スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボランティア

 仙台でも急に寒くなり、みなさん一斉にコートを着るのでバスでもエレベーターでも普段より少し窮屈に感じたが、私はまだまだコートなんか着なくても平気さ。一度着てしまうと春まで二度と手放せなくなってしまいそうで、なるべく着ないようにしたい。我慢できるところまで我慢するぞ!と意気込んでみたものの、夜、帰りのバス停に並んでいるとチラチラと初雪が降ってきて、急に風も冷たくなってきた。う~ん、せっかくの決意も早々にくじけそうだ。こういうときは沖縄に暮らす姉貴がホントに羨ましい。

 週末は小学校の体育館と校庭をお借りしてスポーツ大会を行う。わが町内会で活動している各クラブのみなさんにホスト役になってもらい、町内会の人たちや小学生にスポーツの楽しさを経験してもらおうというイベントで去年に引き続き2回目の開催だ。体育館ではバレーボールにバドミントン、卓球をやってもらい、校庭ではサッカーとペタンクで遊んで、高齢者のためには近くの自然公園までウォーキングも行う。私はその引率係だ。
 それに加えて、私は大会の企画を考えて資料を作り、会議を招集して皆さんの同意を取り付け、チラシを作って刷って町内会と小学校に配り、参加者を集計してジュースや菓子を手配してと、毎回多くの作業を一人でこなしているので正直、疲れる。でも年に一度の奉仕活動だからな。作業を分割して人に頼むのも面倒臭いし。
 だから、参加者はホストもゲストも地域のみんなのために自主的に行動してもらいたいのだが、誘われなかったとか、あの人とはイヤだわとか、○○の用意はどうなっているの!とか、まあ色々なことで夜に電話をもらうと少しキレそうになる。みなさん、誰かに何かをやってもらうのが「当り前」と思っているようでホントにイヤになる。
 ホストもゲストも対等なのに、みなさん勝手に自分を「お客様」だと勘違いしている。対価を払ってもいないのに、参加してやっていることが労力の提供だとでも思っているのか、ありがとうと感謝の言葉を述べてくれる人は、まあ10人に1人ぐらいしかいない。イヤ20人に1人かな?
 そんなこともあり、最近は地域活動に虚しさを感じている。誘われて始めた15年ほど前は、仲間と一緒に作業すること自体が楽しかったが、どんどん仲間が抜けていき、いつの間にか最後に残った身としては、やればやるほど虚しさを感じてしまう。やり方が悪いのだろうなとは思うが、これ以上他人を巻き込んで深い関わりを持ちたいとも思わない。
 他人のために一生懸命ボランティア活動に打ち込んでいる人たちは何をモチベーションに頑張っているのだろう?一度誰かに納得のいく説明を聴いてみたいものだな。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2503-6aea05e5

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。