スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借りた本・読んだ本

「この世に恋して」曽野綾子(12.12) ウチのばあちゃんと同じ昭和6年生まれなので今年82才になる人だが、サブタイトルに自伝と名付けたとおり、生い立ちを辿りながらキリスト教との出会い、作家となったいきさつや小説で書こうとしたこと、また60を過ぎてから就任した日本財団の会長としてアフリカ諸国の最貧地域での数々の人道的支援などを通して、これまで主張してきたことを繰り返し説いている。文章のスタイルも主張も昔と変わらず、誠に敬服する。信仰の力は強いなと改めて思った。
「プロ野球 衝撃の昭和史」二宮清純(12.10) 野球好きにはすでに知られている話が多いが、初心者にはちょうど良いのではないか。三冠王に三度輝いた落合博満元監督(59)の入団直後のエピソードが面白かった。
「おじさん図鑑」なかむらるみ(11.12) 予約がたくさん入っていて1年近く待たされてようやく借りられた本だったが、それほどの本かな?確かに人間観察に秀でたおじさんイラストとコメントは十分に面白かったが、1年も待つほどの予約を集める本ではない。おそらく各誌書評で好意的に取り上げられたせいだろう。

PS
 ここ2,3日、妻の機嫌が非常に悪い。自分がめまいで苦しんでいるのにウチの男どもは何も手伝おうとしない!と一人でむくれているが、その原因が自分の対応にあることには全く気付いていない。自分に非はなく悪いのは自分以外である!と決め付けている(その辺はナミヘイにそっくり)。それが態度や言動に現れるので周りは妻から距離を置こうとするため妻の怒りはますます深まり、コレは当分治まりそうにない。ああー、災難、災難。今も妻はなかなか帰ってこないナミヘイに怒りのメールを何通も送っている。ナミヘイが好きな夕飯をせっかく用意したのに!という理由らしいが、それが逆効果になることなど思いもよらないようだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2318-52999a5f

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。