気はイイし、風も爽やかだし、街路樹の新緑もきれいで、沿道の声援も賑やかで、とても気持ちのいいイベントに参加できて今日は面白かった。

 ところで、今日が「母の日」だということは分かっていたが、疲れ果てた私とリョウヘイは(リョウヘイにも給水係の手伝いをさせた)午後はくたびれて何もする気が起こらず、リョウヘイは昼寝。私は床屋でうとうとという怠惰な時間を過ごしたせいで妻は非常に機嫌が悪かった。それでもリョウヘイは昼と夜の食器洗いを引きうけてくれたが、私は特に何もしなかった。疲れていたし、夕方は町内会の会合だったし、まあそのうちに、などと言い訳をしていたら、なんと、午後7時に部活から帰ってきたナミヘイの「おかげ」で妻の機嫌はいっぺんに良くなったのだった。う~ん、今夜のナミヘイには負けたぜい。

 3人で囲んだ食卓に後から加わったナミヘイはいつものように黙って食事を平らげるとすぐに2階の自分の部屋へ引き揚げようとするので、妻は「なんの一言もないの?今日は何の日か知らないの?」とヒニクな言葉を投げつけた。「ふふふっ」とバカにするような笑いを浮かべて居間を出ていくので、妻は追い打ちをかけて「まったく、ナミヘイって感謝の言葉すら言えないんだから」と不満を述べていると、折り返しナミヘイが現れて、一抱えもするカーネーションの花束(2500円~3千円相当か?)を妻に手渡すのだった。
 う~ん、これはマイッタ。想定外だし、非常にキザだ。そんなキザなことをする息子だとは思ってもいなかったので正直驚いたが、おかげで妻の機嫌は180度見事に変わってニコニコ、ニコニコ。最近こんな笑顔は見たことがないなと思えるほどの笑顔「破顔一笑」に変わるのだった。

PS
 地味だけど、リョウヘイの家事手伝いも評価したい。すぐに腰を上げただけでも立派だよ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2020-59633103

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。