スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修理

 夕食後くつろいでいると、壊れたアイロン(熱くならなくなったヤツ)を目の前に出されて、どうするの?買うの?修理に出すの?見積もりを取るの?いくらまでなら修理するの?と妻がうるさく騒ぐのでダメ元で分解してみた。バラしてみると耐熱コードの接続部分が焼き切れ、周りのプラスティックも焼け焦げいてた。コードの銅線部分が何らかの理由で周りのプラスティックに触れ、異常に熱を帯びて焼き切れてしまったのだろう。なーんだ、これなら直せるぞと思い、耐熱コードの外側を剥ぎ、新しい銅線部分をむき出して周りのプラスティックに触れないように接続し直すと、ちゃんと元どおりにアイロンは熱くなった。案ずるより産むは易し。なんでもトライしてみなくっちゃな。

 なあ、リョウヘイ、そうだろう。いつまで部屋の中に引きこもっているんだ。トライしてみろよ。失敗してみろよ。何もしないで十代、二十代を過ごす気なのか?もったいないだろう。オマエにとって大学生のこの4年間はなんだったんだ?部活もせず、バイトもせず、旅行もせず、まして何かの資格試験も受けるでなし。何のための4年間だったんだ。オマエもどこか配線がショートしているんじゃないのか?早く修理に出せ。手遅れにならないうちに。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2174-e5f29e9a

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。