スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借りた本・読んだ本

 去年のうちに読んでいた本です。

「京都早起き案内」麻生圭子(13.11) 第一章「桜を極めるなら」 第二章「静かな紅葉に会うために」 第三章「東山七条で後白河上皇と平清盛に出会う」 第四章「祇園ぐるり、はんなりの奥を解く」 第五章「法然上人ゆかりの寺」 第六章「後水尾上皇の美意識を学ぶ 」 第七章「御所ゆかりの寺」 第八章「祭ゆかりの社や寺を訪ねる」 第九章「盂蘭盆会を体験する」 第十章「川のほとりを歩く」 第十一章「京都駅から近い寺」 第十二章「禅寺を「面」で見る」 第十三章「修学旅行をやり直すなら」+『早朝』に訪れるという点が特に優れた京都の案内書に仕上がっていると思う。地図を片手に読むと良い。
「ハロルド・フライの思いもよらない巡礼の旅」レイチェル・ジョイス(13.08) 新聞の書評を読まなければ手に取ることがなかっただろうが読んでよかった。不幸な生い立ちの主人公ハロルド。仲間付き合いができずウダツが上がらない。長年勤めたビール工場を退職し65となった今は妻と二人暮らし。その妻は息子を溺愛したが、ケンブリッジ大に入るくらいの優秀な息子は優秀すぎるが故に子供のころから両親をバカにし、すでに家にはいない。そんなある日、ビール工場で経理を担当していたハロルドの元同僚の女性から余命いくばくもないと手紙が届く。彼女とは20年前にサヨナラも言えずに別れたきりだったが、何かとても恩義がある相手のようで、ハロルドは彼女に会うために千キロの道のりを歩きだす。その道中で彼女との関係や妻や息子との数々の苦い思い出などが語られていく。その一方、新しい出会いやトラブルにも見舞われながら、いつしかマスコミに現代の巡礼と持ち上げられて、忘れられて・・・・ 子離れした50代以上の人には強い共感を覚えるのではないか。オススメ本。
「辞書を編む」飯間浩明(13.04) 若いのに偏屈な、辞典の編集者を主人公にした三浦しをんの「舟を編む」は評判どおりに面白かったが、この本はそれ以上に面白かった。やはり、実際に辞典の編纂に携わっている人のこだわり方は尋常ではなく、しかし、それを苦労とも思わずに嬉々として語るその編纂改訂作業の話は実に面白かった。「サンコク」の愛称で親しまれている「三省堂国語辞典」を一度読んでみようと思った。
「星間商事株式会社社史編纂室」三浦しをん(09.07) 読んでいて、あっコレは前に読んだことがあると気が付いた。しかし、結末がどうしても思い出せず、結局そのまま最後まで読んだが、最後のページに至ってもダメだった。たいがいは最後まで読めば、あーそうだったなと納得するのだが、まったく思い出せない。ということは初読だったか?と自問自答しても、イヤイヤ、たくさん登場する人物や舞台の設定は何となく覚えているのだから、ソレはない。しかし、肝心のストーリーを全く忘れているなんて!う~ん、オレもそろそろ焼きが回ったかなと思ったが、本の奥書きを読むと2007年から2008年にかけて「ちくまweb」で連載されていたという。ひょっとしてそこで少しだけ読んだのかもしれない、と無理やり自分を納得させて決着させた。だって、06年からつけているブログの読書履歴にもないのだから、絶対に本では読んでいるハズがないのだから。ちなみに、本は面白いです。
「上野駅の幕間 本橋成一写真集」(83.07→12.12新装改訂) 昭和30年代から50年代までの日本経済の成長に合わせて移り変わる上野駅を舞台に、そこを行きかう人々の様子を白黒写真で収めた写真集だ。当時を知る人たちには見応え十分だろう。

PS
 スズキの新型軽自動車「ハスラー」の見積りをもらったが、軽自動車に160万円も出すなんてバカだろうか?いま注文しても3月中には引き渡せないというので消費税アップ分の+3%が加算されて、さらに+5万円だよ。笑ってしまうな。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

確かに、それが合理的な判断なのだろうけれど、どうもプリウスやアクア、フィットなどの近未来系フォルムの売れ筋車には興味がわかず。また、このトシになると今後買い替えるとしてもどうせあと1,2台だろう。じゃあ、もう自分の乗りたい車に乗ればいいじゃないか、とも思うのだった。

No title

 軽自動車税も高くなるらしいし、確かにそれならトヨタのハイブリッドのアクアでも買った方がいいんじゃね?使い勝手もいいだろうし。
 野球部の保護者の知り合いで、アクア乗ってる人がいて、なんでもリッター30K走ったとか言ってたらしいよ?
 ただし、そこらじゅう走ってるから、ちょっと嫌になっちゃうけど。今乗ってるプリウスαのダークグレー、初売りでゼビオに行ったら駐車場で同じ色のが3台も並んでて、隣のプリウスαに乗ってきたおばさんが間違ってウチのに乗り込んできたらしい…急にドア開けられて子供がびっくりしたそうだ。向こうもビビってたらしいけど…^^;

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2555-ff91c231

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。