スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借りた本・読んだ本

「隠密剣士、いまここに甦る」徳永文一(12.09) 昭和37年から昭和40年にかけて放映されたこのテレビドラマを覚えている人は50代半ばすぎの人たちということになるが、なんでいまさら当時の話をするのかと疑問に思いつつ本を手に取ると、コレがなかなか面白かった。放映順に沿ってドラマが紹介され、併せて当時の製作裏話も語られていくのだが、当時のセリフが随所に紹介されていてそれが当時の映像を脳内に鮮明に浮かび上がらせてくれて、読んでいてとても楽しい気分を味わうことができた。こんな楽しい本はなかなかないので得した気分だ。50代の方々に是非お勧めしたい。
「神様の宿る家」(10.10)「神様が宿る家2」澤田升男(12.10) 優れた住み心地の家を建てるために必要なことは、という肝心なこと知るためには、1巻では250ページほど読み進まないと辿りつかない。2巻でも180ページはかかる。内容だけを知りたければホームページ「住まいネット」か「グリーンライフ」をチェックした方が早い。ちなみに、ホームページをみると室内全面に無垢材を使用とは言うが安っぽいパイン材では非常にガッカリする。
「NHKスペシャル知られざる大英博物館 古代ギリシャ」NHK出版(12.07) ギリシャの彫像はもともと大理石の白色ではなくエジプトや中国のように極彩色が施されていた。それを近代になって発掘が盛んになると大理石を好むヨーロッパ人が削り取ってしまい「ギリシャ彫刻=大理石=白色」というイメージが世の中に定着してしまったと解説するが、私もデッサン画のような無垢な大理石の白色が好きだな。
「ランニング1年生」アディダス監修(12.01) ラクに気持ち良く走れるコツ教えます!という副題だが、まあ雑誌「ターザン」の記事を読むような感じ。写真解説が多い。
「舟を編む」三浦しをん(11.09) 本屋さん大賞受賞作の理由がよく分かる本。読みやすいし、感情移入しやすいし、辞書づくりの豆知識をいろいろ教えてくれて面白い。

PS
・泉中央の「セルバ」が7倍ポイントデーだから何か買うモノはない?と妻から尋ねられた。特に思いつかないので別にイイよと断ると、妻は何かを一生懸命考えている様子で、う~ん、そうだ!お父さんの靴下はどれもくたびれて今にも穴が開きそうだから「靴下屋」で少しイイ靴下を買いましょうとか、お父さんが毎年使っている「高橋書店」の手帳(No.112)の2013年版も買いましょうとか、ナミヘイの誕生日のケーキも予約しておきましょうとか、考えつく限りのモノを買おうとするのだった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2178-d60c70f2

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。