スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2020年に期待するもの

 2020年までの7年でオリンピック開催都市「TOKYO」はどう変わって行くのだろうか?
 大会のメイン会場となる国立競技場は1300億円をかけて新しく建て替えられると言うし、ほかの会場や選手村の整備も併せると4500億円の建設費が投入されるという。また、64年の東京オリンピックの際に整備された交通網やホテルなどの社会的インフラもこれを機会に再構築され、新たな設備投資が日本経済にミニバブルをもたらすかもしれない。復興特需、防災特需の次に、オリンピック特需が続き、その間に日本の産業力が再び国際競争力を回復させて立ち直る、そんなシナリオを今は期待したい。ガンバレ、ニッポン!!!
 少なくともこれからの7年間は「オリンピックの成功」を合言葉に前に向かって進もう。宮城からでも何か貢献できることはあるハズ。被災地の子どもたちには夢や希望を持ってその日を迎えてもらいたい。

PS
 東京が選ばれたのは、マドリードの経済危機やイスタンブールの政情不安による「敵失」が大きな要因だったのか?それとも、フクシマの不安を数字を上げて一蹴した安倍首相の力強い発言が最後の決め手となったのか?まあ東京に決まったのだからどちらでも良いが、しかし、世界に向かってフクシマの安全対策宣言をしたのだから、今後は東電任せにせず、国が表に立って原発事故の解決に全力で取り組むべきだ。まずは放射能に汚染された地下水が太平洋に流れ出ている問題への対応。次に放射能汚染物の中間処理施設の問題。これらが解決しないと福島からの避難者はいつまで経っても身の振りようがない。1956年に水俣病が報告されてから、すでに50年以上が経つのにいまだ裁判が行われていることを思うと、そうならないための対応が強く求められる。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2448-e82ae3c7

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。