スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借りた本・読んだ本

 朝、カーテンを開けると庭は真っ白な雪景色。う~、寒い。風も冷たくて今日は一日家から出なかった(新聞を取りにポストまで行っただけ)。家の中でもストーブの前でゴロゴロしながら本を読んでいた。

○借りた本、読んだ本
「人生とは勇気」児玉清(12.10) 成功者の言い分はいつも同じだ。自然に振る舞ってきただけだと。たぶん、そのとおりなのだろう。なぜ成功したのか自分でも分からない何かが作用したのだ。だから逆に言えば、ちょっとしたことでその他大勢に甘んじていたかもしれない。だからそんな不確かな人の言葉を鵜呑みにしてはいけない。たまたまなのだと思わなければいけない。しかし、この人は成功者のままで逝ってしまった。なんと運の良い人なのだろう。
「島へ免許を取りに行く」星野博美(12.09) 40をすぎて仕事にも交友関係にも停滞気味となった作者が心機一転を図ろうと、東京を離れてよりによって長崎県の離島、五島列島の福江島の自動車学校へ合宿免許を取りに行く。通常2週間で卒業のところを4週間かかって卒業するまでの出来事が「転がる香港に苔は生えない」的な観察に基づいて綴られていく。確かにこの本を読むと五島に行ってみたくなる。りっぱな紀行文だね。
「新幹線お掃除の天使たち 世界一の現場力はどう生まれたか?」遠藤功(12.08) 評判がいい本だったので読んでみたが、う~ん、どんな会社でもイイところを集めればこの本くらいは書けるのではないか。また、JRの系列会社だというポジションがいろいろな提案を実現させるのだろう。
「この世で一番おもしろいマクロ経済学 みんながもっと豊かになれるかもしれない16講」ヨラム・バウマン(12.05) 入門書としては打ってつけ。非常に分かり易い本でした。
「百姓が地球を救う 安全安心な食へ農業ルネサンス」木村秋則(12.03) 信念を曲げずに10年近くかかって無農薬・無肥料によるリンゴ生産を成功させた奇跡の篤農家がその思いと体験を綴った本。実に素晴らしい生き方だ。食の安全に関心のある方は是非読むとよい。
「教科書に載った小説」佐藤雅彦編(08.04) 教科書が好きだったという作者の好みで集められた短編アンソロジー。収録作品は「とんかつ」三浦哲郎、「出口入口」永井龍男、「絵本」松下竜一、「ある夜」広津和郎、「少年の夏」吉村昭、「形」菊地 寛、「良識派」安部公房、「父の列車」吉村康、「竹生島の老僧、水練のこと」古今著門集、「蠅」横光利一、「ベンチ」リヒター、「雛」芥川龍之介の12編。どうしてこういう味わいのある小説を教科書の編集者は見つけることができるのだろう?多読乱読あるのみか?

PS【親族連絡事項】
 金曜日の夜の震度5の地震を心配して、沖縄の姉貴と栃木の弟が携帯にメールを寄こしたようだったが、私の携帯がメールを受信したのは夜の11時を過ぎてからだった。そのため返信するのを忘れました。震度5程度じゃ大丈夫よ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 地震の被害がなくてなりより。
 ところで誕生日おめでとう…って歳でもないよなぁ。
 俺もうれしくねーもん。
 来年50歳かよ…

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2209-a886cf11

「島へ免許を取りに行く」/星野博美

「島へ免許を取りに行く」/星野博美(集英社インターナショナル) 人間関係に行き詰まった40代の著者が、愛猫を亡くし、何か新しいことに挑戦したくなったのがキッカケで、今

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。