スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幅1mm

 水曜日のこと。痛み止めの薬を飲みながら出社し、今日中にやらなければならない仕事を片づけたところで早退させてもらった。ディスクに向かい同じ姿勢でいると左の足腰が圧迫されるように痛くて顔がゆがむし、うめき声が漏れるのでコレでは職場のみんなもイヤだろうと帰らせてもらったが、どこにいても痛いモノは痛いし家で横になっても痛かった。

 そんな身体の状態で、会社でまだ忙しく仕事をしていた時に妻から携帯に電話が入った。リョウヘイの運転で泉中央のスポーツジムに連れてきてもらったが、駐車場の枠に入れ損なった、お父さんどうしたらイイ?というのだ。どう入れ損なったのかと尋ねると、隣の車に寄り過ぎてニッチもサッチもいかなくなった。どれくらい寄ったかというと、う~ん、隙間は1mm、だという。
私「エッ、1mm?1cmでも10cmでもなくて、1mmなの?」
妻「そう、1mmあるかないか。近くを通りがかった人からも、これじゃあどうしようもないな、JAFでも頼んだらって言われたけど、お父さんJAFってわかる?」
私「運転免許を持っている人なら誰でも知ってる。私もJAF会員だ。いま連絡先を教えるから連絡してみなさい。0570の00の8139だ。」
妻「エッ、05700の8139?」
私「違うよ。0570のゼロゼロの8139だ。」
妻「エッ、057の次のゼロはいくつなの?お父さんの言い方じゃ分からないよ。」
私「だからー、ゼロ・5・7・ゼロのゼロ・ゼロの8・1・3・9だってば。」
妻「だから、057の次はゼロが三つなの?二つなの!」
私「三つだ。」
妻「早くそう言ってよ。」ガチャ、プー・・・・
私、憮然・・・

 確かにあとから考えると私の言い方ではメモを取るには難しかったかもしれないなと反省したが、その時はこっちも忙しくて、とにかく会員カードに書いてある番号をハイフンで区切って正しく読んでいるのに何でわからないんだバカっと思っていたのだった。相手のミスはすぐ気づくけど、自分のミスはなかなか気がつかないモンだな、反省。

 それにしても、リョウヘイにしてみれば狭い地下駐車場で隣の車にぶつけないように何度も切り返しながら車を停めようとしたのだろうが、ハンドルを切るたびに逆に近づいくというのは初心者が陥りやすいミスだ。この場合、隣りだけでなく、後ろが狭いとそちらも気になって大胆にハンドルが切れず小刻みに動かしていると、わけが分からなくなり、そんな事態に陥ってしまう。昔々同じようなミスを経験しているので想像はつくが、しかし、それにしても幅が1mmに寄るまで気がつかなかったという方が私には信じられない。1mmなんてほとんどこすっている状態だろう。まして幅1mmまで寄せてしまったのは左側ではなく、運転席側の右側だというのだから、ますます信じられないのだった。
 同乗していた母親(妻)が慌ててスポーツジムの事務室や向かいのガソリンスタンドに相談に行っている間、ただぼーっとしていたは仕方ないとして、関係者が集まってきてからも悪びれたところもなく背後に立ってただぼーっとしていたというのだから、ホントにウチの息子はバカなのだろう。まったく情けない。
 ちなみに、1mmまで寄られた車の持ち主は40代の女性で、私にも動かせません!というのでやはりJAFを呼び隊員に離してもらったという。JAFの隊員はハンドルを目いっぱいに切って車を出しただけだったというが、確かにそれ以外方法はないだろう。そんな簡単なことを集まった誰もやろうとしなかったのは何故だろう?もしかして車の前側が離れるときに車の後ろ側が逆方向に作用して隣の車をこするのでは?と考えたのかもしれないが、停まった場所で前だけ動かせばそんなこともアルかもしれないが、前に進みながら離れるのだからそんなことはナイと落ち着いて考えれば分かることだが、まあ誰も危険を冒したくはなかったのだろう。接触していなくて何よりでした。
 しかし、ホントに役に立たない男だな、ウチのリョウヘイは。このままでは4月から職業欄は「無職」だぞ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2607-43b8509d

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。