スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年に亡くなった著名人

 気になったので2011年に亡くなった著名人も調べてみた。(亡くなった順に)

横澤彪(73)元フジテレビプロデューサ 「オレたちひょうきん族」「笑っていいとも」などでクダラナイことに市民権を与えてしまった人。みんなバブルにおぼれていたせいだと思うが、この「笑い」は好きではない。
細川俊之(70)俳優 ニヒルな役が多く低音が魅力の役者でした。肉体派女優の小川眞由美は元妻。
和田勉(80)元NHKの名物プロデューサ。横澤の対極にいたのではないか。 
喜味こいし(83)漫才師 「いとし・こいし」の愛称で親しまれた兄弟漫才師。兄は夢路いとし(故人)
坂上二郎(76)コメディアン なんといっても萩本欽一と組んだ「コント55号」は文句なく面白かった。コント55号のくだらなさは許せてもオレたちひょうきん族が許せないのは、見たときの年齢が影響しているのか?
田中実(44)俳優 NHK朝の連続ドラマの主役で一躍、名が売れるが、なぜ自殺をしなけれなならなかったのか。
田中好子(55)元アイドル歌手、女優 愛称はスーちゃん。キャンディーズについてはあまり語ることもないが、同世代が寿命をまっとうせずにガンで亡くなるのは哀しい。夏目雅子(故人)は義妹にあたるという。
児玉清(77)俳優、司会者。読書が好きで書評の仕事はなんでも引き受けたという。俳優としては紳士的なお父さんといった役どころが多かったか。
長門裕之(77)俳優 ジジババの世代ならば映画「太陽の季節」というのだろうが、私の印象は芸達者なじいさんだ。妻は女優の南田洋子(故人)
宮尾すすむ(77)タレント 文字どおり身体を使った体当たりの司会者やレポーターとしてよくテレビに出ていたが、痛々しさを感じた。
原田芳雄(71)俳優 ワイルドな役どころが多かった。俳優座養成所の同期には夏八木勲、栗原小巻、前田吟、林隆三、地井武男(故人)、高橋長英、秋野太作、浜畑賢吉、太地喜和子(故人)といった錚々たるメンバーがおり、後年「花の15期生」と呼ばれたらしい。ふた昔前の話だな。
小松左京(80)SF作家。最初に読んだ本は「日本沈没」だった。
伊良部秀輝(42)野球選手 メジャーまで行きながらなんで自殺をしたのか。メジャーまで行ってしまったから後は自殺するしかなかったのか。フツーの暮らし方の手本となるような人がそばにいなかったのだろうな。可哀想に。 
松田直樹(34)サッカー選手 急性心不全で急死。ハードな守備が売りのディフェンダーで日本代表にも選ばれた。2002年の日韓ワールドカップではグループリーグ突破のかかったロシア戦に先発し勝利に貢献したが、しかし、ペナルティエリア内でのファールすれすれの守備はヒヤヒヤものだった。リプレイで確認するとPKを取られてもしかたがないような守備があったことを思い出す。アレはホームアドバンテージだったか。
前田武彦(82)タレント、放送作家 前田武彦といえば「ゲバゲバ90分」を思い出す。 
ジョー山中(65)ミュージシャン、元プロボクサーだったというが、映画「人間の証明」の挿入歌をうたった人として覚えている。心に沁みるいい曲です。
日吉ミミ(64)歌手 この人の持ち歌「男と女のお話」は一度聴いたら忘れられないと思う。♪恋人に振られたの♪よくある話じゃないか♪世の中変わっているんだよ♪人の心も♪変わるのさ♪ 
二葉あき子(96)歌手 お名前しか存じませんが、戦前から戦後にかけて活躍され、第1回目の紅白歌合戦にも出場されたそうです。
竹脇無我(67)俳優 木下恵介アワーで栗原小巻と一緒に演じていたドラマの印象が強い。または時代劇の「大岡越前」か。長年うつ病に苦しんだらしい。
杉浦直樹(79)俳優 様々な舞台、映画、ドラマに出演しており、向田邦子作「父の詫び状」「あ・うん」、山田太一作「岸辺のアルバム」など日本のテレビドラマ史に残る名作に数多く出演していた、などと紹介されている。
立川談志(75)落語家 まあ凄い落語家でしたな。そのうち別なところで立川談志については書いてみたい。 
北杜夫(84)作家 中学時代から「どくとるマンボウ航海記」は読み始めたと思う。「怪盗ジバコ」や「さびしい王様」などのファンタジー物も読んだが、面白さを感じただけで感動はなかった。学生時代の私にとっては星新一や井上ひさしらと同様、お手軽な作家だった。狐狸庵先生こと遠藤周作も。
西本幸雄(91)プロ野球監督 数々の選手を育てた名監督だが、一度も優勝経験がなかったというのが不思議だ。広島と近鉄が戦った1979年の日本シリーズ第7戦は球史に残る名勝負だったと言われており、その後何度も様々な角度から語りつくされている。私はテレビで生中継を見ていたが、当時はセリーグしか知らずパリーグは敵役だった。
市川森一(70)脚本家 「ウルトラセブン」や映画「異人たちとの夏」などが代表作。余韻が残る作品が多く良い脚本家だったと思う。
森田芳光(61)映画監督 あまり意識したことがなく作品はほとんど見ておらず。
【外人編】
ウサマ・ビン・ラディン(54)イスラム教過激派の指導者、テロリスト。 
ピーター・フォーク(83)俳優 なんといってもTVドラマ「刑事コロンボ」だろう。 
スティーブ・ジョブズ(56) アップルの創始者で元CEO。ビル・ゲイツとともに未来につながるIT技術で現代アメリカを支えた。間違いなく歴史に名を刻む人物として扱われるだろう。
ムアンマル・アル=ガダフィ(69) リビアの最高指導者。内戦により政権が崩壊し反対勢力によって追い詰められた末に逃げ込んだ排水管の中で殺害される。
金正日(70) 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の最高指導者。国民を貧困に追いやる最低の指導者。その死を歓迎したいところだが、その後継者も救いがたいアホか?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2213-f454a708

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。