スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借りた本

「わくわく挿絵帖」安里英晴(12.05) 歴史・時代小説の挿絵が中心のイラストレーターの日常雑記。同世代だったので借りてみたが、肯くところが多かった。そうそう、そうだったねえ。この人の挿絵やイラストはよくあちこちで見かけます。
「エースの資格」江夏豊(12.02) 活躍した当時の経験だけを語っていればイイのに、成功体験を元に、いろいろ意見をしてくる煙たい先輩のお小言のようで、あまり面白い読み物ではない。同じ指摘でも野村克也元監督の言葉には敵わない。
「ブーメラン 欧州から恐慌が返ってくる」マイケル・ルイス(12.01) ヨーロッパの経済危機は、アメリカの金融工学という現代の錬金術が生み出した史上最大の詐欺「サブプライムローン」の崩壊が原因だとして、その衝撃が、過剰な投資で偽りの不動産バブルに沸いていたアイスランドやアイルランドを一夜にして奈落の底に落としたと説く。さらにユーロに参加するために国をあげて債務を粉飾していたトンデモナイ国、ギリシャの救いようのない実態やそれらの危ない国々の国債を大量に抱えているために支援しないわけにはいかない大国ドイツの苦悩などが皮肉をこめて綴られているが、どうもこの作者は好かない。後知恵で、大損をした投資家や銀行家たちを揶揄し、破たんした国の経済政策に翻弄される庶民らもバカにするような書きぶりがキライだ。そう言えば、この人が書いた「マネー・ボール」は面白かったが皮肉が多かったような気がする。典型的な鼻もちならないアメリカ人だな。
「達人 山を下りる」室積光(10.05) 妄想好きの中学生男子が喜びそうな軽い読み物だ。
「ほんとうの200年住宅 驚異の耐火・外断熱の家」松本祐(09.07) なるほどとは思うが、レンガの家には住みたくない。夏は、畳の部屋から続く縁側で寝そべりながら本を読みたいし、冬はコタツで丸くなって読みたい。
「泳いで帰れ」奥田英朗(04.11) 週刊誌の記事レベルの雑文。中身はアテネオリンピックの観戦記と10日間滞在したギリシャでの出来事を面白可笑しく書いている本。ヒマ潰し用。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2067-2cd89d03

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。