スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本大学女子駅伝

 午前中は雨がぱらつき昼からのレースが心配されたが、午後は気持ちよく晴れて、沿道で観戦する人たちも昨年よりも多く、思い思いに小旗を振って応援するのだった。沿道整理員の私のそばには80才ぐらいのおばあちゃんがずーっと立っていて往路も復路もニコニコしながら選手一人ひとりに声をかけて応援していた。うん、いいぞおばあちゃん。そんな元気な高齢者が周りを明るくするんだよ。これからもその調子でお元気で。
 上位校の選手の走りは身体が全然ぶれずに、まるでメトロノームが正確に振り子を刻むように一定のリズムで快調に走っていくのだった。それに対して下位グループの選手は少しでも前に追いつこうとオーバーペースで飛ばすせいか身体がぶれて息も絶え絶えとなるか、最初から足取りが重く、だからスピードも上がらないのか、いずれにしてもとても辛そうに走っていて観ているこちらも息苦しくなるのだった。なぜそれほどまでして走るのか。何かに夢中になるってホント凄いことだな。

 家に戻って午後遅く知事選の投票に行く。

 夕方、事故直後のナミヘイを助けてくれた人から連絡をもらい(何度か電話をしていたが留守で捕まらず)、ようやくちゃんとお礼を言うことができた。何度もお礼を述べると、いや当然のことをしたまでですからと元気な返事が返ってきた。イイお父さんだなと思った。
 そのナミヘイは勉強もしなければならず、友達のアパートでグループ課題のまとめをやるから台の原まで送ってほしいと言う。う~ん、絶対できないね、日本シリーズ第2戦があって田中将大投手が投げるんだよ、それを見ずに真面目に勉強できる仙台人がいるなんて、私は信じない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2489-227a7e7f

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。