スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事情聴取

 10月7日に交通事故に遭い、12月26日に現場検証に立ち会い、今日1月29日に事情聴取をされて警察関係の手続きはようやく終了した。かれこれ4か月もかかってしまったのは当事者らが入院していたり、三者の都合がつかなかったりで延び延びになってしまったせいだが、担当者(警察官)に尋ねると入院するくらいの事故の場合はどうしてもそうなるらしい。ちなみに、過失割合は「0対100」。
 横断歩道を青信号で横断中に突っ込んできた車にはねられたので、加害者の保険会社でも事前に了解していた内容だったが、いまだ加害者の保険会社からは示談額の提示はない。さて、いくらになるのだろう?
 結果だけ見れば7日間の入院で済んだケガに過ぎないが、坂道を時速70km近くのスピードで下ってきた車にブレーキもかけられないままぶつけられ20mも先に跳ね飛ばされた事故なのだ。今日の事情聴取で当時の状況を再確認すると7日で退院できたのが本当に奇跡としか言いようがない。改めて膝が震えるような交通事故だったと思う。
 さて、こんな恐ろしい経験に如何ほどの慰謝料が払われるのだろうか?10万、20万ということはないと思うが、いくらなら被害者として納得できるか?想像をめぐらせても「このくらいだな」という皮算用もできないし、あまり考えたくもないので、まあ、気長に先方からの連絡を待つとしよう。それが今度購入する軽自動車の購入代金に充てられるだけだしな。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2571-e446b9a1

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。