スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANA463便とトンカツ定食

 快晴の仙台の空を飛んで、姉貴は沖縄に帰って行った。姉貴は晴れ女だった。
 仙台空港には出発の50分前に到着したが、荷物預けのカウンターの前には列ができて思いの外、混んでいた。でもよく見ると預ける荷物のチェックカウンターが一台しかないせいだ。沖縄便は270席もある中型機(B-767)なのだから、なぜ、もっと用意しておかないのだろう?と思ったが、搭乗口前に集まった乗客を見ると100人もいない感じだったので、まあ一台で十分と判断したのだろう。

 泉中央から仙台空港まで行くのにカーナビに頼ると国道45号線を南下しろと案内されるが、単調なロードサイドが続くので南小泉から荒浜方面に折れてあとは産業道路を走った。産業道路はたくさんの大型ダンプが引切りなしに走っていて道は混んでいた。途中、被災者が集団移転する用地の造成が進んでいたり、津波を被った水田にも苗がきれいに植えられていたり、真新しい住宅が建っていたり、少しずつだが震災からの復興が進んでいる様子がうかがえたが、海の方を見ると相変わらずまばらな松林のままだ。この歯の抜けたような状態から以前のような黒々とした松林に回復するまでどれくらい時間がかかるのだろう。まあ、私が生きているうちには拝めないだろうな。松林の向こうに高さ7.2mの海岸堤防がドンドン造られていた。

 空港からの帰り道、一緒に見送りに行ったジジババを誘って、途中にある仙台市中央卸売市場の食堂でお昼を食べた。せっかくだから美味しい寿司でも御馳走しようかと思ったが、目当ての店はあいにく行列ができていた。ジジババは並んでまで食べる気はないようでサッサと向かいの定食屋に入って、なんと二人とも670円のとんかつ定食を注文するのだった。なんで生モノが美味しいところに来てわざわざトンカツなんかを頼むんだよ!と思ったが、でもまあ、イイか。老い先短いのだし、食べたいモノがあるなら何でも食べてくれ。

 さらにそこから帰る途中、小田原の常盤木学園そばのお餅屋「熊野餅店」によって5色餅(ずんだ、ごま、あんこ、しょうゆ、くるみ)を買って、ジジババのアパートで3時のおやつに食べた。ココのお餅は新寺の「延命餅」と似た感じでとても美味しい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2363-7900976a

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。