スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借りた本

「木の家を建てる 憧れのナチュラルハウスのつくり方『私のカントリー別冊』」主婦と生活社(12.06) どうして日本人はこんな似非南欧風の家が好きなのだろう?畳や縁側もない家なんかキライだよ。 
「懐かしい日本の家をつくる方法」日高保(12.05) 日本家屋の綺麗な写真と生真面目そうな文章に惹かれて借りたが、私の感覚とはちょっと違っていた。建築家の独りよがりではないか?
「サッカー『観戦力』が高まる」清水英斗(12.01) う~ん、なんてこった。6月に借りて読んだばかりだったのに、また借りてしまった。半分まで読んでようやく気が付いた。これにはかなりのショックを覚える。
「人生教習所」垣根涼介(11.09) この人の書いた「君たちに明日はない」というリストラ請負会社の社員とリストラされる側の人々とのやり取りを描いた本に通じるモノを感じる。どちらも人生を再出発するに当たっての葛藤が読みどころで、知らず知らずに引き込まれる。自分がその立場だったらどう振る舞うか?思わず考えてしまった。ちなみに、この本は小笠原諸島のガイドブックとしても楽しめる。南の島の雰囲気がよく出ている。
「気楽な稼業ときたもんだ」砂田実(10.12) テレビの黎明期に先達がいないことをイイことに好き勝手なことをやって名を馳せた名プロデューサーの懐古談。大物スターの名前がたくさん出てくるが、近くにいたら間違いなくイヤな野郎だっただろうな。
「おくのほそ道 ビジュアル古典文学」関屋淳子・富田文雄(10.06) 現代語の解説が読みやすく、また芭蕉の句に合った趣のある写真が挿入されていて夏の夜、布団の中で読んでいても楽しかった。
「ロンドン暮らし自由自在」岩野礼子(01.08) イギリスに憧れる若いOL相手に先輩風を吹かせたおばさんが書いたイギリスでの生活を紹介したコラム集。おじさんの私には合わず。

PS
 ロンドンオリンピックもいよいよ終盤に差しかかり、昨日は深夜から女子卓球団体決勝、女子バレーボール準々決勝、男子サッカー準決勝と日本人には見逃せない試合が続けて放映されたためか、会社の昼休み、机に頭を伏せて寝ているヤツらが多かった。う~ん、オレも非常に眠い。これで3試合とも勝ってくれたら良かったが、結果は1勝2敗。世界の壁は厚かったのか、高かったのか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2096-0708a481

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。