スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本「百姓が地球を救う」

 完全無農薬・無肥料という「奇跡のリンゴ」の取組みで知られる青森のリンゴ農家、木村秋則さんの本「百姓が地球を救う 安全安心な食へ 農業ルネサンス」はいろいろな事を考えさせられる刺激に満ちた本だった。
 無農薬・無肥料で作った農作物は身体にイイとは漠然と理解していたが、無農薬・無肥料の農作物は放置しておくと、腐らずに枯れる、という指摘には思わず目からウロコが落ちた。そうなのだ。自然のモノは腐らずに「枯れる」ことの方が多いのだ。長年不思議に思っていたが、つまり余分なモノが何も入っていないからなのだろうか?
 また、無農薬・無肥料で作ったコメを水に浸して2週間置き忘れていたら腐らずに「発酵」していい匂いを出していたという。試しに慣行栽培(一般栽培)のコメでも同じようにしてみたら真っ黒になって腐っていたし、有機栽培のコメも腐って悪臭を放っていたという。そんな食べ物を我々は毎日毎日、平気で食べているのだ。うすら寒い思いがした。最近の死因でガンが多いのもこんな食生活が大きく原因しているのだろうか、と思わずにはいられない衝撃的な本だった。いったい生きていく上で何が一番大切なのか。今か、未来か。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2210-eedb9a2e

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。