スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

椎間板ヘルニア

 MRIを撮って診断してもらった結果は、なんと「椎間板ヘルニア」だった。

 院長先生は「ほら、ココ。ココの軟骨が他と比べて後ろにずれているのがわかるでしょ。これが神経を圧迫しているんだよ。周りの骨も少し尖っているなあ、コレが原因だな。」とけっこう断定的に言うのだが、じゃあなんで突然、痛さが襲ってきたのか。それでは説明にならないのではないか?
 院長からはこれまでも痛くなったことがあるだろうと聞かれたが、ココ10年近く腰痛になった覚えはない。思当たるとすれば、痛みの出る2週間前にスポーツジムでリョウヘイと一緒にやったボクササイズのエアロビで、足を横に大きく蹴り上げたときに左大腿骨の頸部に違和感を感じたことぐらいだ。痛い場所は近いけれど2週間経ってから突然痛くなるということがあるのだろうか?
 と院長に尋ねたが聞こえないフリ(?)をされ応えてもらえず、痛み止めのクスリを追加して様子をみましょうとあしらわれ、サッサと診察室から追い出されてしまった。ふ~ん、MRI撮影込みで6270円も取っておきながら、そんな診察しかできないんだな。こういうコトをされると西洋医術の限界を感じる。なんかイヤだな。痛みが引かないようだったら次は針灸治療院に行ってみよう。部下からクロマツで評判の施術所を教えられたからな。
 しかしそれにしても、せめて牽引ぐらいしましょうとか言ってほしかったな、整形外科の専門病院なんだし。痛み止めのクスリだけじゃ根本的な解決に繋がらないことぐらい素人でもわかるよ。イヤそれとも最近は西洋医学でも「自然治癒力」に重きを置いて、何もしないようになったのだろうか???

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://bearwill.blog64.fc2.com/tb.php/2608-9e131cb8

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

yyrn

Author:yyrn
戌年生まれ。南小泉で生まれ育ち、結婚して榴ヶ岡で賃貸暮らしを始め、子供が生まれて仙台の北の丘陵地帯に移住。強烈な宮城県沖地震を経験し、あまりモノには固執しなかったはずが、一生アパート暮らしも淋しいかと13年前に北の丘陵地帯に中古の家を購入。そこで庭いじりでもしているハズが3月11日に大震災を再び経験。幸い家族や我が家には被害はなかったが2万人が亡くなった大震災だ。この経験を無駄にしてはならないのだが・・・・
*写真は震災前の網地島の白浜海水浴場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ

powered by プロ野球Freak

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。