スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪かきは大変

 目を覚ますと、そこは雪国だった。まあ、降った降った。仙台市泉区内の丘陵地にある我が家では40cmは積もった。ものさしで計ったから間違いない。
 朝飯を食べてから本格的に雪かきを始めたが、仙台で78年ぶりの大雪はさすがに手ごわかった。よけた雪を捨てる場所の確保にも難儀し、日本海側の方々の日ごろの苦労を思い知った。
 ある程度一人で片づけてから、次は近くに住む義母の家の雪かきをしなければと思い、それを息子二人に頼むと、二人とも「えー、やりたくねえー、パス」とわが耳を疑うようなことを言うので、またぞろケンカになった。
 まったく情けなくなる。日ごろ顔を合わせればお小遣いをもらったり、おごってもらったりしているくせに、こういう時に恩返しをしないでいつするんだ!バカヤロウと怒鳴りつけたら、なんでバカなんだ!こんな雪なんだから家から出なければイイだけじゃんか!と次男のナミヘイ(19)は歯向かってきた(ああー、なんてバカなんだろう)。
 あのな、雪かきは自分のためだけにやるんじゃないんだ、家の前を通行する人たちのためにやらなくっちゃいけないんだ。みんなが自分の家の前を片づければ、みんなが気持ちよく危険なく歩けるじゃないか、そんなことも分からないのか。それでどうして教育大学に通っているんだ。少しは周りをみろと言うと、プイッと二階へ上がって行ってしまった。
 妻は義母のことだから(84歳でも)自分でサッサと終わらせているかも、電話してみて、というので長男のリョウヘイ(23)に頼むと珍しく頭を使って「あっ、おばあちゃん、まだ雪かきしていないよね」と、さも今から行くよとでも言うように問いかけたが、案の定、もう終わらせていたのだった。ホントに昔の人って勤勉だよね。
 しかし、どうせ人ひとりが歩ける分くらいしか除雪していないだろうから、リョウヘイ、雪道運転の練習を兼ねて行くぞ、と無理やり連れだした。が、40cmの積雪は半端ではなく、家の車庫から車を出すだけでも難儀した。ハンドル操作がままならず、不揃いの路面の凹凸に勝手に車体が右に左に揺れる揺れる。バス通りに出るところで一旦停止し、さあ今だ出せ!とリョウヘイに指示したが、柔い雪にタイヤが空転してしまい、前にも後ろにも動かなくなった。私が運転を代わりリョウヘイに車体を押させたが深く掘れてしまった雪穴からの脱出は難しかった。困っているところへ、たまたま通りかかった消防署の隊員2人が手伝ってくれて、なんとか脱出することができたが、ああっ失敗失敗。こんな大通りでスタッグするなんてとっても恥ずかし。
 義母の家の雪かきを終わらせて家に戻ってきてからの車庫入れも、これまた大変だった。ウチの前の除雪は完璧だったが、向かいの家では全然除雪をしておらず、幅員6mの道路では手つかずの40cmの積雪に車の先を突っ込まなければバックもできず、チャレンジしたが一度目はダメで、二度目ではまた前にも後ろにも動かすことができなくなり、通りがかりの人たちに押してもらってようやく車庫に入れることができた。嗚呼、ホントに疲れた一日だった。

78年ぶりの大雪1  78年ぶりの大雪2  78年ぶりの大雪3  
これじゃあ車も....   米国製45cmものさし?   まずは一人分の通路を確保  

PS
 午後、道路の様子を見に表に出ると、どうももう少しきれいにしたいなとスコップを手に持った。そこが運の尽きで、そこから1時間汗だくになって再び雪かきに精を出してしまった。手袋をしていたが手のひらには水ぶくれができ、身体中が筋肉痛で、足・腰・背中・肩・腕のすべてが痛い。嗚呼、明日が思いやられるな。

78年ぶりの大雪4

 朝に作った一人分の通路の右側全部を片づけたら
 ガオッタ(=つかれた)....


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

雪かきは案外楽しくて、なんでみんなやらないんだろうと不思議に思ったが、でも筋肉痛は確かに勘弁してほしいかも。ムリすると碌なことがない。

No title

雪、大変だったね~
写真はいい感じだよ~ん。
私達が幼少の頃は雪だるまもカマクラも作ったね。

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2581-916c721b

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。