スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借りた本

「十津川警部とたどる時刻表の旅」西村京太郎(12.04) 著作が500冊という、81歳の書き飛ばしおじいちゃんの思い出話でした。週刊誌の記事レベルです。
「世渡り 万の智慧袋 江戸のビジネス書が教える仕事の基本」田中優子(12.04) 井原西鶴の「日本永代蔵」などを現代語訳して、その中から現代のビジネスでも十分通用する教訓を教えてくれる本。
「ビリー・ワイルダーのロマンティック・コメディ」瀬川裕司(12.02) 『お熱いのがお好き』『アパートの鍵貸します』『昼下がりの情事』という3つの代表作品の伏線の貼り方を中心に解説しながら巨匠ワイルダーの本質に迫ろうとする本だが、解説しすぎだと思う。映画の解説本なら吉本英夫の「ローマの休日・ワイラーとヘプバーン」の講釈の仕方が好きだな。
「もし小泉進次郎がフリードマンの『資本主義と自由』を読んだら」池田信夫原作のマンガ本(11.11) 日本経済の最悪のシナリオを提示しているが、救いがあるような、ないような。決断次第で未来は変えられると言いたいのだろうが、尻切れトンボの結末。ちなみに、マンガの線が細すぎて全く危機感が伝わらない。マンガ家の選定をミスったと思う。
「スプーンと元素周期表 最も簡素な人類史への手引き」サム・キーン(11.06) う~ん、ちょっと読めなかった本。
「県庁おもてなし課」有川浩(11.03) 高知県の観光振興に奮闘する若い県庁マンの物語だが、掛水♂と多紀♀、吉門♂と佐和♀のラブコメの方が面白い話でした。
「のりたまと煙突」星野博美(06.05) この人の本はなんでも好き(ただし写真は除く、と書くのは失礼か。この人、写真家です)。
「パーフェクト・プラン」柳原慧(04.02) これも以前に読んでいた。途中まで読んでようやく気がついた。情けない。最後の最後で犯人の名前が明らかにされると、なんと私と同じ名前ではないか。それなのに何で忘れてしまったか?犯人の名前と同じという設定がイヤで記憶から消し去ったのか?う~ん、分からん。

PS
 週末はこれから毎週スポーツクラブに行くことにした。30分の「ボクササイズ」を久しぶりにやったら足腰がコタコタになった。しかしその甲斐あってか体重が何十年ぶりかで61kg台になった、と言っても"瞬間風速"の61.9kgだが(笑)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2038-222d7143

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。