スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウチのカミサン

 昨夜、久しぶりに妻が激しいめまいに襲われた。隣で寝ていて苦しそうに唸るので目が覚め、声をかけると気持ちが悪い、吐きそうという。慌てて洗面器を持ってくると妻はたまらず吐いて、落ち着いたところでクスリと水を渡して吐しゃ物を処理してとイロイロやっているうちに妻の症状も落ち着いたようだったので、こっちもまた寝ようかとうつらうつらしていたら、ウッ...だめ....お父さん....効かない....ちがうクスリ...とって....と再び暗闇で唸り声が聞こえた。急いで違うクスリをクスリ戸棚から探して渡そうと思ったら、また派手に吐いて、落ち着いたところで新しいクスリと水を渡して吐しゃ物を処理してと同じことを繰り返して、ようやく治まったようだったが、しかし、今度はコッチの目が冴えて寝られなくなった。
 おかげで今日のプレゼンの出来は、いまひとつ、イヤいまふたつぐらいひどかった。はあ~。夕方、部下たちとミーティングをしていても欠伸が止まらなくて困った。

PS
 妻は子どもたちに食事を作ることを絶対視していて、どんなに具合が悪くても起き上がれるのなら台所に立つ。今朝も青い顔でふらふらしながら包丁を握って料理を作っていた。まるで、映画「たんぽぽ」に出てくる最後に料理を作って亡くなる病床のお母さんのようだな。誠に立派で、こればかりには頭が下がる。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2156-b7798e12

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。