スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事故5日目

 脳外科の主治医の先生は大変忙しいらしく、初日以来5日目になってようやく息子ナミヘイ(18)の頭の怪我の具合を説明してもらった。事故当日と3日経った頭部のCTやMRIの画像を見せられながら説明を受けたが、簡単に言うと、まあ頭は大丈夫、あとは打撲や内蔵の調子次第でいつでも退院はOKだよ、というものだった。
 あまりにあっさりと言われてしまったので、あのー息子はときどき頭が痛い、めまいがすると言っているんですが、と少しだけ異を唱えると、誰だって寝起きはめまいがする、脳ミソに損傷は見られない、内出血も部分的だし広がってもいない、めまいがあるならそれはこの事故とは違う要因によるものだ、と言い切られてしまい、なんだかすぐにでも退院しないといけないのではないかという雰囲気になったが、足は引きずっているし、整形外科的にはもう少し様子を見てもイイのではないと考えて、とりあえず明日からの三連休中は居させてもらうことにした。だって診断書上は「頭蓋骨骨折」で「全治1ヶ月」なのだ。
 しかし、病室に戻ってナミヘイにそのことを伝えると退院してイイならすぐにでも退院したいと言うではないか。家でブラブラしているだけなら病院で寝ていたって同じだろう、病院で寝ていれば日額で給付金が出るんだぞと言ってみたが、お金の苦労を知らないお坊ちゃまにお金は二の次らしく帰りたいと言うので、協議の結果、日曜日に退院して連休明けの火曜日から大学に行くことで手を打った(?)。

 まあこれで一安心だが、でもなんだか気が抜けた。フロント部分が形をとどめないくらい押しつぶされた加害者の車の写真を見せられたとき、これでよく軽傷で済んだモノだと心底驚いたし、もし跳ね飛ばされたところが左から出てきた車のフロントの上ではなく二台の車の間で挟まれていたら、恐らく人間としての原形をとどめていなかったのではないか。そう想像するだけで身震いがする。本当に運がよかったのだと神様には何度感謝してもし足りないくらいだ。
 ナミヘイにはこの強運をムダに使ってもらいたくないが、入院二日目からベッドの上でマンガ本を読みふけっていたというから、まったく情けなくなる。どうして今生きているありがたさを実感できないのか。
 まあ、ヘンに塞ぎこまれても困るが、しかし、2年半前、津波に飲みこまれて突然死を迎えなければならなかった多くの人々の無念さを身近に見聞きしてきたのだから、生死の瀬戸際を実際に体験したことを意識して、世のため人のため、被災地のために尽くそうとか思わないのだろうか。この機会を生かさないで、いったい、いつ大人になるんだろう?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2475-93493587

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。