スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追悼

 あれから3年。どのテレビ局も東日本大震災の発生時刻の前後から追悼番組を流していた。それを自宅のテレビで横になりながら見ていた。今日は勤めを休んでいた。

 先週の金曜日から痛くなった左大腿骨の付け根がさらに痛くなり、昨日はなんとか出勤したものの夜になると歯を食いしばらないと耐えられないくらい痛くなったので、今日は出張の予定が入っていたが代わってもらい整形外科に行ってきた。
 待合の長椅子に腰かけていると今日は足の付け根よりも太ももの裏側やふくらはぎにかけて痺れが出て、立ち上がるのにも難儀した。それでも通常のレントゲン検査では骨の異常は見つからず、土曜日にMRIを撮ってもう一度診察することになった。痛み止めを2種類処方してもらい飲むと痛さは和らいだ。
 ネットで病状に関する情報をいろいろ読んでいるとどうやら「坐骨神経痛」と言われる症状ではないかと思われた。50代を越えた中高年に多くみられると書いてあり、まず間違いないのではないか。となるとこの症状と今後末永くお付き合いしなければならないのか。そう思うとちょっと憂鬱になった。
 が、震災で肉親を亡くされ住む家を失った人々の苦悩を思えば何ほどのこともないか。痛さは生きている証か。痛み止めは5時間ぐらいしか持続しないので当分、早寝を心がけよう。

PS
 昨日は遠方から来客があり、夜はその懇親の酒飲みがあった。足は痛かったが酒でも飲めば少しは痛さもまぎれるかと思ったが、雪が舞い、真冬に戻ったかと思うような寒さの中、仙台市内をお店やバス停まで歩いたのも悪かったか、家に帰ると痛さがぶり返し猛烈に痛くて呻くと、妻からはバカだと呆れられた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はい、大事にしたいと思います。

No title

腰のヘルニアもやってたもんね~(かなり若い時)
お大事に!!

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2606-630a9cff

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。