スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借りた本・読んだ本

「世界しあわせ紀行」エリック・ワイナー(12.10) 『戦乱や飢餓に満ちた不幸な国ばかりを取材するのにうんざりしたジャーナリストが、人びとが世界で最も幸せに暮らす国を探して旅に出た。訪れるのは、オランダ、スイス、ブータン、カタール、アイスランド、モルドバ、タイ、イギリス、インド、アメリカの10カ国。各地で出会う人びととのユーモラスなやりとり、珍しい風習や出来事などをウィットに富んだ筆致でつづりながら、ときに心理学や哲学の知見も交えつつ、真の幸福について思いを馳せる。果たして一番幸せな国は見つかるのか? 全米ベストセラーとなり、18カ国語以上に翻訳されたユニークな旅行記』と紹介されているが、チョット違うね。常に上から目線で、皮肉を言いたいがための無駄な文章も多く、読んでいてあまり気分は良くない。幸福と信頼の関係などなるほどと思わせる指摘はあるが、対象とされた国の人には楽しくない本だろう。
「『快楽の園』ボスが描いた天国と地獄」神原正明(12.08) 気味悪いが何か人間の奥深い本質を訴えているような絵画「快楽の園」についての考察本だが、チョット読み進めず。後でもう一度借りて読んでみたい。
*リンクを張ったwikipediaのページに飛んだら少しスクロールすると分割された絵が現れる。クリックするとパーツ毎にアップ画面が現れるのでこの絵の不思議さをぜひ味わってみてほしい。
「くちびるに歌を」中田永一(11.11) 評判だったので借りてみたが、確かになかなか面白い本だった。長崎県の大きな島・五島の中学校の合唱部員たちの他愛無い学校での出来事(対立・仲直り・協力)に家庭内でのゴタゴタを絡めながら、夏の合唱コンクール県大会までをメインに話は進む。障害者の扱いに対する批判的な意見や設定自体が甘すぎるという意見はもっともだが、でもたまにはこういう心安らぐ青春小説もイイと思う。

PS
 今日こそはイーグルスに勝ってもらいたいと「願かけ」を兼ねて午前中、スポーツクラブでフラフラになるまで汗をかいてきた。体重は62.3kg。おかげ様で11連敗中の金子千尋投手(29)に勝ちました。ちなみに、あまりに頑張りすぎて体調を崩し今日は負け込んでも庭仕事をする気力は出なかったので助かりました(喜)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2340-fa1517ed

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。